こんばんは。灰色の毎日を送っている、桐谷です。
ついったは見ているのですが、呟く気力もネタもないので、だいたい呟いていません←
いつかこの色が虹色の色づくよう、今は日々頑張ります。


さて、のんびりと連載している小説の更新報告を。

超長編異世界FT小説『魔宝樹の鍵』第6章 動き出す時の針 3,彷徨う銀色狼(1)更新しました。

「僕の目的は魔宝樹を戻すことだ。そのためならどんなことでもする」
銀髪の青年は冷めた目で言い放った。


第6章はあの人にもスポットを当てています。そのうちの1話という感じです。
いつもとは違う雰囲気とノリで書いたので、少々難しかったですね。
どうなるんだろう、本当に……。彼の運命はどうなるのかな……?
いや、一応考えてはいますけど、実際に書いてみないと、リアルな描写ができないので。

そういえば、第5章までPDFを印刷したのですが、それはそれは膨大な量になりました。
時間はかかりましたが、紙ベースはいいですね。
まあ最終的に今回刷ったやつは、捨てるのでしょうが(修正する可能性が高いので)。



さてはて、更新報告はこんなところで、いよいよバリ島旅行レポラストとなります。
たしかケチャックダンスからだったかな……?
テンションが異様に高い、あれですか……。
ご興味のある方は、追記にて!





****************************

まず、ケチャックダンスとはなんぞやとですが……

『バリ島の数あるダンスの中で最もユニークな踊りです。
猿に扮した約100人の男性による「チャッ、チャッ、チャッ」という大合唱の中で物語は進行します。』


とりあえず次の写真を見てください。

バリ島18

何なの、この大量の男たちは……!!!
子供から、かなりご老体の男まで大量に……!!
この人たちが舞台の上に100人くらいいるわけですよ!
しかも、「チャッ、チャッ、チャッ」……って!!
この動画とか、聞くと、よりわかるかと思います。

バリ島19

まあ周りにいる男の人たちを除けば、普通の物語なんですけどね。
お姫様が悪い人にさらわれてしまって、それを王子様が助けに行くという、ベターな内容。
なのに、周りの大合唱のおかげで、なんともシュールでインパクトの強いものに……。

無事に物語が終わると、なぜかまた別のダンスが。
サンヒャン・ドゥダリダンスと呼ばれる、元々バリ島に伝わる、悪霊や病気を避け村人の健康と幸せを守るための真正な儀式の踊りだったものです。
以下の写真に少女がいるのですが、この子達が可愛らしく踊ります。
まあ、バックの「チャッ、チャッ、チャッ」は続きますが←

バリ島20

その後、サンヒャン・ジャランダンスと呼ばれる踊りへ。
トランス状態に入った少年が、炎の上で踊るものです←

バリ島21

超熱そう……てか、危ないよ!!!
そう心の中で叫びながら見ていました。
なんだか、テンションおかしくない……!?

……とにもかくにも、実際に見てみるとすごく印象に残るダンスでした。唖然という言葉がぴったりです(笑)
バリにいった際には、必ず見たほうがいいです。これは見るべきです、話のネタに、そして世の中は色々なダンスがあるということを痛感するために!?


さて、そんな感じで3日目が終わり、4日目の朝はスパにいって、全身リフレッシュをした後に、バリ島でもっともにぎわっているクタの市街地へ。
スパはいいですね、しばらくお肌がすべすべでした(笑)
クタは本当に栄えていました。そごうがあって、ある意味安心したというか……←
さて、少し歩くと海岸が見えてきました。

海岸の入口。
バリ島22

2日に行った小島と比べると、さすがに人でにぎわっていましたね。
近くに学校があるのか、帰りがけの学生の姿もあったり。

バリ島23

人が多い海岸ですが、日本よりもさすがに全然綺麗です。
日焼けをしている人もたくさんいましたね。
とってもグラマーなお姉さんに集合写真を撮ってもらいました(笑)

バリ島24

ほんのり哀愁漂う一枚。
空も海も砂浜も、本当に綺麗でした。

最後におまけ。
バリ島25
帰りのフライトで夕陽が見えたので、窓際に座っていた友達に頼んで写真を撮ってもらいました。
旅の終わりです。そして再び私は現実世界へと戻っていくのです……(遠い目)


以上、ざっくりとですが、バリ島レポでした!

かなりおおざっぱに写真だけアップし、どちらかというと自分のメモ的な感じで書いたので、良さが伝わりきれなかったと思いますが、ご飯も美味しく(ただし念には念を入れて、生野菜、フルーツ、生水は一切とりませんでした)、海も綺麗、ダンスや風景など日本では見られないものがたくさんあり、楽しかったです。
ナシゴレンとミーゴレンを食せば、これであなたもインドネシア食通に!←


まあ難点と言えば、移動時間かなと思います。
日本からバリ島への直通便(7時間)に乗れれば、まだ良かったのですが……。
シンガポール経由で7+3時間くらい。飛行機に乗り慣れていない私には、ちょっとしんどかったです。


初南半球、楽しかったです!

スポンサーサイト

沖縄レポ①

バリ島レポ②

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)