こんばんは。
あっという間にGWですね。つまりは1年の3分の1が終わったということ。そして気が付けばもうイベント間近という事実。
道理で忙しいわけです(笑)

さて、イベント関係のお知らせです。

5月5日に東京ビックサイトで開催されるコミティア116に、桐瑞の本棚 『C25b』で、イベント初参加いたします。
お隣はツイッターなどで昔から仲良くして頂いている、村谷直さんたちのサークルです。
SF・ファンタジー畑に埋もれながら、小説本を頒布します。

お品書き等は以下から。クリックしてさらに拡大できます。


おまけ含む頒布物一覧は、以下の通りです。

【新刊】
・『魔宝樹の鍵 後日談:悠久なる恋情の果て』 B6/272p/1000円 (後日談+番外編4~8)
・『若き芽の輝き』 文庫/50p/200円 (少年少女の成長物語、魔宝樹の鍵のスピンオフ本)

【既刊】
・『魔宝樹の鍵 1~5巻』 B6/284~336p/1200円(3巻のみ1000円) (本編完結巻まで)

【委託】
・『賽ノ地青嵐抄 賽ノ地編/著:早村友裕様』 B6/308p/1500円
(通称コラボ侍の製本版。概要等載っている早村友裕さんの活動報告はこちらから)

【無料配布冊子】
・『魔宝樹の鍵』冒頭部及び各巻あらすじ収録

【その他(おまけ等)】
◆『魔宝樹の鍵』の本を購入された方
 ・各巻のカバー表裏表紙を両面印刷したポストカード
 ・web版表紙、寄稿イラストを印刷したポストカード(タチバナナツメさんから)
◆『魔宝樹の鍵』または『若き芽の輝き』を購入された方
 ・魔宝樹の鍵イラストの両面印刷しおり
◆『魔宝樹の鍵』全6巻購入された方(既に通販等で既刊を購入された方含む)
 ・設定集等を記した小冊子

あとはペーパーを用意したいと考えていますが、まだできていないので、何とも言えませんね……。

メインは、鍵と大樹を巡る冒険ファンタジー小説『魔宝樹の鍵』です。全6巻で完結です。
全巻購入された方に向けての小冊子もあります……! (気持ちとしては全巻薦めたい勢いですが、長い小説ですし、値段も半端ないので、そんなコメントはしません。)
冒頭部収録の無料配布冊子を用意していますので、そちらをお気軽に持って行って頂ければ嬉しいです。

また、『若き芽の輝き』という、私らしい小説を書き下ろしたものを持ちこみます。
たぶんこれを読めば、私の書き方とか雰囲気とかわかる作品ではないかと思っています。
少年少女が将来について悩んだりして、前に進んで行く物語です。魔宝樹の鍵の世界を舞台にしていますので、そちらの世界観にも触れられるお話となっています。(サンプルはこちらから)

さらに、『賽ノ地青嵐抄 賽ノ地編』を委託します。
著者は早村友裕さん、イラストは猫乃鈴さんのコンビの本。和風ファンタジー小説です。
美麗イラストや、颯爽とした戦闘シーンもあり、とてもお勧めです。webにはアップしていない、番外編も収録していますよ。


当日ですが売り子さんはいないため、お手洗いや買い物の際はスペースを留守にしますので、ご了承頂ければと思います。
ツイッターで状況はお知らせしますが、いなかった場合は少し時間を置いていらしてくださいませ。

イベント初参加で、もしかしたらテンパっているかと思いますが、どうぞ気軽に話しかけて頂ければ嬉しいです。

最後に、今回のイベントは最終巻まで完成した記念で出るので、その後のイベント参加予定は現在のところ特にありません。
自家通販は随時受け付けていますので、その後はそちらをご利用して頂ければと思います。

ではでは、当日はどうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コミティア116終わりました。

イベントに向けてお知らせ等

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)