日曜は試合で、昨日も体育があり、何だか変なところが筋肉痛になってしまいました……。
20歳過ぎてから、こんな発言ばっかりな気がする(笑)
試合は、逆転負けもして悔しかったですが、一試合は納得できるのができてよかったです。例え上手い子が入学して来ても、そこであっさりと自分の座を渡さずに、最後まで頑張りますよ!


最近、ぼちぼち執筆再開しようかと思っています。
来月にはポメラでカタカタして、書ききれば、なろうにアップしようかと。あ、HPと同時並行もいいかも。そこら辺は自分の余裕を見て判断します。


さてさて、またR-Eさまのところからバトンをゲットしてきました。
その名も創作作品暴露バトン。
かなり暴露しています、ネットに上げていないもの中心に。
そして、かなり×100長いです!!!
ポメラでちまちま打っていました。本当に暇な人だけどうぞ。

ではでは、追記へ……。





創作作品暴露バトン

一次創作を少しでもされている方はスルー不可です。人によってはとても長くなりますが頑張って答えましょう!

■あなたの作った創作作品のタイトルを完結・未完結関係なく全て挙げてください(脳内設定も全て)一つでも漏らしてしまったらあなたの子供たちが哀しみますよ?
※タイトルがない場合は(仮)タイトルをつけてください。


細かいのを入れるとそこそこ多くなるので、文字数的に多そうな5本をピックアップ。

・TIME CROSS TRAVEL
・星は願う
・虹色のカケラ
・心のメロディー
・Afternoon tea

上三つは超長編、下二つは短編くらいの分量です。
虹色のカケラと心のメロディーのみ、ネットにアップしています。


■その物語の簡単なあらすじをお願いします。

TIME CROSS TRAVEL
冒険異世界ファンタジー。
主人公達がひょんなことから魔法の玉という、魔力のこもった玉を集め始め、その途中で時空を越える旅もできるようになり、様々な時代の仲間と共に冒険する話。割と玉自体はすぐに見つかるが、それは仕組まれたことであり、最終的にはそれを仕組み、魔法の力を手に入れて、世界を支配しようとする人を倒す話。

いわゆる処女作。小・中学生の頃に書いた、もう誰にも読ませられない小説。。原始から未来へ飛びまくる話で、あるゲームの影響を受けた結果、書き始めた経歴あり。ただし、中盤くらいからはその影響はあまりありません、たぶん。


星は願う
異世界or未来ファンタジーより小説。
設定をしっかりすれば、SFも不可ではないと思っているが、今の内容では無理。魔法は一切なしで銃はそこそこ出てきます。
100年前に起こった戦争によって汚された地球環境を改善しようとする団体と、人間の進歩のみを考えている団体との対立の中で、環境改善施設爆破事件に巻き込まれた女主人公が、助けられた男主人公と共に、星を守るために、そして好きだった人を助けるために奮闘する話。
様々な地域の現状を見て、危機も乗り越え、ついに彼女が好きだった人と再会した時、小説は話の核心へ向かいます。

今までの作品の中で、シリアス度が一番高い作品。主張度も高め。環境問題と戦争を混ぜたりしたが、結局どっちも消化不良なのが、残念だった点の一つ。けど、心情の展開は気にいっています。


虹色のカケラ
おなじみの異世界ファンタジー。
魔法が当たり前に使える世界――、魔法を管理している人々と魔法の力で国を支配しようとしている人々の抗争の中で、主人公二人が出会うことにより、今まで謎に包まれていた魔法の真実が明らかになる話。
その明らかになる過程で、苦い思い出を消化し、少しずつ二人の関係も縮まっていく。じれじれ恋愛も展開しつつ、他の登場人物も活躍している……はず。

今まで書いた小説でもっとも長い小説であり、初めてネットに投稿した小説。
65万字強、書き抜いた自分をほめたい。


心のメロディー
青春恋愛小説。シリアス強め。
ピアノを弾くのが好きな少年と、音楽を聴くのが好きな少女が出会うことにより、閉ざされた少年の心が徐々に開いていく話。
中学生の頃に書き、昨年リメイクした小説。当時、無性に音楽が絡む小説を書きたかったために執筆し始めた。元はバイオリン設定で(色々考えて、リメイク時変更)、ここだけの話、密かに憧れていた人が弾いていたのを見て、そういう設定にしたとか。……若いねえ。


Afternoon tea
青春恋愛小説。珍しくシリアスとコメディが半々。
中学時代の演劇の原作脚本をしたときのもの。これ、近くに小説用に書き下ろそうと考えているため、軽めに紹介。

ある喫茶店を舞台として繰り広げられるドタバタコメディを意識しつつ、シリアスも入れた感じの話。淡い恋愛模様や、切ない恋愛模様など色々と。
文化祭での演劇コンクールで、やはりシリアス強いと生徒の票が集まらないよと思い、慣れないコメディを入れたため、第一稿は当時でも今でも読み返すと苦笑い。
……無理に笑いを取るべきではなかった。


