相棒の男から休戦だと言われた。 
 うろんげな目で見ると、彼は溜息を吐いていた。 
「この状況で喧嘩している方が馬鹿だ。運命とかたいそうなことを語っている場合じゃない」
 それはもっともで、前方には俺たちを襲うとしている四つ足のモンスターがいた。 
 隊長からの命である町への派遣を言い渡された俺たち。森の中を歩いているとき、ちょっとした言い合いになり、不意な拍子にモンスターの巣に踏み入れてしまったのだ。
 相棒の言葉に従うのは癪だったが、己の身を護るために剣を抜き取った。
「とりあえず片づけるぞ」
 お前は運命は変えられないと言ったが、俺は変えられると信じている。
 それを証明するために、まずはモンスターに対し剣を振り上げた。 


 ------------------------ 


第35回Twitter300字SS参加作品。お題『休』。
テキレボでは参加していましたが、Twitterの企画では初めての参加となります。
特に予備知識がなくても読めるような一説ですし、他の人物を当てはめても読めるようになっていますが、実は『魔宝樹の鍵』の番外編となっています。
彼が主人公だと、少年漫画っぽいような熱い展開になりそうです。(彼らは本編では準主役です)
スポンサーサイト

『宝珠細工師の原石』本編2連載開始します!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)