こんばんは!
今月も特に風邪もひかずに元気に日々を過ごしていましたので、予定通りに7話更新しました。

超長編異世界ファンタジー小説『魔宝樹の鍵
 第7章 変革の先導者達
  2~4 明日への旅支度(2)~(4)
  5~8 駆け行く想い(1)~(2)
を更新しました。

リディスを取り囲む人々たちを彼女視点を通して、葛藤を書きつつ、久々にあの方々も登場したお話となっています。あのお姉さんは姫様とはまた違う意味で、書き易くて好きです。
地味に張っていた伏線も少しずつ回収し始めたという展開になりました。伏線メモ帳も徐々に消化されていってほっとしたりしています。

拍手、いつもありがとうございます。
ささやかながらの応援が本当に励みになります。

さて来月の予定ですが、隔週で週2で今月は送っており、それを来月も続けていきますが、年末は臨時でもう1話更新したいと思っています。7話ほど更新する予定です。
伏線回収もクライマックスとなるお話も更新します。
様々な思惑が入り乱れる展開となりますが、引き続きお読みいただければ幸いです。


最後に初心に戻って、物書き系のバトンをやりたいと思います。
おかげさまで小説家になろうに投稿し始めてから6年が経過しました。
色々な人に小説を読んでいただき、さらには感想まで頂いたりと、昔では考えられないことが起こっているよな、と日々思っています。
登録し始めた頃の想いを忘れずに、引き続き更新していきたいです。

長いので、お暇な方はどうぞ~。


*******************

物書きさんに質問!

■お名前は?
 桐谷瑞香です。

■物書き歴はどれくらい?
 小説家になろうに登録したのは6年前ですが、実際の物書き歴はもっと長いです。
 辛うじて今でも人に見せられる小説であれば、10年前くらいのもの。
 初めてストーリー性のありそうな物語風なものを書いたのは、18年くらい前……ですね(笑)
 なろうに登録する前は、速度も遅いし、数ヶ月や1年以上執筆していない時期があったので、総年数で言うともっと短いです。

■小説を書く時の大体の流れをどうぞ。
 意外と多くの方から、プロットをしっかりたてて執筆しているんでしょう!というお言葉を頂きますが、そんなことはまったくありません
 ざっくりとした流れを魔宝樹を例に取りながら述べていきます。

①書きたいテーマや世界観、主要登場人物、あと文字数をざっくり考える
(一人の少女と二人の青年の話が繰り広げるシリアスファンタジー、何度か「ええ!?」と読者に思わせる展開を、召喚とか便利で面白そう、お姫様出したい、モンスターを大量に出した戦闘シーン多めの話、主人公は槍を振り回したい、だいたい60万字くらいかなー?)

②書きたい内容をぼんやりと考える
(序盤、第一部の盛り上がり、ラストの終わり方を頭の中で何となく決めておく。その後に章ごとの内容をざっくりと数行程度メモ)

③もう少し登場人物関係について煮詰める
(サポート役のお姉さんや猛突進野郎、眼鏡のお兄さん入れようかな。少し細かいところまで設定作ろう)

④章全体の流れを考えつつ、世界観をもう少し煮詰める
(前半部クライマックスのための早めに伏線は張り始める。モンスターは殺すのではなく、在るべきところに還す存在etc)

⑤もっとプロットを煮詰めるべきだが、書きたくなったので書き始める!
 重要な話以外は登場人物たちの動きに身を任せる!

