ちょっと忙しいフラグが付いている月末です。ということで、今回のブログもさっくりと、瑞木救済計画と報告だけを兼ねて。


えっと、まず最近は研究室で地味に英語の要旨を書いていました。一応書き終えたので、あとは先輩とかに添削してもらいます。同じような表現や単語ばっかりだな……っと思ったけど、まあいいや、初めてだし(笑)
次はゼミのパワポを仕上げなくてはいけません。うわー、あと2日間、ゼミと実験の合間で終わるかな。本当は家でやりたくないんだけど、たぶん焦りつつも仕方なくやっていそうです。現に英語の要旨も電車や家でも書いていたし……。

実験も、あと1か月半で中間発表なので、それまでに少しはデータを出さなくてはなりません。……やばいよねえ、私の実験、地味に時間かかるのにー!

というわけで、今月末に限らず、来月もちまちまと、そして11月の上旬は絶対慌ただしリアルを送っていそうです。なぜなら上旬に文献ゼミの発表と中間発表と英語のポスター発表があるから! 消えるときは、適当に叫んでから消えますね。


 * * *


ちょっと以下、ぶっちゃけご報告について。





超ぶっちゃけ発言をすると、実は春先に書いた「夏の太陽の下へ」を初めて公募に出していました。
ほんの少しの実力試しと新人賞相手にはどれくらいの評価が出るのかなーっていう、軽いノリと一度くらいはやってみようという記念的に。それにしても5月とか、決して暇なわけでもないのに、軽いノリとかでできるかよ……!

結果は……言えるものではないです(笑) ただ、そこの公募先、評価シートをくれるのですが(というか、それを狙って出した)、その評価で少しはにやりとしました。
……とりあえず、文章力はそこそこあるようでよかったです。それを確認できただけでもめっけものとします。ストーリーとかは昔書いた原作脚本を大幅に崩したくなかったのでしょうがないという意味もあって、評価のコメントは素直に受け入れられました。あとはあれですね、レーベルによりますが、ちゃんとそこにあった内容を書けってところかな?
公開はご遠慮してくださいとあったので、読んだ感想のみお届けしました。


つらつらと何十文字にも渡る小説を書くのが好きですが(虹色のカケラがいい例)、ちょっといろいろとやりくりして10万字程度で書き上げる公募も悪くはないと思いました。また時間等があったら、トライするかもです、今度は公募先のレーベルとの相性とかから内容を考えて。


さーて、大学の文芸賞のコメントはどんな感じなのかな~。学園祭にそのコメントが載った冊子が配布されるので、それまでドキドキしていそうです。
いつも学園祭は部活の公開練習(と名のついた、ただの練習)とか試合の応援に行っていたので、特に思い入れはないのですが、今年は研究室でお店も出すし、自分が少しでも関わったものが冊子として配布されるので、少し違った3日間を過ごしそうです。余裕があれば公開練習も参加したいけど、果たしてどうなることやら。というか、4年目にして、まともに学園祭に関わるなんて……!



そんなわけで、以上、ご報告でした♪
新作の内容も温めたいのですが、その前にゼミとか実験とか頑張ってきます!
ではでは。
スポンサーサイト

前座というところで

「キズナミギ」完結

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)