先日予告した通り、昨日より大長編ファンタジー小説の新連載を開始しました!

すいかん 
水環の査察官      ジャンル:ファンタジー

=あらすじ=
 この国ではたったひとりだけ水を操る者がいた。その者は俗に魔法使いと呼ばれ、かつては国の重鎮として生きていた。しかし人とは違う能力をもつ者は、やがて周囲から忌み嫌われるようになり、隠れて生きるようになった――。
 時は流れ、世界から魔法という言葉が消えゆく汽車が走る世において、国に仕える水環の査察官の少女レナリアは、追っ手から逃げる心優しき少女と護衛の青年と出会う。レナリアは彼女らの逃走の手助けをするが、事態は思わぬ展開に転がっていくことに……。
 二つの川が交わる時、国の存続に関わる大きな水のうねりへと変貌していく、近世から近代を舞台にした、水と循環を巡る冒険ファンタジー。


5年半ぶりの大長編の連載開始です。サーチ登録も一通りしました。大長編関係はいつもしています……(地道に集客力をアップしたい……)。
魔宝樹の鍵の期間中もそれなりの長さの小説は合間に書いていましたが、20万字は切っていたので、片手間でもどうにかできました。リハビリ小説とかもありましたしね……。

今回はとりあえず40万字は超える予定で更新していきます。最終的に何万字になるかはわかりませんが。(魔宝樹が全6章の60万字予定が、全8章の100万字強になったのがいい例)
今のところは全4章構成、1章あたり10~15万字位で納めたい。そうすればいい感じの厚さの文庫(略
この小説がメインで、他に書く小説(新刊とか色々なアンソロとか)はサブという形で書いていきます。

内容は冒険、恋愛、戦闘はありますが、今回は近世から近代を舞台にしているので、魔宝樹とは雰囲気変わるのかなと思っています。
汽車走らせたいーーという序幕となっています!(笑)
あと水道出したいという想いがあったので、そういう舞台設定にしたり。
四角関係うまく書けるかな、勇ましい女性を今回も書きたい、急展開は何回いれるか、主従関係いれたい、師弟も濃くしていきたい……など、ここ5年間で変化した趣味を取り入れているかと思います(笑)

主人公は、戦闘能力高い女の子。いつも通り、敵をばっさばっさ倒していきますよ! 剣や体術中心なので、虹カケのシェーラみたいな戦闘になるかな? 一人で戦場突っ走っていた経験あるので、結構強いです。
準主人公は追われる少女。体術は駄目ですが、自分の意志はしっかり持っていて、やたら滅多に意見を変えません。大人しめの設定は虹カケのイリスと同じですが、彼女よりも遥かに頑固ですね! 

男どもは、一人は追われる少女の護衛青年。主のためなら体を張ります。主人公の女に対して、ばっさり言う男。戦闘能力は高いです。魔宝樹のフリートよりも強い……かもしれん……。長髪の設定、結んでいるらしい。
もう一人は整備士の少年。眼鏡かけています。理系男子です。機械には強いです。体術は弱いけど、きっと飛び道具とかで活躍するよ! 頭は周るけど、魔宝樹のルーズニル的なポジションではないです。年齢が18歳の設定なので、たぶん子供っぽい……。

虹色のカケラと魔宝樹の鍵の両方を読んだことがある人はわかると思いますが、たぶん似たようなキャラになりつつも、どこか違うキャラになるんじゃないかと思っています。


連載間隔としては基本週2回更新でいきます。週半ばと週末の2回(水曜と土曜を予定)。
ただしリアルで超忙しくなり、きつくなったら、回数は減らしていきたいと思います。その時はお知らせします。
基本は自転車操業に近い定期更新。他の小説も書きたいので、それも兼てうまく連載していきたいです。

生き急いでいる感がしますが、この大長編はなんとかして1年ちょっとで連載を終わりにし(今までの最高ペース見れば不可能ではない。半年で30~40万字書いた時代もある)、来年の秋にweb連載10年経過として、一区切りをつけたいです。
来年度は環境変わるので、今年度がある程度勝負だと思っていますが……ね。

そんな感じで今年も残り2か月となりました。ぼちぼち頑張っていきます。よろしくお願いします。


★今年中に終えたいこと
・水環の査察官の1章初稿(現在4.5万字。残り7~8万字くらい?)、年内更新分の推敲→更新
・テキレボ5アンソロ推敲→提出
・テキレボ5の新刊初稿(6~7万字くらい)
・某所のアンソロ(2万字)
……15万字くらい。1週間で2万字。1日3000字書けば、終わる……な。頑張ります!

