お待たせしましたーー!!
人生の転換点であるリア重を挟みつつ連載し続けた第6章が8か月もの期間を経て、ようやく完結!!
長い、長すぎる、11.5万字の小説を8か月も更新し続けたなんて……(遠い目)

シリアス異世界FT小説『魔宝樹の鍵』の
 6-20,歴史を見守る大樹(3)
 6-21,歴史を見守る大樹(4)
 6-22,歴史を見守る大樹(5)
更新して、第6章 動き出す時の針完結です!!

地味だけれども、動いた章でもありました……個人的に。
何だか切なく思ってしまうシーンも増えてきて、どうやって物語を収束させようかと悩んでいます。

実は気づいている人がいるかはわかりませんが、6-16と17の間は7か月以上執筆期間が空いています。文体がかなり怪しくなっているのではないかと心配です……。おかしいところがあったらこっそり教えてください。

気が付いたら、リディスがかなり辛い立場になってきました。
ロカセナの過去も垣間見せたりして、少しは彼の心に同調できる部分も書けたかな……。
フリートはもともと一直線な人なので、書き易いキャラになっています(笑)

人気投票は9月末までです。
フリートとロカセナで争って終わるのかな!?
終了3日前ということで、投票数は非公開にしてみました。結果は終わってからのお楽しみです(笑)

アルファポリスの大賞の方も、更新しまくっているせいか、どうにか頑張っています……という状況です。
応援ありがとうございます……!!


ではでは、少々ネタバレ有の内容は追記へと続きますね!


*****************


まずは書きたかった部分をちょっと言っておきましょうかな。

個人的には6-20から21が一番書きたかった部分です。
久々に3人の絡みを書けて楽しかったですが、やはり以前のようには書けないのが辛かったり。
ロカセナをどうするかはだいたい固まっています。結構悩んでいましたが、ある記事を読んで、これで行こうと決めました。たぶんよほどのことがない限り、変わらないでしょう。

ひっぱたくシーンは成り行きです。思い人がいる女の子ならやるでしょう!?
ロカセナがリディスを後ろから抱きしめるシーンは、前にオフ会でかすけさんが描いてもらったイラストをもとにしています。絶対に入れてやる、ここで!と思いながら、書きましたね。

マデナのシーンは、割と初めの方から考えていました。
誰も犠牲がないなんて、おかしすぎる。そしてその犠牲は確実に生きる人々の心へと重くのしかかる……。
おりしもちょうどこの辺りを推敲しているときに、祖父が逝ってしまったので、何とも言えない状態でした。
死は難しい。真正面から書きにくいです。上手く書かないと、本当に薄っぺらになるから。

くすりと笑うシーンとして、フリートが眼鏡をかけたのは完全なるノリです。
昨年の12月にオフ会をしたときに、洗脳されたのさ……黒髪眼鏡(笑)

ミディスラシールに関しては意外と思われた人が多いのかな……?
彼女に関しては、7章以降活躍しますので、楽しみにしただければ幸いです。

ぽつりぽつりと樹の存在について語られ始めた時、いよいよこの話もラストに向かい始めるのかなーと思いつつ執筆していました。
まだまだ伏線は残っていますが、7章であらかた明らかにしたいとは思っています。そうしないと8章からのラストシーンがもやもやのまま突入しますので。


この章は、以前の記事にもあげたとおり、リア重も挟んでいる時期だったので、正直言うと内心冷や冷やしていました。
もしかしたら6-16という、やや真実が明るみになった状態で打ち切りになるんじゃないかって。
リアルで今年も大失敗したら、筆を置くか長期連載停止しようかと覚悟していたくらいです……。
まあリアルもどうにかなったので、今は楽しく執筆が再開できています。
現在の執筆状況ですが、始めは進みが悪かったですが、今は面白いくらいに転がっています。話もいよいよ大詰めになっているからかもしれません。


実はこれから半年程度、暇人フラグがたちました(笑)
もしかしたらその前に暇人ではなくなるかもしれませんが、最大で年度いっぱいは暇人の予定です。
逆を言えば、来年度からは忙しくなって、執筆も思うようにできないのではないかとも。
そのため暇な時間でどうにかラストまで初稿を書き上げ、余力があれば公募用に一作品くらい書き下ろし、コラボ侍の短編集を書きたいなと思っています。

あくまでも予定。
ただし魔宝樹の鍵だけはどうにか達成させたいです。

本編が書き終わった後は、短編を書き下ろし、アフターエピソードを書いて、本当に完結ですね。
ひたすら書き続け(もしくは改稿したり)、キャラを愛し続けるのはいいのですが、あまりにも愛を傾け過ぎると先に進めないので、プロットは伸ばさずに予定通り終わらせます。

その後は完結したら言いますが、たぶんこんなに長い小説は書かないと思います。
自由に時間を使える立場でもなくなるので。

完結した時、何を思うのかな。
既に感じるところはありますが、完結した時にはっきりとわかるでしょう。


さて、引き続きリディスたちを追い続けたいと思います!

それでは!
スポンサーサイト

『魔宝樹の鍵』番外編 連載開始!

名古屋オフ会レポ!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)