『この小説を執筆するにあたり、最低でも一度は筆を置かなければならない時期がくる。それでもその後に再び手にとって、最後まで書き抜けますか?』


 ――これはあとがきと活動報告でも書いた言葉です。
 3年前のその時点では既に私生活が忙しくなるのが目に見えている。
 それでも書き出してしまうのか――と。
 私生活が落ち着いた、当時から1年半後に書き出すという手もありましたが、当時の自分は衝動を抑えきれずに書き出してしまいました。
 書き出したために2年前の涙に繋がったとは決して思いません。あれは完全に自分の実力不足です。
 むしろこの物語があったらこそ、私は書くためにネット界に戻ってこれたのだと思います。
 
 そして3年という長い年月が経過してしまいましたが、本日終章とあとがきを投稿して、ようやく完結することができました。
 これも読者や創作仲間のおかげです、本当にありがとうございます。


    約98万字  (PC版。携帯版はこちらから)

=あらすじ=
「生まれしすべてのものよ、在るべき処へ――還れ」
 世界創世の時代から存在し、人々に恩恵を与えている樹があった。しかしある日突然その樹は消えてしまった。それから月日は流れ、駆け出しの還術士の娘はモンスターに不意を突かれた所を口は悪いが腕は確かな黒髪騎士と優男の銀髪騎士に助けられる。その出会いが世界の転換点に続く鍵になるとは知らず……。
 魔宝珠を利用して様々な物を召喚する、大長編シリアス異世界ファンタジー小説。



第1章~第8章+番外編で構成される、約100万字に及ぶ大長編異世界ファンタジー小説です。
約3年間連載しましたが、半年×2回程度活動休止していたので、実質2年くらいかなと思っています。その間に他の企画小説にも手を出していたのですから、驚きものですね……(苦笑)

実は完結する日は年明けには決めていました。第8章の初稿が書けた辺りで。
他の小説も書いていないし、私生活の環境が変化するのであまり長々と連載するものではないと思い、最後は怒濤の連載をすると意気込みました。
こうして振り返るとあっという間でした。いよいよ今日が来たのか……やっと終わるのか、ああ良かった……と、考え深いです。


あとがきで真面目な小説に絡む話を、活動報告にて若干違う方面からの話をしたので、ブログに書く記事がないな……と思ったのですが、せっかくなので時系列的にだらだらとこの三年間を振り返りたいと思います。
私の暗い諸事情がちょこっと垣間見えるのでお気をつけください(笑)

魔宝樹の鍵は活動休止時代があり、全3クール構成で執筆したので、それごとにつれづれ書いていきたいと思います。
だいぶ長いです。4000字くらい書いたらしいので、読む方はお気を付けて(笑)


続きを読む
スポンサーサイト

今日も今日とて更新していました。
来週は月、水、金、土の週4回更新で、いよいよ終わりです!!
終わりですよ、皆さん。
文字数見てびっくりだよ! まだ終章は予約投稿していないので、正確な文字数は反映されていませんが、終章がまだ推敲できていませんが1.2万字程度なので、97.5万字の予定となります。

…………!!!!!!!

番外編や後日談も予定しているので、大台に乗るのは確実になりました。

色々と思う所がありますが、それは来週色々と吐き出したいと思います。

あとまたスパムブログを発見したんですよね。
淡々と処理していましたが、15日更新された分を16日にスパムされたのは、ちょっと切れそうになりました★


さて、追記にて今回もバトンです。活動報告の転載になりますので、ご了承ください。

続きを読む

こんばんは。

まず本日アップした活動報告とほぼ同内容のブログ記事となりますのでご了承ください。


さて、『魔宝樹の鍵』が大台に乗りそうな長さになってしまい、一度全体を見渡したいと思い、各章のあらすじを簡単に載せました。
大きなネタバレを避けているため、後半部分に行くにつれて、内容が抽象的に……。
まだ読み進めていない人でも参考程度に読めますので、よろしければどうぞ!
続きを読む

2014年3月末くらいから、5月上旬までアップしていた、拍手用のSSです。

紗綾さんが描いたイラストを元にした、ラブコメっぽい感じの緩い内容となっています。

本編がドシリアス過ぎて、推敲なしで書いた内容なので、割と粗があります……。

ゆるーい感じの、フリート&リディスを読みたい方はどうぞ!

続きを読む

魔宝樹の鍵』月間として、バトンやら色々と毎週活動報告にアップしたいなーの第1弾です。

先にこっちにアップしておきます~。
活動報告では多少中身を削るかもしれませんので。


かなり長いので、興味のある方だけどうぞ(笑)
続きを読む