■作品のイメージソング(またはどんな感じの曲か)を教えてください。

TIME CROSS TRAVEL
アクティブ系な感じだったかな……。昔過ぎて、覚えておらず。

星は願う
割と暗めで、どっしりとした感じ。コミカルではない、間違いなく。特にこれといったものはないです。

虹色のカケラ
うーんとですね、色々なゲームのサントラを聞きながら執筆してたので……。その時の小説内の雰囲気によって変えています。つまりシリアスもあり、しっとりもあり、そんな感じです。

心のメロディー
これをリメイクしているときは、ずっとショパンを聞いていました。だからイメージはピアノ関係で、ショパン中心。

Afternoon tea
演劇の際は、生演奏でバイオリンとかピアノとか弾いてもらったんですけど、曲名忘れました(汗)
やわらかく、どこかに伸びる温かな感じだった気がします。


■物語のテーマやコンセプト、どういった経緯で作ったのか教えてください。

TIME CROSS TRAVEL
処女作ですから……(笑) 脚本っぽい書き方をしていたある話を、地の文を入れて小説を書いてみよう、あと時を超える話を書いてみたいなというノリから始まったはずです。
テーマはうーん……たぶん最終的には決まっていた運命を打破したい感じ? ノートに書いていたのですが、4冊目(最終巻)が無くされたため、何を考えていたのか、よくわからないのがぶっちゃけか。自分の中では完結しているのに、表面上では未完だなんて……!


星は願う
たぶんネットにアップする気はないので、曝しちゃいます。自分自身または素直がテーマ。
女主人公がとにかく素直じゃないんです。男主人公が好意を持っているのに気付きつつも、彼女自身の心情に蹴りを付けるために、昔の彼氏に会ったり。そこで絶望を思い出したり、経験したりするけど……。
環境問題を絡めたいと思い、あと素直じゃない主人公を動かしたく始めたけど、結局後者の方しかできませんでした……。


虹色のカケラ
表面上のテーマは魔法について。裏面のテーマは探ってください。当たり前に魔法が使える世の中で、魔法があんな状況になったら、一体人々はどういう行動にでるのか。個々にあることを突きつけられたことで、どういうことをするのかとか。
とりあえず魔法を軸に話を進め、今まで入れなかった内容を入れたりしました。自分の中では盛りだくさんの話です。


心のメロディー
テーマ的には自分らしく生きるということ。星は願うと似てますね。
さっきも書きましたが、とりあえず楽器を入れたい、そして普通の現代を舞台にした小説を書きたいというのが始まり。あとはノリであると思う。


Afternoon tea
テーマはこれから書くので、流しておきます。
これもさっきでも言ったけど、演劇用の脚本で、コメディとシリアスを半々くらいにしたかったから、そのような内容になった。あと、場面転換で背景転換をするのが難しいので、喫茶店のみを舞台にしたかったというのもあったりした。


■では、その物語の主要人物を簡単な設定付きで全員挙げてください

多すぎて、もう気が遠くなってきました(汗) かなり略して書きます!


*TIME CROSS TRAVEL
・ミーズ
魔法を使え、時を越える力を操れる女主人公。明るく元気だけど、実は寂しがり屋。
かなりきつい設定を与えました。途中で記憶喪失になったり、両親が操られていたとはいえ、敵対していたなんて……。

・ラルタ
結構天然で、単純でからかいやすい男主人公。一応、剣術の心得はある。実はすごいやつだったり!?
ミーズが悲劇過ぎたので、こいつはかなり楽観主義的になってしまった。なかなかボケまくっています。

他に、姫様のリーノやその幼なじみのシーフのラークとか、おちゃめな忍者娘カヌとか、その彼女に好意を寄せている弓矢の名手のシャラとか……活躍していたらしい。ああ、カオス……。


*星は願う
・ソフィナ・クレセント
超真面目で頭がよく、割と頑固な若手研究員。弓をひいたり、銃も若干使えたりする。
幼い頃に両親が目の前で殺されるというショッキングな状況を目の当たりにしたため、その頃の記憶は閉じられている。

・エルフ  
単純で、決めたら一直線の男。剣道とかそういうのはやったことがあるため、体力はあるほうだけど、その利点がほとんど表に出ていない、ある意味可哀想な主人公。
ソフィナへのアプローチはなかなかのもの。ソフィナが元彼を気にしているのを知っていても、怯まないもの(笑)

他に、ソフィナべったりの兄貴のスコピエや、恋愛に一途なラパス、ソフィナの元彼ウィズムなどがいます。


*虹色のカケラ
・シェーラ・ロセッティ
風の魔法を操る娘。明るく元気でおっちょこちょい。融通が利かない頑固もの。
父親や先生を失ったりと、これまた苦い経験があり。戦闘能力は高め。自分を省みない、無鉄砲な性格でなければ、きっともっとガンガン仕事を任されただろうね。

・クロウス・チェスター
剣術が上手く、非常に戦闘能力が高い青年。あまり語らず、引っ込み思案がち。しかしとても優しい空気を羽織っている。
親しかった女性を失ったりと、珍しく男主人公では暗めの経歴の持ち主。恋愛に関しては一番鈍い。

他に、祈りの少女のイリス、己の道をひた走るアルセド、若き長レイラ、情報屋スタッツなど、詳しくは登場人物紹介ページで!