10/24、コミティア118レポに拍手して頂いた方、ありがとうございます。

続きを読む

昨日秋イベントその2が終了しました。
翌日から仕事があると辛いですが、どうにか月曜日を終えました……。残り4日頑張るぞ……。

さて、改めまして、昨日のコミティア118では、スペースにいらして下さった方々、お菓子まで渡してくれた方々、ありがとうございました!
他のスペースにお邪魔した際、無配のみ頂き、さらには挙動不審で喋ったり、お菓子まいたりして、すみません!←

テキレボの時に小説はだいたい買ってしまったので、今回はテキレボで買った小説を読んで、この人の本を買いたい!と思ったのを、少しだけ買いました。あと漫画とか雑貨。
お買いもの控えめに、スペースでまったり過ごした1日でした。

さて、レポに入る前に、自家通販ですが、秋の新刊を追加し、休止していた魔宝樹の鍵1~5巻の通販を再開しました。次のイベントは春のテキレボの予定ですので、それまで待てないという方は、自家通販をご利用くださいませ。

ではでは、振り返りも兼て、ざざっと追記で連ねていきます。

続きを読む

こんばんは。
早速ですが23日の日曜日に迫りました、<strong>COMITIA118</strong>のお知らせです。
今回はまったり参加しようという感じで、コミティアに参加します。

桐瑞の本棚のスペースは、SF・ファンタジー畑の【う24b】となります。
見本誌コーナーが近い、中央奥ですよ。

お隣は前回もお世話になった、村谷直さん&白菜ポンズさんの合同サークルです。
私がスペースを離れている際は、お隣にスペースを見てもらう予定です。席を外している最中に購入する場合は、そちらにお声かけくださいませ。無配は遠慮なくもらっていってくださいね!!
当日、桐谷は名札をぶら下げて、テキレボでも下げていた鍵のペンダントをぶら下げていきますので、本人かどうかはすぐにわかるかと思います。お気軽にお話かけくださいませ。

では、お品書きです。pixivにアップしたのをリンクで載せておきます。
トップページはサークルカット(新刊の表紙。黒雛さんのイラスト)、その後お品書き……と続きます。




コミティアあわせの有償物の新刊はありません。
そのかわり、『魔宝樹の鍵』の無料配布冊子vol.2を頒布します。A5サイズのコピー本で12ページです。
世界観の説明、キャラ紹介用の掌編小説、各巻抜粋等、以前から頒布している無料配布冊子よりも、内容はバラエティに富んでいます。完全書き下ろしはロカセナ紹介用の掌編小説。
普通に読めばほのぼのですが、読む人が読めば、おそらく声が出ない幕引きとなっています。

頒布物一覧は下記の通り。
【コミティア新刊】
・『宝珠細工師の原石 ―伸びゆく二つの枝葉―』
(少年少女の成長物語です。有り難くも既に頂いた感想では、爽やか!!きらきらの青春ファンタジーなどなど、のコメントを頂いています。既刊で前日談もありますが、未読でも大丈夫です。お値段はワンコインです)

【既刊】
・『宝珠細工師の原石:前日談/若き芽の輝き』
(文庫サイズで50ページ前後。作風をさくっと知りたい方、少年少女の頑張りを読みたい方はこちらをどうぞ)
・『魔宝樹の鍵』シリーズ(全6巻)
(代表作である、鍵と大樹を巡る冒険ファンタジー。剣と魔法の王道小説。がっつり楽しみたい人にオススメ。気になった方は、まずは無料配布冊子もしくは1巻からどうぞ。2巻まで読むと、なお楽しいんですけどね……)

【無料配布】
・『魔宝樹の鍵』無料配布冊子 冒頭部及び各巻あらすじ収録
『魔宝樹の鍵』無料配布冊子vol.2 主要キャラクター紹介掌編小説収録(←new!!)

頒布冊子の詳細が知りたい方は、サイトのofflineをご覧ください。

ポスカや栞などのおまけがぼちぼち挟んであります。
また先日のテキレボの企画の一つで作った、300字の掌編小説がのったポストカードも、もらっていない方にはお渡ししたいと考えています。ただ手元にあるのはあまり多くないので、もしなくなったら、すみません。渡し忘れもあるかと思いますので、忘れていたらお声かけください。

あと、長編上等様の『とーとつ☆ばっすい集』も頒布します!
長編小説好きさん、是非もらっていってください! 抜粋作品が10作品以上もあるので、ちょっと小説読もうかなと思っている方にもおすすめですよ!!

なお、コミティアではお取り置きも受け付けています。ご希望の方はメッセージかツイッターのDMでご連絡ください。(特に魔宝樹はあまり冊数持ち込みませんので……)
ではでは、当日はよろしくお願いします。

10/12にテキレボ4レポ(追記)に拍手コメントを残して頂いた方、ありがとうございます。

追記に返信が続きます。

続きを読む