あけましておめでとうございます。
昨年も大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします!

ぎりぎり松の内の間に活動報告を書くことができました……(笑)
どうにかこの連休中に連載小説を書き溜めたいのですが、まだポメラすら開いていないという……。寝る前に少しでも書き進めますね。

昨日、水環の査察官の最新話を更新しました。
レナリア視点に戻ります。彼女をはじめ、完全に戦闘モードなので、ささっと戦闘を書いて、4章に橋渡しをしたいです。だらだら書いてはだめですね、気合を入れて、さっさと物語を動かします。

 * * *

毎年やっているので、今年も2018年の執筆予定(目標?)を挙げたいと思います。

①『水環の査察官』完結させる!!
……この台詞、去年も吐いているよ?(笑)
去年の段階では厳しいような発言をしていたのですが、案の定ですね。年度内に完結を……とも言っていますが、それも無理ですね(笑) 上半期の内に完結できるように頑張りたいです。
ぼんやりと4章の展開は決まっているので、時間とプロットをもう少し詰めれば、ががっと書ける展開だと思うのですが……。まずは3章を完結させますね!

②短編を1本以上書く
最低1本は書く予定です。夏に出る予定のイベントで、短編集を新刊として作りたいと考えています。短編集の内容はwebの再録が中心になりますが、1~2本は書きおろしで載せようかなと検討中……。
リアルとの忙しさの兼ね合いになるのかなと思っています。

③イベント参加
7月のテキレボ7には参加しようと考えていますが、それ以外は未定です。
GWのイベントラッシュ時に文フリかコミティアでも……とも思いましたが、新しく本を作る時間がなさそうなので、見送ります。それよりも水環の完結を……!
もしかしたら秋のイベントには1回出るかもしれませんが、先が読めないので保留です。

④その他
去年出した同人誌『空を彩る追憶の華』とアンソロジーの短編『廻る踊り子の願い』のweb版は、水環の査察官が完結した後にでも、アップしようかなと思っています。


……今年は目標から察せられるように、執筆は控えめにしようかなと思っています。休止期間もありつつ10年書き続けたし、少し休んでもいいかなと(笑)
それにだいたい大長編を書いた後は、執筆する気力がなくなるんですよね……燃え尽き症候群といいますか。(魔宝樹の時は例外です。本を作ろうと決めてたので)水環を完結した後、そんな感じになりそうなので、今年は無理のない目標にしました。

まったり活動になりますが、今年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

こんばんは。
今日の19時に『水環の査察官』の続きを予約投稿していますが、活動報告は予約投稿できないので、先に年末のご挨拶をさせていただきます。

ちなみに前々回の活動報告から本日までの更新分は以下の通りです。
 3-13~14 過去の因縁の地(3)~(4)
 3-15~18 閉ざされた記憶の先へ(1)~(4)
アーシェル編が佳境になっています。ぼちぼちレナリア視点に戻りたいです。
次の更新は1週間後の年明けになります。年末年始にぼちぼち書き溜めたいが……果たして……。

 * * *

さて、総括かねての2017年の振り返りです。
webもイベントもぼちぼちの活動だったな~という感じです。春先に環境が変わったため、さすがに執筆量等が落ちて、なかなか創作が進まなかったです。それでもどうにか毎週1話は更新できたのは、頑張れた点かなと思っています。

まず今年挙げた目標の達成状況は……
①『宝珠細工師の原石』の同人誌版本編②完成、web連載完結→◎(無事に両方とも完結)
②アンソロジー原稿提出→◎(悠々閑々幻想録に寄稿)
③『水環の査察官』完結させる!!→△(まだ3分の2しか終わっていない……)
④イベント参加→◎(合計で3回参加)
⑤その他→◎(短編3本、長編1本執筆)

