早いもので、旅行レポも3回目となりました。
旅も折り返し地点です。

今回レポする場所は、ハンザ同盟の一つであるリューベック(港町)と、シュベリーン城というお城です。湖に浮かぶように立っている、周囲が水辺で囲まれたところです。
お城初めてだったので、写真頑張って撮ったのですが、ぶれたもの多くて残念……。説明もあったので、楽しく学ぶことができました。

ではでは、レポの始まり始まり……。




リューベックは12世紀にバルト海沿岸初の西洋都市として作られた町です。
ハンザの女王とも称されるそうで。そう言われれば、街並み、綺麗な部類に入る町だった気がします。
そんな旧市街地は世界遺産にも登録されています。

まずはずんぐりむっくりの城門、ホルステン門がお出迎え。あまりの重さに建物が斜めになったらしいです。
強固な門ですね……!!
リューベック① 

ふと後ろを振り返ると、川が流れていました。船もいきかっていましたね。
リューベック② 

中心部に進むと、旧市庁舎が!……が、左端のですが、今回も改修工事中!!orz
左側にある建物はお洒落だったので、そっちを中心に撮ってみました。
窓の所に紋章みたいのが描いてあって、素敵でした。黒いレンガの外観が印象的ですね~。
リューベック③ 

さて、中心部から少し歩くとマリエン教会という、聖母教会がありました。
近すぎて、アップになってしまう……。
リューベック⑥

中はとっても素敵でした。教会、大聖堂、いくつか行きましたが、ここが一番好き。見どころがたくさん!!
非常に大きなパイプオルガンがお出迎え。
機械仕掛けのものとしては、世界最大級とか。
リューベック④ 

そして天文時計もありました!! おしゃれ!素敵!可愛い!!
上が星座のイラスト付きの時計、月の満ちかけなど、今までの年月も描かれていました。
リューベック⑤ 

お昼は魚料理が。ジャガイモが出てきました。必ずといっていいほど出てくるジャガイモ。
リューベック⑦昼 

名残惜しくも移動……。このブログ、この台詞を何度言うんだろうか……。

次は一番気になっていたお城です!!
シュベリーン城は湖水の中に浮かぶ美しいお城です。ドイツの北のお城といえばシュベーリン城と言われるそうですよ。
(日本のツアーはほとんどがお城が多い南ドイツ方面なので、影は薄いお城と思われます……)
15世紀から建設が始まり、19世紀半ばに改装されて、今の姿になったそうです。

お城いうことで、テンションあがりまくって、資料用にと写真撮りまくりましたー。

こちらは暖炉でしたかね、装飾がお洒落です。
シュベリーン① 

こちらは棚みたいなもの。装飾がかっこいい
シュベリーン② 

鍵も展示してありました。鍵をテーマにしている私にとっては激写もの。お洒落な鍵です。
シュベリーン④ 

お話する場所。高そうな椅子です。周りの装飾も豪勢。シュベリーン③

詰め所の部屋にはサーベルがありましたよーー!! 写真がくらい!orz
ほっそりしていました……。
シュベリーン⑤ 

そしてクライマックスの謁見の間。
ほうほう、こういうところに王様は座っているのですね!!
シュベリーン⑥ 

天井には天使さま。こっているな……!
シュベリーン⑦

シャンデリアも綺麗ですねー!
シュベリーン⑧ 

床も素敵! さすが、謁見の間!!
謁見の間だけでもかなり楽しめました!!
シュベリーン⑨

こちらはお庭の様子。綺麗に整えられています。この庭の正面には湖が広がっています。
なんていい環境なんでしょうか。
シュベリーン⑩

こちらは入り口正面側。馬に乗った騎士がお出迎え。
城の外観の作りもとても素敵でした。
シュベリーン⑪

最後にお城の全体像。きらびやかという印象はあまりありませんが、こじんまりとしながらもすっきりとまとまったお城だなと思いました。
シュベリーン⑫

シュベーリン城に向かう時に大雨に降られて、靴の中までびちょびちょになって、とても大変でしたが(笑)、中はとても見応えがあって、行ってよかったです。


夜はベルリンまで移動して、鳥料理と頂きました~。
味付けはさっぱりで、食べやすかったです。
ベルリン1夜 

今回は趣味に走ったレポでした。次に続く!

スポンサーサイト

北&東ドイツ旅行レポ④

北&東ドイツ旅行レポ②

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)