こんばんは。
まだ大晦日に連載小説を更新する予定なのですが(最低でも毎週土曜日更新)、一足先に総括を。
今年は……創作に関しては新たな一歩を踏み出してしまった年だと思います(笑)
目標振り返り、実績、その他文章でつらつらと綴っていきます。

【年明けにあげた目標】
①web小説『時竜と守護者達』完結→◎
②製本版『魔宝樹の鍵』5巻、後日談発行→◎
③長編を一本以上書く→◎
 ・『宝珠細工師の原石』→前日談、本編①執筆完了。本編②は初稿は書き終えた。(一応最後まで書けたということで◎で)
 ・『水環の査察官』→1章書き終えた。あとは更新のみ。以後は来年に。
 ④その他→イベントにでる。(◎)

【今年の実績等】
◆執筆量(初稿執筆分)…合計約42万字
*『時竜と守護者達』4章…4万字
*『魔宝樹の鍵』番外編4~8話…7.3万字
*『宝珠細工師の原石』前日談、本編①②…16万字(テキレボ5アンソロジー含む)
*『水環の査察官』プロローグ、第1章…12.2万字
*その他…2.8万字
 ・『和珠が繋ぐ絆』(魔宝樹の鍵の番外編。テキレボ4アンソロジー)…4000字
 ・春に発刊予定のアンソロジー寄稿作品…2万字
 ・その他web上にアップしていない、イベントで発表した掌編等(キャラクターカタログ、300字SS、ペーパー)…4000字くらい

◆発行物(有料配布物:4冊/無料配布物:3冊)
・魔宝樹の鍵 5巻(B6/332ページ)
・魔宝樹の鍵 後日談(B6/272ページ)
・魔宝樹の鍵 Special Book(全巻購入者特典:B6/40ページ)
・(宝珠細工師の原石:前日談)若き芽の輝き(文庫/50ページ)
・魔宝樹の鍵 無料配布冊子vol.1 冒頭部及び各巻あらすじ収録(B6/28ページ)
・宝珠細工師の原石 ー伸びゆく二つの枝葉ー(文庫/152ページ)
・魔宝樹の鍵 無料配布冊子vol.2 主要キャラクター紹介掌編小説収録(A5/12ページ)

◆イベント参加(3回)
・COMITIA 116
・第4回 Text-Revolutions
・COMITIA 117

総じて言うと、創作に関しては駆け抜けた1年でした!!!
途中で生き急いでいると、何度思ったことか!!

さて、つらつらと1年を振り返っていきましょう……。(超長文)



イベントに出ようと思い、参加申し込みをしたある冬の日。ちょうど魔宝樹の最終巻発刊までの道のりも見据えられた時期でした。
名古屋オフでナツメさんと語り合ったのもよき思い出です。イベント参加、頑張ろうという気持ちを強く押されました。

3月からは本格的に初イベントに向けて、色々と動き出しました。
後日談だけでなく、短編本と購入者特典の冊子作り、どうにかやり遂げましたが、どう考えてもキャパオーバー気味でした。体調崩したり、張りつめていた糸が切れたら、完全にアウトの日程でした……。
大変でしたが、短編本の感想頂けたので、頑張って良かったとしみじみと思っています……。
振り返ると、4月の記憶がほとんどなかったですね。入稿しまくって、銀行に振り込んだという記録しか残っていません……。
魔宝樹の鍵のイラストを描いて頂いたさやさんには、足を向けて寝られないほど、大変タイトな日程で色々とお願いしました……。本当にありがとうございました!!