⑥執筆しつつ、推考時に無意識に張っている伏線をメモしまくる!!
→結果としてノートの枚数がかさむ

⑦章執筆後、張ったり回収した伏線チェック。
 次なる章の流れを決めて、ひたすら執筆(以後④~を繰り返す)

 もっと短い話なら、世界観と内容がなんとなく思い浮かんでメモできたら、執筆し始めますね……。
 基本、後追いで詳細な設定は組み立てています(大暴露)

■小説のネタが浮かぶ時はどんな時?
 移動時が多いですね、歩いているときとか。
 あとは勉強している息抜きの瞬間や寝る直前とか。

■自分の小説に納得できない時ってどんな時?
 語彙が不足しすぎている時ですかね。
 似たようなフレーズを何度も使っていて、嫌気がさすときがあります←

■逆に満足出来る瞬間ってどんな時?
 散りばめられすぎた伏線が一気に回収され、また登場人物たちがよりより未来を描けた時。つまりは書ききったときですね。そのときが一番満足しています。

■一作品にどれくらい時間が掛かる?(短編の場合)
 状況によりますが、1万字程度の短編であれば構想、執筆、推敲で一週間かからないでしょう。
 執筆自体は調子が良ければ、1時間2000~3000字です。

■書くのは短編、長編どっち派?理由もどうぞ。
 長編派。
 書きたいテーマや、書きたい登場人物たちがたくさん多すぎて、短編ではまとめられないので。また、伏線を散らばらせて、一気に回収するのが好きなので。

■一番気に入っている小説は?理由もどうぞ。
 連載中の異世界FT小説「魔宝樹の鍵」です。
「虹色のカケラ」も好きなことを詰め込んで、あの分量で綺麗にまとまっているので好きですが、最初の方は昔過ぎて……(苦笑)
 魔宝樹もきっと綺麗にまとまると思っています。展開やキャラ的にはこっちの方が気に入っています。

■逆に載せることすら迷った小説は?理由もどうぞ。
 特にありませんね。
 なろうに載せている小説は、好きに書いている超長編か、企画参加作品や諸処で外部に出したものなので。

■読者に人気(閲覧数の多い)の小説は?
 お気に入り数や総合ポイントから、現在は『魔宝樹の鍵』が一番人気のようです、ありがとうございます!
 総アクセス数なら、昔完結した超長編『虹色のカケラ』なのですが、完結したおかげで数がかなり増えているので、少し別かなと思っています。完結パワースゴいですよ、連載中よりも数倍数が違います(笑)

■小説を書く上で楽しいことってある?
 色々な登場人物たちを動かして、その人たちの今と未来を描く時。
 あとは伏線を回収する時が、すごく快感です。うまくまとまると、色々な苦労が報われて、嬉しくなったり、楽しくなったりします。

■どんな小説が書きたい?
 読んだ人が読み終えたときに、ほっこりと心の中が温かくなるような小説。
 欲を言えば、読んで良かったなと思える小説を書きたいです。

■文章を書く時に自己流の小技なんかがあればどうぞ。
 小技か、何だろう……。
 長さによって、山場の回数を変えるのって、小技か?(笑)
 多数視点の小説を書くときに、意識的にその人物の名前を前に出すとかは小技なのか?(たとえばフリート視点の時は、「フリートとリディスは~」とかにしています。主人公はリディスだけど、視点を意識して)

 ……むしろ他の人の小技を聞きたいです!!

■憧れる小説ってどんな小説?
 読みやすく、情景描写が自然と浮かぶ小説ですね。
 戦闘シーンやら、風景のシーンやら、まるで目の前に広がっているような小説に憧れています。

■逆に、嫌い(苦手)な小説は?
 うーん……割といける口だとは思いますが、R18系は駄目ですね(泣)
 あとホラー系が強すぎるのも苦手です。

■お題を使ったりする?使う場合、こだわりとかはある?
 文字のお題を使って小説を書いたことはないです。
 イラスト小説はある意味イラストお題ですかね? それに関しては、そのイラストの細部までよく観て、それからお話は広げるようにしています。
 連載が落ち着いたら、イラスト小説書きたいですね。だれかお題を(マテ

■小説を書く上で気をつけている点は?
 散りばめられた伏線をきちんと回収すること。
 始めに決めた物語の大筋からずれないこと。
 あとは……自分が楽しいと思える小説を書くこと! これがないとモチベーションが保たれません。

