残すところ、今年もあと数時間で終わりですね!
今日も実験のためにちょこっと大学に行ってきたわけですが、全体的に人の量が少なかったです。やっぱり皆、家で大掃除とかおせちを作っていたりするんですかね!?
私の大掃除とは言うと……、ほぼしていません。捨てようと思っても、やっぱり卒業してから一気に捨てようかと思ったり、家にあまりいないため時間もなかったんですよね(汗)
卒論を終えた3月に数日かけて大掃除します……。


さてさて、今年も最後というところで2010年を少しだけ振り返ってみます。
予想はしていたけど、2010年は部活、研究、たまに小説! でした。

部活というか卓球は1月から9月、特に8、9月は割と忙しくなってきたのにもかかわらず、ほぼ突っ走りましたね、4年生なのに、なんで先輩こんなに練習しているんですか……みたいな(笑)
去年出られなかった試合は後輩たちのおかげで無事に予選突破、ちょっといろいろあっておこぼれでその本選に出られたのは、負けたけど本当にいい思い出ー! ありがとう!!
他はまあぼちぼち、もう一息頑張れば勝てた試合もあったのは残念だったけど……。
この前なんか、部活で毎年作っている冊子で色々とつづろうとしたら、涙涙で書き進まないという展開で、締め切り間に合うのかよって状態です。
私、卓球が好きなんだなーって改めて実感しました(笑)


研究はトラブルもあったりして、本格的に始めたのが秋始めという、とても遅い状態。けど研究室の同学年の方が、もっと遅いのですが皆さん大丈夫?
だから秋まで卓球をやっていても、実はあまり影響がなかったのさ……(笑)
一応、予定通り実験は終えて、データも取り終えそうなので、あとは論文にまとめるだけです。1、2月はがっつりパソコンと向き合いますよ。


小説は長編、短~中編、短編と計3作、やはりあまり書けませんでしたね。連載をしていなかったのもあるのか、切羽詰って常にコンスタントに書くということがなくなり……。
けどそんな中でも、とりあえずトライ精神で突入していったことに関しては、趣味として物書きをしているものとしてよき思い出です。次は……気分と調子と相性が合えば、学生のうちにあと1回くらい挑戦してみたいです。やっぱりどちらかというと、物書きは趣味の方が強いのですが……。
昔からずっとやろうと思っていた、脚本を完全リメイクした「夏の太陽の下へ」がやっぱり一番思い出深いのかな。
「キズナミギ」も部への想いとか、少しだけ神話を元にしたとかという点では、ただの青春小説だけでは割り切れないと思う。もう少し時間と文字数があれば、かなり広げられたかも。
そしてまさかの短編異世界ファンタジー「見習い騎士の転換点」を書いてしまったよ。もはや今までの私の中でもっともライトな感じかもしれない……。こういうのが本当のライトノベル!?

他は執筆はしていないけど、「虹色のカケラ」、「夏の太陽の下へ」、「キズナミギ」をせっせとHPに移行したことくらいですかね。虹色のカケラはもう時間がかかって、大変でした……。まあ地味に背景を変えるのは楽しかったですけどね!
そして、年末に私の中で色々とひっくり返るくらいの事件にあわされ……、全然解決はしていないけど、とりあえず心持は落ち着いたところです。
あと、今年の執筆は主にポメラだったというところですね! 見直しとかはパソコンですけど、初稿はひたすらカタカタあの小さい画面に向かってやっていました。そして電車の中で執筆というスキルも無駄につけてしまったのでした(笑)


皆様、今年もどうもありがとうございました!
小説もあまり書かず、交流もしていませんでしたが、水面下で活動してこられたのは、皆様のおかげです。
こんな私ですが、どうか来年もよろしくお願いします!

では、よいお年を!!

スポンサーサイト

今年もよろしくお願いします。

小説書きを問い詰めるバトン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)