水環の査察官以外は、目標達成。むしろ予定外の短編とか書きすぎて、水環が書き進められなかった疑惑が……。何本も書き続けるって、難しいですね。


◆執筆量(初稿執筆分)…合計約37万字
*『水環の査察官』第2章~第3章18話…22.2万字
*『空を彩る追憶の華』(同人誌版、web版は来年アップ予定)…8.5万字
*『廻る踊り子の願い』(アンソロジー、web版は来年アップ予定)…1.7万字
*『明けぬ夜に動く針』…1.3万字
*『流水の管理者の一歩』…1.5万字
*『巡る十年の歳月』…1.2万字
*その他web上にアップしていない、イベントで発表した掌編等(300字SS、ペーパー等)…小計3000字くらい

◆有料発行物…2冊
・『宝珠細工師の原石 ―宝珠を実らす絆の樹―』
・『空を彩る華』

◆参加イベント
・Text-Revolutions 第5回
・Text-Revolutions 第6回
・文学フリマ東京 第25回

書けていないと言いながら、いわゆる平均くらいは書けていた今年。前半でだいぶ書き溜めた感はありますね。
イベントも予告通りテキレボ5の次は秋に開催されたテキレボ6になりました。GWのイベント、羨ましかったですが、おそらくでなくてよかったですよ。4月に環境変わりすぎて、だいぶ疲れていたので。
テキレボは色々な人とお話しできるので楽しいイベントです。来年も参加できそうならしたいと考えています。
初参加の文フリの時はバタついていた日々だったので、参加しない方がよかった……?と直前で思いましたが、参加してよかったという結果になりました。

春までは宝珠細工師の原石の製本版を仕上げたり、水環の査察官を書き進めていました。その間に明けぬ夜に動く針をちょろっと書いています。百人一首をモチーフにした作品で、久々にがっつり恋愛小説書いた気がします(笑)
あとはアンソロジーの原稿の提出をしました。剣と魔法の物語しかほぼ書いていない私が、それを抜いた作品を書けるのか!?と思いましたが、書けました(笑) そしてそれなりに好評でよかったです、ありがとうございます。

春終わりから夏過ぎまでは、空を彩る追憶の華の執筆及び推敲、水環の査察官を書いていました。合間に流水の管理者の一歩を書いたり……。
空を彩る追憶の華はいつも通りの桐谷さんの話です……(笑)いつwebにアップするかは未定ですが、早くて春、遅くても夏かなとぼんやり思っています。

秋のテキレボが終わってからは、水環の査察官を週1回更新するので精一杯になってしまいました。
本当はさくさくっと書いて、年内には最低でも3章終わらせたかったんですが……、いろいろと兼ね合いが難しいものです。
11月の末にweb投稿10周年でした。いろいろとお声をかけていただいて、嬉しかったです。この10年間は特に後半が駆け抜けたという印象が強かったです。

本は2冊新刊を出しましたが、それとは別にいまだにあの大長編である魔宝樹の鍵もお手に取ってもらえる日が続いていて、嬉しい限りです。
いつまでも過去作を引きずっていては、次へのステップアップができないとは思っているのですが、やはり自分にとってはとても大切な作品なので、ゆっくりとでもいいので、手元にある本は頒布し続けたいなと思っています。


今年は創作もリアルも充実していた1年だったと思います。
来年もいい年にしていきたいな……。自分のペースで頑張りたいです。

皆さま、今年1年間大変お世話になりました。
ネットでの交流、イベントで出会った方々など、たくさんお話できて嬉しかったです。直接感想をお伝えしていただける方もいて、大変嬉しかったです。
また拙作の小説を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いします!


では、良い年をお迎えくださいませ……。

こんばんは。
本日をもちまして、小説家になろうに投稿を開始してから丸十年がたちました。
ここまで続けてこられたのも、読者の皆様に読んでいただいたり、時として力強いお言葉をいただけた、そして書き手や描き手の皆様と交流し、刺激を与えられたためだと思っています。本当にありがとうございます。
一人で黙々と書いていたら、きっと十年は到達しませんでした。


私はなろうにアップする前から小説自体は書いています。ノートに書くという完全アナログでした。読んでもらう人も一握りの友人たちだけでした。
その後十年前に色々と思い立ち、ネット上にアップしようと思いました。そこで出会ったのが小説家になろうでした。
当時はこんなにユーザー数も多くなく、私のユーザーIDが17336ということか察せられる通り、2万人も登録していませんでした。