■小説をサイトに載せる時、フォントやレイアウトにこだわったりする?
 サイトに移行したものに関しては、自分が読みやすいフォントやレイアウトにするようには意識しています。
 行間については、なろうでもサイトでも、あけるように考慮しています。私の小説、改行が少なく文字が詰まっているので、少しでも読みやすくするために。

■スランプになったことある?またスランプに陥った時どうする?
 ごりごり書いているように見えますが、なったことありますよ!
 先が進まなくなり、困りましたね。
 その時は時間に余力があれば、何日か日を置いてから書いたり、読み直したりしながら、頭の中を整理していきます。
 時間がなかったら、無理矢理にでも執筆します。気が付けば、スランプ脱出しているときがありますので。

■このバトンを送ってくれた人の作品についてどう思う?
 どこからか拾ってきたバトンなので、今回は交流が多めの人の作品の印象について書かせていただきます(名前の順)。
藍村霞輔さん……丁寧な描写と、かっこ良く、疾走感のある戦闘シーンが素敵な作品。
伊那さん……ほのぼの系やシリアス系を丁寧に書き分けている作品。テディ・ベアがかっこよすぎて素敵←
加藤ほろさん……ノリの良さで一気に読者を引き込みつつも、シリアスな場面もある作品。くすりと笑うコメディのセンスが素敵。
光太朗さん……読みやすく、わかりやすく、多数あるがどれもが魅力的な作品たち。コメディからダークまで、短編から長編まで多才過ぎ。
タチバナナツメさん……設定がしっかりしているダーク系の群像劇の作品。多数いるキャラの個性もはっきりしており、言葉も多彩で、設定の深さが半端ない。
トキさん……読みやすく、テンポが良く、時として胸キュンする作品。乙女モードに火がつくことも!?←
猫乃鈴さん……淡々としつつも、丁寧に話を進めている作品。絵本風味のも描かれていて、創作物の幅が広い。
早村友裕さん……テンポがよく、読みやすいだけでなく、戦闘シーンの描写がかっこいい作品。長い小説を視点変えて交互に執筆とかすご過ぎる。
宗像竜子さん……丁寧で想像しやすい作品。物作りによるほのぼの系から、戦記風のシリアス系まで幅広い。
夕霧ありあさん……しっかり作っている設定と、丁寧に執筆している作品。年上組と年下組の性格のギャップが素敵。


■最後に、小説を書く上で上達しようと何か努力したことがあればどうぞ。
 意識的に語彙は変えようとはしています。
 あとは完結させることですかね。

■ありがとうございました。回したい方がいればお好きに。
 初心に戻ってこういうバトンをやりたい方は、どうぞお持ち帰りくださいませ!



以下、テンプレ

■お名前は?
■物書き歴はどれくらい?
■小説を書く時の大体の流れをどうぞ。
■小説のネタが浮かぶ時はどんな時?
■自分の小説に納得できない時ってどんな時?
■逆に満足出来る瞬間ってどんな時?
■一作品にどれくらい時間が掛かる?(短編の場合)
■書くのは短編、長編どっち派?理由もどうぞ。
■一番気に入っている小説は?理由もどうぞ。
■逆に載せることすら迷った小説は?理由もどうぞ。
■読者に人気(閲覧数の多い)の小説は?
■小説を書く上で楽しいことってある?
■どんな小説が書きたい?
■文章を書く時に自己流の小技なんかがあればどうぞ。
■憧れる小説ってどんな小説?
■逆に、嫌い(苦手)な小説は?
■お題を使ったりする?使う場合、こだわりとかはある?
■小説を書く上で気をつけている点は?
■小説をサイトに載せる時、フォントやレイアウトにこだわったりする?
■スランプになったことある?またスランプに陥った時どうする?
■このバトンを送ってくれた人の作品についてどう思う?
■最後に、小説を書く上で上達しようと何か努力したことがあればどうぞ。
■ありがとうございました。回したい方がいればお好きに。

------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=55929
------------------
スポンサーサイト

つくばオフ会レポ

箱根レポ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)