久々に小説年表を更新することにしました。
年末に執筆したものを総ざらいするので、ついでに。総括はまた後でします。
4年前の記事はこちら、7年前の記事はこちら

手書き時代のweb未掲載分も含めて、タイトルを一覧にしています。タイトルなど、幼いころのセンスをどうにかしろよ……と突っ込みたくなりますね!
頭の中で空想したものを文字に表し始めてから、気が付いたら20年経過していました……。時の流れは怖い。

近年はwebアップ時点ではなく、初稿が書けたものをタイトルで記しています。なのでwebアップ時と時期はずれますので、ご了承ください。


小説年表《桐谷瑞香》 (2016/12/25現在)

★1996
【掌編】例えば話
【中編】ある家族の毎日

★1997
【中編】ある家族の毎日
【短編】名探偵鈴美

★1998
【中編】魔法で……

★1999
【中編】魔法で……
【超長編】TIME CROSS TRAVEL(プロローグ、第1話~?) 

★2000
【超長編】TIME CROSS TRAVEL(?~第7話)

★2001
【超長編】TIME CROSS TRAVEL(第8話~第17話)

★2002
【超長編】TIME CROSS TRAVEL(第18話~第23話、エピローグ)
【中編】心のメロディー
【短編】大切なものは (原作脚本案)
【短編】Afternoon tea (原作脚本案)

★2003
【超長編】星は願う(プロローグ、第1話~第4話)
【掌編】(タイトル忘れたが青春もの(汗))

★2004
【超長編】星は願う(第5話~第12話)
【掌編】交差点、渡ったら振り返ってみて

★2005
【長編】星は願う(第13話~第15話、エピローグ)

★2006
【短編】星は願う(After episode(番外編))

~myパソコンをゲットし、2007以降はパソコン執筆
&2007年11月26日より小説家になろう投稿開始~

★2007 (約2万字)
【超長編】虹色のカケラ(序章、第1章1話~5話)

★2008 (約30万字)
【超長編】虹色のカケラ(第1章6話~第5章7話)
【掌編】願う時間を

★2009 (約42万字)
【超長編】虹色のカケラ(第5章8話~第8章、終章、外伝)
【掌編】若手記者のとある出会い(シャル二次創作)
【中編】心のメロディー(改)
【掌編】桜は咲き続ける
【短編】導きの花束 

★2010 (約11.5万字)
【長編】夏の太陽の下へ(Afternoon teaリメイク版)
【短編】キズナミギ―絆美義―
【詩】喜怒哀楽
【掌編】見習い騎士の転換点

★2011 (約55万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(序章、第1章~第4章)
【長編】言葉の響応者
【掌編】独奏からの二重奏
【掌編】旅立ちを導く色紙
【短編】貴方に贈る花
【短編】雨想水神

★2012 (約45万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(幕間、第5章~第6章14話まで)
【短編】黄金林檎の花は咲く
【中編】光の道の彼方へ
【短編】天色の連鎖反応
【長編】光彩林檎の創生歌 

★2013 (約26万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(第6章17~22話、番外編1、第7章、第8章~19話)

★2014 (約30万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(第8章20~37話、終章、番外編2、後日談)
【短編】空に浮かぶ華
【掌編】スナオ(ロボットハート二次創作:web未掲載)
【中編】朝夕疾風記(賽ノ地編、江戸編途中)
《同人誌版》魔宝樹の鍵1巻

★2015 (約31万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(番外編3)
【中編】朝夕疾風記(江戸編残り)
【長編】天色道の疾走
【長編】時竜と守護者達(プロローグ~3章)
【短編】(宝珠細工師の原石:前日談)若き芽の輝き
《同人誌版》魔宝樹の鍵2~4巻

★2016 (約42万字)
【超長編】魔宝樹の鍵(番外編4~8、テキレボ4アンソロ、300字SS、キャラ紹介用掌編)
【長編】時竜と守護者達(4章、エピローグ)
【長編】宝珠細工師の原石(伸びゆく二つの枝葉、300字SS、宝珠を実らす樹)
【超長編】水環の査察官(序章、1章)
【短編】(タイトル未定。2017年春までに決めます)
《同人誌版》魔宝樹の鍵5巻、後日談
      若き芽の輝き、宝珠細工師の原石―伸びゆく二つの枝葉―


ここ数年は書かないと生きていけない生物になってしまったので、忙しくてもピークをこえたら、怒濤のように書いている気がします。2012、2013年は数か月~半年はまったく執筆していない時期もあったんですけど……あれ?

