結構前に頂いたのですが、PCにじっくり触れられる時間がなくてこんな日を過ぎてしまいました……。


早速ですが、実はですね、
かみおさまに「心のメロディー」の表紙イラストを描いて頂きました!

またしても、かみおさまがイラスト依頼をしている所と目ざとく発見した私は、我慢しようと思いましたが……、誘惑には勝てず、依頼をお願いしました。
今回は虹色のカケラじゃないです。中編小説の心のメロディーのイラストです。冬にしこしこ書いて、FC2のコンテストなんぞに出したあれです。

ひとまず、素晴らしき美麗イラストをご覧ください!!


心のメロディー

すっ素敵過ぎる。
青春だ……!
とても爽やかなイラストです。あのほのぼのした小説をばっちり合っていますよ!

ちなみに小説はこちら。

心のメロディー
~あらすじ~
ピアノを弾くのが好きな少年と音楽を聴くのが好きな少女が出会ったのは、学校の端にひっそりと佇む小屋――。少年は少女と出会うことにより、埋もれさした自分としっかり向き合い始める。


何だか……、このイラストを見ているだけで癒されますね。心穏やかになりますよ。
虹色のカケラのときはカッコいいでしたが、今回は癒しって感じです。

本当にありがとうございます、かみおさま。
忙しさの中の潤いです。


さて、昇天しそうな感じのテンションの桐谷が以下に続きますので、お暇な人はどうぞ。






 * * *


以前から表紙絵が欲しかったのです。ですが、最近の基地の絵師さまはどうもキャラオンリーばかりで、頼むに頼めず……。あと、小説の内容的になるべくソフトタッチな感じがいいなと思い……、気がついたらかみおさまに頼んでおりました。
あまりかみおさまの現代イラストは拝見してなかったので、どうなるかと思っていましたが、もう……良かったです。

心のメロディーは以前に言ったとおり、7年前に書いた小説のリメイク作品です。たぶん現代を舞台にした短編では処女作かも……? ……読み返すのしんどかったです(笑)
そんな作品をイラストして頂けるなんて、当時の私は思ったでしょうか。もちろん思っていません。時代の流れか、小説家になろうに流れ着いた故なのか……、とにかく不思議な感じがしますね。

前の方でピアノを弾いている少年は主人公の霧川秋谷くん。小説は彼の心の変化がメインです。この表情はきっと過去のある出来事に少しは解放された時な感じです。微笑を浮かべながら何を弾いているのでしょうか。きっとあの時の様子だろうな……。
そして後ろにいる笑顔の少女は静山千春ちゃん。彼女の笑顔、言動に秋谷は色々動かされるんですよね……。この笑顔が眩しすぎて、眩しすぎて、色々あって凝視出来ないです。

背景は木々の中の小屋をイメージしたそうで、本当に私のイメージ通りです。
夕焼けや夜の星空など、随所に小説内の雰囲気が出ていて……、本当に書いて良かった、頼んでよかったです(><)!!

今度、イラストを見ながら、小説を読み返そうかな。何だか、初心に帰れそうな感じなので。



落ちついたら、心のメロディーの小説を整備しようと思います。このイラストをトップに持ってくるぞー♪

かみおさま、この度は本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

100話突破記念イラスト、成長?

祝! 虹色のカケラ第100部分突破!

comment iconコメント ( 2 )

美しい……!

かみおさま宅でもしみじみしていましたが、本当に、美しいですよねー!>< ほわっ、とします。ほわっと。ピアノの感じと背景の感じで包み込んでくれるみたいな雰囲気がすごい好きです(なんだこの語彙!
最近また基地に見に行くようになったのですが、そういえばキャラ描の絵師様が多いような気がします。どっちも好きですが。ときどきイラストを依頼したい熱がぐわわっと来るんですが、たぶんこうして素敵なイラストを見るのが火種になるんだろうなと(笑 私も欲しいー!!(笑

名前: 光太朗 [Edit] 2009-06-17 07:33

>光太朗さま

ですよね、美しいですよね! 優しい感じとなれるというか、背景がふわふわしていて、心穏やかになれるんですよ。その文章でも充分通じますよ!

キャラ絵も挿絵もどっちもいいですよね。それぞれの絵師様の個性がより出る方がいいと思いますが。イラスト欲しい熱、わかります。一段落して、ちょっと基地に行ってみると、何か素敵な絵師様がいる……! っと、思っていると、躊躇いつつも結局は依頼してしまうんですよ。
光姉さまもまた素敵なイラストを頂いていましたね。あの方のも素晴らしい!! 最近基地やみてみんに通うのが日課になってきました(笑) イラスト万歳です!

名前: 桐谷瑞香 [Edit] 2009-06-17 12:06

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)