今回は2作品について完結報告です。

まずはおなじみの連載小説の章完結から。
異世界ファンタジー小説『魔宝樹の鍵』第4章 緋色に染まる天地 が完結しました。

ヨトンルム領で様々な話を聞いてからミスガルム城戻り、その後の姫の誕生日会からの襲撃事件まで、半分くらいは息も止まらぬ展開になっています。
大きな伏線の1つである、あのこともここで回収したため……かなり勢いに乗って書いていた章とはいえ、しんどい章でもありました。これから読者の反応がどうなるのかが、ちょっぴり心配です。
……それなりにあからさまに伏線は撒いたので、納得はして頂けると思うのだが。
そして同時にまた新たな物語が紡がれ始めているので、その点でも大変でした。
つまり大変な章でした……これ半年前以上によく執筆できたものだ(笑)

ネタバレのお話は追記から。


続きまして、SF小説が完結しました!!

光の道の彼方へ ジャンル:SF 文字数:71000字

~あらすじ~
エネルギーを自供自足できる都市を選定し、実行する政策を開始してから三十年――その都市の一つである東波市の大学院に通っている君恵は、海外で若手研究者として活躍している学と出会い、久しぶりに大学に来た彼の道案内人を引き受ける。その途中、ある研究棟で変わった石を拾い、不思議な音が聞こえてくる光の方へ歩いて行くと――なんと六年前の過去に戻ってしまっていたのだ。やがて現代へ帰還するために奔走する中、二人にとってゆかりのある姉妹と邂逅する……。
優しくも切ない過去と現代を生きる人たちの物語。


そう……なぜSF小説を書いたかと言うと、彼の有名な空想科学祭りに参加しているからです!!!
ずっと参加したいなと思い、早5年、最後ですよーー!!と聞き、頑張って参加申請。
また最後ということで人がたくさん集まり、参加人数は91名になりました♪ 人たくさんいすぎーーー!?
読みたいなとは思っているのですが、半数近くが中長編(2万字以上)で、読破するのは無理かと思っています……。中長編で10作以上は読めるかな? 9月は前半が忙しいので手が回らなそうorz

まあ読む前に小説投稿ということで、ここ1か月くらい、かなり焦りながら書いていました。
本当は2万字の短編を考えていたのですが、このプロットを見る限り無理だと思い中編に。
8/19までに完結せねばならず、実質執筆期間は1か月程度。予定としては4~5万字を予定したいたのですが、最後のエピソードを付け加えたら7万字になりました(笑)
……自分の首を絞めました、もうしません、こんな無茶ぶり。
最後なんか1日7000字を平日で書いていたんですよー、いやー、何をやっているんだ、自分!
右翼左折もありまして、無事に完結しました。

現代ちっくな、近未来を舞台にしたSF風味の小説です。よろしかったらお読みくださいませ。


空想科学祭FINAL
↑企画サイトはこちらから

内容に関しては、ややネタバレ含みそうなので、追記に続きます。



***********************************
続きを読む
スポンサーサイト

連日、オリンピックで盛り上がっていますね!
時差8時間ということで、結構夜更かしして観ています(笑)

私は中学から卓球を続けていて、卓球が超大好きなのですが、準決勝で夜中にやっていたのも、寝て→起きて応援→寝るという、荒業を繰り広げて、勝った瞬間にはぼろぼろ泣いていました。
卓球からメダリストが出るなんて、こんなに嬉しいことはない。初めてメダルを取ったメンバーにずっと卓球界を引っ張っていた愛ちゃんが入っているなんて、何て素敵なことだろうか!!
卓球王国中国との差はまだまだ縮まりそうにないですが、また日本の卓球も新たなステージに立てたんじゃないかと思っています。
……っと、語り始めると止まらないので、ここら辺で。

しかしオリンピックと、空想科学祭の作品『光の道の彼方へ』を執筆期間中にぶつかったのは、かなり痛いです。
リアルぶっ潰して(昼間はぼんやり眠い)、書いて、見ていますから(笑)
こちらの執筆はどうにか間に合いそうで良かったです。

ちなみに連載小説『魔宝樹の鍵』が次話で4章完結です。あんな終わり方します、書いている方も涙物でした。


 * * *


さて、本題です。
2週間前にあった、総勢14名の「ティル・ナ・ノーグの唄 東京オフ会」について、描いて頂いたものを中心に披露しながら、だらだらレポを書いていきたいと思います。
くだらないことばっかり書いている、超主観入っているブログ記事なので、イラストだけぱーって見て頂ければそれでいいです!←
では、長文でスクロールが超長くなりますので、お暇な人はお付き合いくださいませ。


続きを読む

こんにちは。
オリンピックが盛り上がりすぎていて、SF小説がなかなか進まない人がここにいます。
完全締め切りまであと20日切りました。まだ初稿終えていないです、あと3~4話くらいの予定で、だいたい3分の2から4分の3は書けて、あとはラストエピソードなのですが……今、書いている話により前半部にだいぶ修正かけるはめになりそうです。
ほのぼの終えようとしたら、なかなか進まなく、気が付いたら少し狂った人を出したら、面白いように進んだので、それをもう少し中盤くらいに伏線として出したいので、修正かけないとな……。
すらすら進むときって、たぶん読者もすらすら読んでいる時だと思うので、もう少し頑張ってきます。


 * * *


さて、本当はてぃるのぐオフ会レポを上げようと思ったのですが、その前にこのイラスト紹介しないと! と思い、別記事で搭載。オフ会で描いてもらったものたちは、次のブログ記事にて、スキャンしてあげたいと思います♪

…………ということで、こちらをどんっと観てくださいませ!
クリック拡大推奨!!



かっこいい、お姉さんがここにいますーー!! 超かっこいい、凛としている、素敵ーーー!!! 表紙絵、表紙絵♪♪
おなじみ魔宝樹の鍵のリディスです!! 

てぃるのぐ企画で知り合い、クレイアのキャラデザをしてくださった、宗像竜子さんから頂きました!!
オフ会の時に羽田空港までお迎え(もとい朝っぱらからオフ会したかっただけ←)をするといったら、なんとお礼にと描いてくださったのです!
他の人も入れて計4枚描いていたのですが、どこにそのような時間があったのでしょうか(泣)
てぃるのぐ企画でなくてもいいと言われ、絶賛連載中のあのながーい小説に出てくる人で描きやすい人をお願いします……って、無茶振っているよ←
いつか10万字くらいの小説で、代表作書くんだーー!

樹をバックにした、戦闘前後のリディス。その目線に思わずどきってしてしまうんですよ。
どうでもいいですが、今回の主人公がなぜ武器を持たせたかというと、武器を持った素敵イラストが欲しかったからですというのは秘密の話← 
水色と黄色の素敵な色の使い方に、さりげなく石が首からかけているところとか、とにかく可愛くってよ!!
背景の樹も素敵です~!!
隠す気はまったくありませんが、樹がポイントなんですよ、この小説!←
たぶん……魔宝樹をバックにした戦闘が……いつか……あるかもしれない……1年後とかになりそうだが(遠い目)

いやあ、とにかく綺麗で、素敵で、そしてそれしか感想言えない自分の語彙のなさにたまに絶望的になります……。

とにかく、お忙しい中、本当にありがとうございました! 原画、印刷物共に丁重に保管させて頂きます!!

うおお、魔宝樹の鍵の執筆したくなってきたぞーーー。第5章は脳内プロットが完成しているので、書き始めたら早いだろうな……。
ではでは、執筆の旅に出てきます。