以下、webにアップした超長編を紹介とメモを兼ねながら載せておきますね。
ご興味があればどうぞ。4年前と文面多少変えています。

続きを読む

こんばんは。
早速ですが、10月上旬に前日談の連載を終えていた『宝珠細工師の原石』の本編連載を開始しました!

宝珠細工師の原石 ―伸びゆく二つの枝葉―』 ジャンル:ハイファンタジー

~あらすじ~
「自分の想いに対し、偽りのない道を選んで進め――」
 召喚する際に必要な魔宝珠(まほうじゅ)をもらったエルダは、何を召喚するか考えながら、宝珠細工師の店で励んでいた。
 ある日、幼馴染のサートルが自警団員の青年と共に店を訪れる。青年の来店に疑問を抱いた細工師は理由を問いただすと、町に危機が迫っていると言われた。町を護るために動き出す一同、やがてエルダたちの前に町を脅かす存在が立ちはだかる。
 エルダが選択し、進んだ道の先はどこに続いているのか。 
 将来を思い悩んでいる少年少女が、互いに刺激を与えながら進んでいく物語。 


同人誌版を10月のイベントにて頒布したもののweb版です。
閑話は同人誌版のみの掲載となりますが、本編はすべてアップしますので、どんな話なのかなと気になった方で、webで読むのに抵抗がない方はお読みいただければ幸いです。
表紙絵は黒雛桜さまに描いて頂いた、同人誌版の表面です。裏面もありますが、web上にアップする予定は今のところありません。

魔宝樹の鍵の同一世界で繰り広げるお話。魔宝樹よりは時間軸は少し前。
主要登場人物は完全オリジナルですが、サブキャラで見たことがあるキャラが出てきたりもしますよ。

これから日曜日の週1回更新を基本(ただし元旦を除く)で更新していきます。
次のイベントで、この話の続きにあたる本を頒布予定ですので、そちらもお気に留めて頂ければ、嬉しい限りです。
よろしくお願いします。

 * * *

さて、週2回で頑張って更新していた、水と循環を巡る近代ファンタジー『水環の査察官』ですが、少し更新速度を落として、しばらくは週1回、2回を交互に更新していきたいと思います。
ちょっと他の原稿との兼ね合いもあり、このままハイペースで行くと、潰れる未来しか見えないので(苦笑)
どんなにペースを落としても、章替わり以外は週1回で更新していきたいですね。
次の更新は24日(土)です。町も変わり、徐々に1章も佳境に入っていきますが、どうぞよろしくお願いします。

次の活動報告は、おそらく年末のご挨拶になるかと思います。
それまでにたくさん書きとめたり、推敲していきたいです。

先日予告した通り、昨日より大長編ファンタジー小説の新連載を開始しました!

すいかん 
水環の査察官      ジャンル:ファンタジー

=あらすじ=
 この国ではたったひとりだけ水を操る者がいた。その者は俗に魔法使いと呼ばれ、かつては国の重鎮として生きていた。しかし人とは違う能力をもつ者は、やがて周囲から忌み嫌われるようになり、隠れて生きるようになった――。
 時は流れ、世界から魔法という言葉が消えゆく汽車が走る世において、国に仕える水環の査察官の少女レナリアは、追っ手から逃げる心優しき少女と護衛の青年と出会う。レナリアは彼女らの逃走の手助けをするが、事態は思わぬ展開に転がっていくことに……。
 二つの川が交わる時、国の存続に関わる大きな水のうねりへと変貌していく、近世から近代を舞台にした、水と循環を巡る冒険ファンタジー。


5年半ぶりの大長編の連載開始です。サーチ登録も一通りしました。大長編関係はいつもしています……(地道に集客力をアップしたい……)。
魔宝樹の鍵の期間中もそれなりの長さの小説は合間に書いていましたが、20万字は切っていたので、片手間でもどうにかできました。リハビリ小説とかもありましたしね……。