そんな中でこっそりと連載を始めたのが、『虹色のカケラ』という大長編ファンタジーでした。当初はアクセスだけで一喜一憂していましたが、感想やアドバイスをいただくようになって、もっとうまく書こうと次第に思い始めた作品でもありました。
またイラストを描いていただいたりと、アナログ時代では得られない経験をたくさんしました。70万字近く書き、最初に書いたのは10年も前なので、なかなか読み返せませんが、大切なネット小説処女作です。

その後は少しインターバルを置きながら、短編から10万字長編くらいまでを何作か書いて、現在の代表作でもある大長編ファンタジー『魔宝樹の鍵』に手を付けました。これを書き出したのが7年半前です。時の流れは恐ろしいもので、もうそんな昔に書いたのかという感じです。
これは結果として3年強かけて、100万字超えをした長編となりました。その間にリアルが色々とありすぎて、半年くらい書いていない時期もありましたが(その間は予約投稿していたので、表立って長期休載はしてません)、なんとか書き手として戻ってこれて良かったです。
webで完結して4年以上たちましたが、その後作成した同人誌版をお手に取っていただけたり、webでもまだまだ読んでいただけている気配があるので、嬉しいですね。
大変長いですが、個人的には自信を持っている作品なので、引き続き色々な人に読んでいただけたら、本当に嬉しいです。

魔宝樹の鍵の同人誌版もひと段落したところで、近代長編ファンタジーの『水環の査察官』を書き出しました。時代設定からして、試行錯誤している作品だなと自分でも思っています。とりあえず完結させますよ……!


最近はあまり参加していませんが、web企画とかもそこそこ参加していました。
数人単位の小さいものから50人超えの大企画まで。どれも頑張って提出はしました。そこは誇れる点かなとは思っています。


10年間で小説家になろうにアップした総文字数は約333万字(全27作品)、なろうにアップしていませんがこれからアップする文字数約10万字(2作品)で、合計で約343万字執筆しました。
平均して1年で34万字ですが、書いているときは50万字以上、書いていないときは10~20万字台なので、割とバラツキはあります。それでも1年以上お休みした時期はないので、コンスタントにかけている方かなとは思っています。書き始めるととりあえず完結までは頑張りたい人なので、止まるという行為が基本的にできないのです……(結果として自分の首を絞めて、ヒイヒイ言いながら書いている)。


この10年間色々とありました。
辛い時も苦しい時も投げ出したい時も、たくさんありました。
書かなければ人生楽になるんじゃないかとも思いました。好き勝手に気ままに遊べるのではないかとも思いました。
でも結局書き手に戻っている私は拙くても書くことが好きなんだろうなと思っています。


さて、今回10周年記念小説を執筆しました。
連載小説を1回お休みして時間を作り出した結果、1万字超えました(笑)
わかる人が読めば世界観がわかる物語、しらなくてもお仕事&恋愛小説として楽しめる作品となっています。
感謝の意もかなり込めています。またところどころに私自身の主張も織り交ぜていますので、その点も少しでも感じ取っていただければ嬉しいです。

~あらすじ~
筆写師として営んでいるミリーは、ある女性から大量の文章の筆写をし、製本してほしいという依頼を受ける。膨大な量であり依頼を受けるのも躊躇したが、中身は楽しくも魅力的な壮大な物語だった。製本業者のロードに背中を押され、気遣われながらも、筆写を進めていった。やがて二人の関係も少しずつ縮まっていくことに。
仕事を頑張る女性と彼女を優しく支える青年が織りなす物語。

なんで1万字を超えたかというと、中盤くらいにある展開をつぎ込んだためです……。ほのぼの小説で終わると思わないでください、桐谷瑞香の小説!!


今後ですが、とりあえず水環を完結させるくらいしか予定はないです。
その後も色々とあっても、細々とでもいいので今後も書き続けていきたいです。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします!

