※活動報告と同内容となっています。
 多少記事の内容に付けたしたかったのですが、時間がなく……(汗)
 節目と思い、こちらに転載します。


早いもので『小説家になろう』に登録し、ネット小説の処女作である『虹色のカケラ』を投稿してから、5年が経過しました。
ここ数年はリアルも創作活動も充実していて、本当に月日が流れるのが早く感じます。

本当は何か記念短編でも書きたかったのですが、創作関係にさける時間が、今連載している小説の推敲や執筆でいっぱいなため、活動報告に記事としてだけ残させて頂きます。

昔から小説を書くのは好きであり、ノート等によく書いていました。
小学生の時に書いた物語らしきものを入れると、だいぶ長く書いている方だと思います。
当時の読者は数人の友人くらいで、執筆自体も今のように定期的ではなく、よく止まっていました。

そんな風に月日は経過し、PCを自由に使えるようになってから、ネットに小説を投稿しようと考えました。小説家になろうと、あと一か所考えていましたが、検討した結果、ここに落ち着くことになったのです。
……当時の自分は思っていなかったでしょう、まさかこんなに小説を書く人になるとは(笑)

登録した当時と、小説を書く想いは変わっていないと思います。
『誰か一人でも読んでいただいているのなら、どんな小説でも最後まで書ききりたい』と。
まあ第一の読者が自分だと思っているので、自分の気力が続く限り、書くことになると思いますが。
もちろんブラウザ越しに読んでくださっている方の応援もあり、書き続けています。
本当に感謝をしています。ありがとうございます。
まず自分のために執筆をと思っても、あの時感想を頂いていなかったら、書くのをやめていたかもしれないという状況もありましたね。
けれど、私は今でもこの場にいるのは、目に見えぬ読者さまたちのおかげでしょう。

一方で、この5年間で交流の方もチキンの私としては、かなりさせて頂いています。
創作の話を恥ずかしげもなく自由にできる方々と出会えたこと、またその方たちの小説を読むことで、日々良い刺激を受けています。
今、参加している『ティル・ナ・ノーグの唄』企画は、特にそう言えますね。
自分の小説の練りこみの甘さなど痛感しますが、今後は刺激を受けたものを吸収して、さらによりよい新しいお話を書き続けていきたいと思います。ただ一人で書き続けていたら、そのような心情にはならなかったでしょう。

――この5年間、色々とありました。
ネット内に小説を投稿して、上記のような楽しかったり、嬉しいことはたくさんありました。
ただ同時に苦しくて、悔しかった出来事も経験しました。ネットの隅っこで活動している私でも経験してしまうのかとも思いましたね。
自分が創り出したものが、他者の手によって、さもその人が書いたように涼しい顔をして振る舞われることが、これほど辛かったとは。
――まあ既に対処済みで、以前ほどは憎悪の感情は出てきませんが、それでももやもやとした感情は一生消えないでしょう。
あれは今後もネットで投稿する限りは付きまとわれることだと思うので、それを意識し、覚悟するためにも、このように節目の時に言葉として残しておきます。

5年も経てば、周りも変わってくる。
小説家になろうはリニューアルをしたし、ランキング上位の内容も様変わりし、交流のあった人が退会もしました。
私も無意識のうちに何かが変わっているかもしれませんし、今後の創作活動にさける時間がどうなるかはわかりませんが、『書き続けたい』という想いだけは、常に抱いて行きたいなと思っています。
まずは『魔宝樹の鍵』をきちんと完結できるよう頑張ります。


長々とお読みいただき、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

【注意】ネタバレ有り!!の四コマ

イラスト小説『天色の連鎖反応』

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)