*心のメロディー
・霧川秋谷
ピアノを弾くのが好きな中学生。本当は優しいけれど、それを他人に対して上手く言えなくなっている。訳ありで、家でピアノが弾けない。

・静山千春
音楽を聴くのが好きな転校生。普段は大人しいけれど、いざとなると積極的になる。


*Afternoon tea (簡単に)
・松原義樹……単純で、恋愛には一直線な少年。ボケ要員。
・高山光二……しっかり者の少年。義樹のつっこみ役。
・池中恵美香……非常に可愛らしい容姿の少女。イメージ色はピンク系。
・静山水菜……マイペースな少女。イメージ色は寒色系。
・洋さん……喫茶店のオーナー。とても人がいい素敵な人。


■上記に挙げたキャラの台詞を挙げてください。

多すぎるってーーーー!! ちょっと脚色ありで。

*TIME CROSS TRAVEL
・ミーズ 「……私は戻りたい。みんながいる、あの時へ――」
・ラルタ 「俺が心配しているのは体じゃなくて、心だ! また無理して魔法を使って、今度こそ死んだらどうするんだ!」

*星は願う
・ソフィナ 「私がこういう性格だからかもしれないけど、とにかく自分を追い込んで、そこからはいあがらなきゃ悩みを解決したなんえ言えないわよ!」
・エルフ 「いつまでも立ち止まってていいのか? 過去を振り返るのはきりがない。けど。未来を見つめるのはもっときりがないんだぞ」

*虹色のカケラ
・シェーラ 「感じて下さい、私の風を。明日へ続く果てしない想いを込めた風を――」
・クロウス 「辛い過去を悩みながら見つめて行き、それから未来を創っていくことが生きて行く者の一つの決断じゃないのか!?」

*心のメロディー
・秋谷  「人間って本当に小さな存在だな……って感じる。だけどそれでも一つ一つの命は精一杯生きている……」
・千春  「二人の想いが混じり合って、それが音を紡いでいるんです。温かく癒される音が。きっと皆の心に素敵なメロディーとして響きますよ」

*Afternoon tea
・誰か 「人生は長いんだ。大事なのはよく言うように、失敗を次にどう生かすかが重要だよ。それに、今を一生懸命生きた方がいい。今しかできないことはあるから」


■貴方のお気に入りのキャラベスト5を作品名を添えて挙げてください。

1、シェーラ・ロセッティ (虹色のカケラ:おそらく一番自分と性格が近いから)
2、ソフィナ・クレセント (星は願う:私の暗い部分を被せた少女だから)
3、ミーズ (TIME CROSS TRAVEL:一番最初の長編主人公だから)
4、イリス・ケインズ (虹色のカケラ:なんか好きです)
5、レイラ、エナタ (虹色のカケラ:格好いいお姉さま好きです)

あとはキャラとしては、兄バカのスコピエや一直線野郎のアルセドは使いやすいです。
もちろん男主人公の、クロウス、ラルタ、エルフもそれなりに好きだよ。


■あなたの作品の傾向はどんな感じですか?(恋愛・現代・ファンタジー・歴史・シリアス・SF・ミステリー・BL…など)

ファンタジー多めです。若干恋愛も絡みながら。他は現代青春かな、そんなに強くない恋愛入れている。


■貴方の作品の中で公開しているもの、またはする予定のものはありますか。作品名も添えてお願いします。

小説家になろうやサイトの方で公開しております、今回あがった一部は。
今後はまずAfternoon teaを小説として書き下ろしたい。


■今後どんな作品を作っていきたいですか。

誰かの心に想いが届くような小説。もちろん作品を楽しんでいただければ嬉しいですが、主張もしっかり受け取れるようなのを書きたい。


■我が子たちに一言どうぞ。

今までお疲れさまの人、これからもよろしくの人、本当にありがとう。今後も素敵な我が子を生み続けていきます!


■お疲れ様でした。では最後に回す方をどうぞ。

ぜえ、ぜえ、ぜえ……。
もちろんフリーです。壮絶にフリーです。
もしキャッチしていく人がいるのなら、覚悟しましょう、時間が滅茶苦茶かかります(泣)

トータル文字数5000文字越えですって。小説一本書けるわ!



------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=40005
------------------

スポンサーサイト

またしても作りました。

得るものと別れるもの

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)