今回はとりあえず40万字は超える予定で更新していきます。最終的に何万字になるかはわかりませんが。(魔宝樹が全6章の60万字予定が、全8章の100万字強になったのがいい例)
今のところは全4章構成、1章あたり10~15万字位で納めたい。そうすればいい感じの厚さの文庫(略
この小説がメインで、他に書く小説(新刊とか色々なアンソロとか)はサブという形で書いていきます。

内容は冒険、恋愛、戦闘はありますが、今回は近世から近代を舞台にしているので、魔宝樹とは雰囲気変わるのかなと思っています。
汽車走らせたいーーという序幕となっています!(笑)
あと水道出したいという想いがあったので、そういう舞台設定にしたり。
四角関係うまく書けるかな、勇ましい女性を今回も書きたい、急展開は何回いれるか、主従関係いれたい、師弟も濃くしていきたい……など、ここ5年間で変化した趣味を取り入れているかと思います(笑)

主人公は、戦闘能力高い女の子。いつも通り、敵をばっさばっさ倒していきますよ! 剣や体術中心なので、虹カケのシェーラみたいな戦闘になるかな? 一人で戦場突っ走っていた経験あるので、結構強いです。
準主人公は追われる少女。体術は駄目ですが、自分の意志はしっかり持っていて、やたら滅多に意見を変えません。大人しめの設定は虹カケのイリスと同じですが、彼女よりも遥かに頑固ですね! 

男どもは、一人は追われる少女の護衛青年。主のためなら体を張ります。主人公の女に対して、ばっさり言う男。戦闘能力は高いです。魔宝樹のフリートよりも強い……かもしれん……。長髪の設定、結んでいるらしい。
もう一人は整備士の少年。眼鏡かけています。理系男子です。機械には強いです。体術は弱いけど、きっと飛び道具とかで活躍するよ! 頭は周るけど、魔宝樹のルーズニル的なポジションではないです。年齢が18歳の設定なので、たぶん子供っぽい……。

虹色のカケラと魔宝樹の鍵の両方を読んだことがある人はわかると思いますが、たぶん似たようなキャラになりつつも、どこか違うキャラになるんじゃないかと思っています。


連載間隔としては基本週2回更新でいきます。週半ばと週末の2回(水曜と土曜を予定)。
ただしリアルで超忙しくなり、きつくなったら、回数は減らしていきたいと思います。その時はお知らせします。
基本は自転車操業に近い定期更新。他の小説も書きたいので、それも兼てうまく連載していきたいです。

生き急いでいる感がしますが、この大長編はなんとかして1年ちょっとで連載を終わりにし(今までの最高ペース見れば不可能ではない。半年で30~40万字書いた時代もある)、来年の秋にweb連載10年経過として、一区切りをつけたいです。
来年度は環境変わるので、今年度がある程度勝負だと思っていますが……ね。

そんな感じで今年も残り2か月となりました。ぼちぼち頑張っていきます。よろしくお願いします。


★今年中に終えたいこと
・水環の査察官の1章初稿(現在4.5万字。残り7~8万字くらい?)、年内更新分の推敲→更新
・テキレボ5アンソロ推敲→提出
・テキレボ5の新刊初稿(6~7万字くらい)
・某所のアンソロ(2万字)
……15万字くらい。1週間で2万字。1日3000字書けば、終わる……な。頑張ります!

10/24、コミティア118レポに拍手して頂いた方、ありがとうございます。

続きを読む

昨日秋イベントその2が終了しました。
翌日から仕事があると辛いですが、どうにか月曜日を終えました……。残り4日頑張るぞ……。

さて、改めまして、昨日のコミティア118では、スペースにいらして下さった方々、お菓子まで渡してくれた方々、ありがとうございました!
他のスペースにお邪魔した際、無配のみ頂き、さらには挙動不審で喋ったり、お菓子まいたりして、すみません!←

テキレボの時に小説はだいたい買ってしまったので、今回はテキレボで買った小説を読んで、この人の本を買いたい!と思ったのを、少しだけ買いました。あと漫画とか雑貨。
お買いもの控えめに、スペースでまったり過ごした1日でした。

さて、レポに入る前に、自家通販ですが、秋の新刊を追加し、休止していた魔宝樹の鍵1~5巻の通販を再開しました。次のイベントは春のテキレボの予定ですので、それまで待てないという方は、自家通販をご利用くださいませ。

ではでは、振り返りも兼て、ざざっと追記で連ねていきます。

続きを読む