GWに初めてのイベント参加。詳細は昔のブログにでも。
直さん、白菜さん、ジョアンヌさんと色々とお話しました。お久りぶりな方とも会えて、嬉しかったです。

そこで色々反省をしつつ、もっと充実したイベントにしたいと思い、梅雨に入りかけた時期に奮起しました。
そう、卯月さんたちの温かいお誘いをうけて、テキレボ参戦を決めたのです。
新刊はうっすらと考えていた、短編の続きであり、魔宝樹の鍵のスピンオフ作品。表紙絵を描いて頂いた黒雛さんも快い返事を頂けて、執筆開始しました。
その間に1週間ばかり初ヨーロッパ旅行。ドイツ素敵! ヨーロッパ最高! 資料用の写真たくさん撮って、移動中に水環の査察官の大枠を決めました。

その後、夏の暑い日に、テキレボの諸所の企画にも参加するために、慣れないイラストソフトと奮闘していきました。書くよりも、こっちの方がしんどかったです……。だいぶ使い方がわかったので、次は短い時間で作れると思っています。
ある程度新刊のめどがたったところで、アンソロ感想マラソンに参加してみました。これが始まる前までに、新刊がある程度形にできていてよかったです……!100強の作品を読みながら、執筆できません! 言葉足らずな完走もあったけど、見事完走できました、面白かったです!
あ、あと、夏といえば、リオオリンピック感動しました! その期間の創作がほとんど進んでいないのは、オリンピックのせいですね!(手帳を見ながら)

入稿ラッシュを終えた後は、試合に出たり、旅行にいったり。カバー巻きも初挑戦、まあ上手くできたかなと思っています。
そして気が付けば、テキレボ当日に。隣にはとても頼もしい月兎柑。さんたち。きちんと喋ったのは初めてだったのに、すぐに打ち解けました……。テキレボ自体も面白くて、充実した一日でした。思い切ってテキレボに出て、よかった!イベントって刺激を受けるし、面白い!!
300字SSポスカラリーを集め始めるのが遅かった、打ち上げなどで自分のことをあまり話せなかったことくらいが、悔いの残る点でした。
その後、コミティアにもう一度出て、秋のイベントラッシュは終了です。

テキレボ終了後からは、本格的に超長編小説に手をつけ始めました。近代ファンタジーという立ち位置になりそう? 当初は探り探り書いていたのですが、1章終わりでようやく細かな指針ができました。これで最後まで書けるはず……。
10月下旬から12月初めまでは、今後のことを考えて怒濤のように執筆しました。2か月で20万字近く……!? 11月の執筆状況メモが真っ黒です……。
テキレボ5に参加も決めましたので、新刊も鋭意作成中の年末です。


総文字数的に、近年と比べてそれなりに書いていたように思います。就職してからは過去最高。仕事がだいぶ慣れたおかげかな?
同時並行で製本も作っていたので、過去の最高文字数(55万字)と直接的に比べられないのですが、たぶん相当頑張った年だと思います。自分の中では、生き急いでいる感はでていたと思います(笑)
来年度がどの程度書けるか不明なので、今年度中に創作を楽しむ&挑戦(イベント参加)したかったのです……。

イベント参加について振り返ると、イベント参加は準備など、webでただ小説をアップしている以上に大変で、気を使う部分も様々でてきて、気力が必要だなと思いました。
でもその場に行けば、何かを作り上げる人と共にいることになるので、刺激を受けるという意味ではいい場だと思いました。
ツイッターやなろうで交流していても、お休みしてしまう人が徐々に出てきてしまい、刺激がなくなってしまいますが、イベントに行けば強制的に受けますからね……。

イベントに参加した決意は色々ありますが、一つとして創作している人に会いたかったから、というのがあります。
web企画の参加も、様々な人の小説を読み、交流して、刺激を受けてよかったのですが、それとは違った何かがある気がするのです。
本を作る&イベントに参加するという責任感の上にある、一歩上の覚悟……かな?
その人たちと一緒にいるのが、とても刺激を受けたのです。

来年の目標は年明けにいいますが、web小説を主に書き続けながら、タイミングがあえばイベントに参加したいなと思います。とりあえずテキレボ5には参加します、年度末に何もなければ。


皆さま、今年1年間大変お世話になりました。
ネットでの交流、オフでのお喋り、イベントで出会った方々など、たくさんお話できて嬉しかったです。また拙作の小説を読んでくださった皆様は、本当にありがとうございました!

来年はマイペースに活動していると思いますが、どうぞよろしくお願いします!
では、良い年をお迎えくださいませ……。
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます&2017年の予定

桐谷瑞香の小説年表(~2016年)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)