お久しぶりです。
浮上したり、しなかったり、その間に色々ありつつ、とりあえずネット活動には微復活という状況になりました。
本当は清々しい気分でこの記事を書くはずでしたが、リアルの方で非常に不本意な結果をだしてしまったため、今後1年ぐらいもネット活動は縮小気味にします。
まあ、今までツイッターであれ、ブログであれ、ここ数年は活動しすぎていたかなと思ったりしているので、この際だから緩い活動に切り替えようかと。

今年はゆるゆる息抜き程度に小説を書きつつ、来年になったらまた活動は凍結状態になる予定です。

あれだけ戻ってきます宣言しておいて、微妙な感じの戻り方で申し訳ありませんが、どうしても今後の人生のリアルを妥協したくなかったため、もう1年頑張らせて頂きます。

以上、軽いご挨拶でした。

ネット活動はあまりしませんが、今後もよろしくお願いいたします。



追記はもう少し突っ込んだ状況。
長いのでよっぽど私自身に興味がある人のみ、どうぞ。





……だいぶ色々ぶっちゃけて記事書きますのであしからず。


実は私、就職するにあたって、某試験を受けている身であります。
その受験勉強の為、ネット活動は数か月控え、試験をいくつか受けましたが、現時点で残念ながら非常に不本意な結果に終わっています。

原因はわかっています、ある教科の点数が伸びなかったこと。
どうにかなるかと思いましたが、間に合いませんでした。

ある試験ではギリギリのところで落とされ、とりあえずその日はひたすら泣きまくり、2、3日くらいぺしゃんこに潰れた状態でした。
ある日のツイッターで書き置きめいた台詞を吐いたのは、そんな状況だったからです。

それからどうにか身を起こして、友達や先輩、就職課の人から話を聞き、そして両親と話し合って、今後の指針を決めました。
……いえ、初めから自分の中では決まっていたんですけど、踏ん切りがつかなく、誰かに背中を押して覚悟を固めたかっただけなんですけどね。

もう1年――つまり来年も頑張ることにしました。

実は某試験、規模の小さいところまで見れば秋までやっています。むしろ秋をメインにして勉強をしている人も少なくない試験です。
もし秋の試験が合格したとしたら……という可能性も残っていますが、果たしてその仕事内容的に自分が納得できるのだろうかと問いかけたら――少し違うなと思うのです。
きっと仕事を始めて続けていれば、やりがいも見つかるだろうし、ここで良かったと思えるかもしれない。今は転職という手も当然としてある。
けど、初っ端をもやもやした状態で仕事に望みたくないんですよね。

妥協して一生を過ごすかもしれない職場を選ぶのなら、1年頑張ってやりたい仕事ができる職場を選びたい――それが私がここ数日、打ちひしがれても出した結果となりました。

正直まだ躊躇っている部分もあります。
周りはいいところの企業から内定をもらったり、納得した就職活動を終えているので、そんな中でまた勉強を続け、周りが仕事で頑張り始めたときに、試験を受けまくる状況になる。
極限状態の精神になるんじゃないかな……(笑) そういう状況にならないために、早めに試験対策を再本格化させて、ある程度点数あげたいのです。

来年はもうとにかく試験は受けまくって就職します。
ただこんなご時世、就職できる!と言い切れないのが辛い所ですが(汗)

けど不思議なことに、来年も同じ状況になるとは思えないんですよ。
たぶん大学受験も1度失敗したけど、翌年はかなり成績上げて、志望校に入った経験からだと思いますが。
――だから大丈夫、私ならいけると信じて、もう1年頑張ります。


そのため小説書きやネット活動は試験が終わるまでは、引き続き縮小状態にさせて頂きます。
今年くらいは息抜きに、リアルや試験勉強の合間に、小説を書く予定ですが、来年は小説はほぼ凍結の予定です。魔宝樹の鍵は隔週くらいの更新に切り替え、1章を半年以上に渡ってお送りしようかと、思っています。完結は……だいぶ先になって申し訳ないですが、完結はしますので、まったり待っていてください!

そして来年は、本当にたまーーについったで呟くくらいになりそうです。
今回の反省の1つとして、年明けもまだまだ活動していたのも要因かなと思ったり……後悔はしていません……自分の実力不足なだけなので。


ということでグタグタ書きましたが、とにかくリアルを頑張ります。
もう1回与えられた、そして最後のチャンス、大事に使って、納得する結末を迎えます。

……体調管理には気を付けて。←疲れとストレスで、偏頭痛や口唇ヘルペス等に悩まされた人より

こんな私ですが、今後もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

空想科学祭FINAL参加作品『光の道の彼方へ』

【重要】活動休止します。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)