こんにちは。 月に1回は活動報告を書きたいなと思っている桐谷です。
 早速ですが、先日短編を1本投稿しましたので、その宣伝をします。 

 『流水の管理者の一歩』 ハイファンタジー/1.5万字程度 
~あらすじ~
  望んでいない職場に異動となってしまった、テレーズ。受け入れられないまま新たな職場に訪れると、ほとんどの人が出払っている時だった。ちょうどその職場に関係する問題を起こした事業所を探している真最中だった。テレーズは先輩のバルドと隣の課のルベグランに連れられて、手がかりを求めて問題の事業所に訪れるが……。  迷い悩む女性が新しい地で奮闘していく、近代を舞台にした水に囲まれた町で繰り広げられる物語。

 お仕事奮闘ものと思いきや、事件解決に奔走する人間たちの話となっています。
魔法がほぼ絡んでいないので、ローファンタジーでもいいかなと思ったのですが、他の作品とリンクしているのでハイファンタジーにしました。 
ちなみに初めに考えたタイトルは「流水の管理者の事件簿」。でもそんなにテレーズが解決の糸口見つけてないな~と思い、却下にしました。
 文字数は1.5万字なので、さくっと読めます。短編で投稿しなかったのは、人によっては長すぎると思ったため、せめてもと思い3分割しています。

 これを書こうと思った契機が、①自分の心の整理、②文フリ短編小説賞2に挑戦してみたいなというものがあります。 
①については、まだまだ右往左往している現実世界の自分ですが、書いている間も推敲している間も、これしかないよな~と言い聞かせています。 
②は1万字少々なら書けそうだということで、応募しています。もしよろしければブクマしたり、ぽちっとしたりと、応援して頂けると大変嬉しいです……!!(応募期間を逆算すると、残り5日程度で時間がないですが!) 

……最後に、お気づきの方がいるかもしれませんが、水環の査察官のスピンオフ短編です。
未読でもまったく問題ないように書いたのですが、どうですかね……。単独で読んでも問題ないなら、何かを通じてちらっとお伝え頂ければ嬉しいです。  

* * * 

 次にメイン連載の近代冒険ファンタジー『水環の査察官を週1で更新し続けています。 
2-12 密やかなる侵入(2) 
2-13 密やかなる侵入(3) 
2-14 密やかなる侵入(4) 
2-15 囚われの魔女(3) 
2-16 魔術と魔法の邂逅(1) 

本日の更新分は人によってはちょっと苦手かもしれない部分かもしれません……。流血あり、危ない描写あったり……(魔宝樹や虹カケでも、こういうシーンはあったりするから、大丈夫かなと思っている)。女にとって危険な人物登場とだけ言っておきます。 
2-16からはラストまで一直線。色々と伏線ばら撒いていきたいなと思っているので、楽しんで頂ければ嬉しいです!! 
全4章構成の予定なので2章の終わりで、それなりに物語をひっくり返す予定ではいます。ただし魔宝樹ほどではありませんよ(笑)← 引き続き、どうぞよろしくお願いします!!  

* * * 

思いつきで短編を書くのは、今年はもう終わりだと信じて、諸々の原稿進めてきます……。 
それでは!
スポンサーサイト