昨日、無事にテキレボ6が終了しました。
改めまして、昨日ブースに顔を出してくださった皆様、打ち上げでお話した皆様など、本当にありがとうございました! とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回はなんと大長編全買いという、ドリームが起きまして、午前中からハイテンションになっていました。まさか全買いなんて起きないと思っていたため、2巻以降の搬入数は抑えたので、初っぱなから冷や汗ものでした(笑)
他にも今回はテキレボメンバーズに登録して、代行のチェックなどのお仕事をしていました。
そんな内容も含めて、ささっとレポ書きます。

(※すみません、書き終わってみて、全然ささっとではありませんでした。長文ですが、それでもよければどうぞ~)


続きを読む

こんばんは!
テキレボまで1週間を切り、宣伝もなかなかできなくなっているのですが、とりあえずざざっと頒布物の紹介をします。

今週末、10月28日(土)に東京都立産業貿易センター台東館6階で行われる、第6回 Text-Revolutionsにサークル参加します!
サークルの配置場所は、桐瑞の本棚【F-13】
参加申し込みしてから早5か月、それまでの間に色々とありましたが、気が付けば目の前です……。とりあえず新刊や無配、300字SSも完成したので、新しいものは机に並んでいますよ……。

当日ですが、今回メンバーズでのお仕事をするため一時間ほど不在、お買いもの関係で30分ほど席を空ける予定です。
不在の間は、いつも隣接配置をしているほたさんらに留守番をお願いしますので、お買い物はできますが、私に会いたいという方は時間を調整して来てくれると有難いです。よろしくお願いします。

★不在時間
・メンバーズでのお仕事中 13~14時
・お買いもの 12時台、もしくは14時台に30分程度を予定
※当日、ツイッターで在籍状況はツイートするつもりではいます。


次に頒布物一覧です。
★お品書き(クリック拡大可)
お品書きの詳細等は、webカタログまで。

テキレボ6(お品書き)1000 

私の頒布物は大きくわけて3種類。
新刊の『空を彩る追憶の華』。技術屋の少女と護衛の青年が活躍する話です。
成長物語という点では宝珠細工師と似ていますが、護衛の青年がサートルよりも遥かに強かったり、出会いがなかなか刺激的だったり、青年が過去に色々と抱えていたりと、若干毛色は違うかなと思っています。
表紙は昔から仲良くさせて頂いている、himmel様です。素敵な色遣いに、かっこいい絵の具合など、実際にお手を取ってみて頂けると嬉しいです!!

次に既刊として『宝珠細工師の原石シリーズ』です。
前日談から読んでもらうのが一番嬉しいですが、本編①とかから読んでもらってもとても嬉しいです。単巻完結なので、どれか単品でも読んでも大丈夫な様にはしています。
爽やか青春成長物語なので、たぶん一番読みやすいんじゃないかな~とは思っています、個人的に。

さらに既刊として『魔宝樹の鍵』です。
おなじみの私の代表作である、大長編ファンタジー小説。私の想いがこれでもかと詰まっている小説。100万字超えています。それを6冊で納めた私を褒めてください……(笑)
これについては昔からのんびり頒布し続けていますが、まだ本があるのでもう少し置く予定です。

初見さんは辛いと思われますので、とりあえず抜粋集である無料配布本からどうでしょうか!?
ネタバレややしていますが(マジか)、超重大なネタバレまでは避けているので、それも含めて楽しんでください……。


最後に今回も委託頒布します。
悠々閑々幻想録』という、タチバナナツメさんが主催し、私も参加している、西洋ファンタジー創作小説アンソロジーをお預かりします!関東初頒布!!
普段webで活躍されている人ばかりなので、色々な意味でレアですよ! 表紙も素敵ですしね、とりあえず立ち読み等はいかがでしょうか!?

……そんな感じで、頒布します。
今回は壁際であり、通路よりなので、いつもとはまた違った景色が見れるのかな~と期待しています。
メンバーズもありますし、とにかく楽しみつつ、頑張りたいですね。

ではでは、当日いらっしゃる皆様、どうぞよろしくお願いします!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。