もう8月が終わろうとしています……。
夏休みってなんだろうって感じで終わりそうです。トドメはゼミの発表だしね!来年の残暑は爽やかに過ごしたいと思い、今からコツコツ勉強をしなければというところです。

かなりおそくなりましたが、以前掲載した小説のお知らせみたいなものを。


  HPのページです。
(なろうのPC版はこちら、携帯版はこちらから)
ジャンル:現代文学  文字数:25000字ほど

~あらすじ~
――花と一緒に何を贈りますか?
おおさき花屋と出会った咲季は、店長の修二郎に良くしてもらい、機会がある度に訪れるようになる。そこでの店長と孫の雅幸との交流――そしてその花屋を経営し続ける修二郎の想いとは――。
花に願いを込めた短編現代小説。


呟いていましたが、5月~6月にかけて、水面下で執筆&推敲していたものです。あることのきっかけで、真面目な現代っぽいものを書きたくて、執筆しました。
お話は少女とおじいさんや孫の青年の交流を駆け足でやってみた感じです、花を通して。
一応、話ごとにメインとなる花があり、カーネーション、桜とかがあります。一番力を入れたのはリュウゼツランっていう、珍しい花です、咲くタイミングが。
実際に見たことはあったのですが、ピークが過ぎたためか、綺麗ではなかったです、お世辞でも。でも綺麗なら、きっと心打たれるんじゃないかと思います。
あとこれは私からの鎮魂小説みたいなものです。祖父が亡くなってから一年――、死というものに、初めて真正面から書いたつもりです。

ファンタジーではないし、ミステリっちくなのも一切排除した、とっても地味なお話です。でもすでに誰かが読んで、評価まで頂いてしまいました……、ありがとうございます!
けどまあちょっと反省点もあり、淡々としすぎていたり、やっぱり少しぐらい緊迫的な状況を作らないと、作風が上手く出ないかなと思いました。爽やかではあるけど、ちょっと……って。

来年、この時期に短編を書くか未定ですけど、今年いっぱいで何か浮かんだら、また水面下でやっているかもしれません、壮絶に忙しい時に(笑)だって……やっぱり悔しかったから。
まあまずは魔宝樹の鍵を4章まで書き上げてから考えます。時間を有効に使って、なんとか第一稿は今年中に終わらせたいです。ちょうど乗ってきたところですしね!

ではでは、また来週あたりにでも……。
スポンサーサイト

和風小説企画、だいぶ拝読させていただきました。
まだ期間外投稿された小説は何本か読み切れていませんが、今後はのんびりと読んでいきたいな~と思っています。
皆さんから感想を頂いて、嬉しい日々です。
そして無意識にミステリアスにしてしまうのは仕様だと気づきました(笑) 特に企画系は最後に引っくり返すのが趣味なので……。
さて、時間もないのでここら辺で。


まずはHP(桐瑞の本棚)を久々に更新しました!!
小説ページが2つ追加され、イラストもまったく整理していなかったものを追加しました。
小説については「雨想水神」と「貴方に贈る花」で、後者の方に関しては、後程紹介したいと思います。

では本題です。企画でご一緒させて頂いている、黒雛桜さまがイラストのお題をお探しのようでして、ずっと黒雛さまのイラストが好きで、ストーキング行為を繰り返していたのですが、これはアタックしなければと、数時間考えた末にアタックしてきました(笑)
というわけで、描いていただいイラストです。

雨想水神(by黒雛様)


……うわああああーーーーー!!! び、美麗すぎるーーーー!!!(深夜2時の心の中のテンションでお送りしました)

こ、こんなに美麗イラストを頂いていいのですか。
言ってしまうと、絶対に文章と釣り合わない!!(と言っているのに、堂々とHPの小説ページでは表紙絵として使用中)
とりあえず時彦に胸を刺されました。も、もう斬られてもいいわ……(笑)
一途な想いを刀に込めて、あなたは必死に振るうのね。感想を読むと、一途な彼に好印象を受けました的なものが多く、裏表のない、突っ走る少年ってかっこいいのね~と改めて思いました。
一方、千代の強気であるが、どこか思いつめた目線。まさかの序盤にちらっと入れてみた菖蒲が登場するとは驚きです。裏話としては、祠に祀られているのは水神様です~。毎日お祈りしているのですよ、彼女。
水の中に足を突っ込んでいる姿がまた幻想的。

そして絶叫モノが、背景ですね。
水神様がさりげなく絵のように入っており、水滴もリンクしていて、どのような発想をしたら、このようなイラストを描かれるのか、不思議でなりません。
背景だけでもすごく和でした……♪


とりあえず頂いてから1週間たっているので、だいぶ収まりましたが、それでもいつ見てもにやにやしてしまう状態です。
本当にありがとうございましたーー!!!


さて……和風小説企画もイラストの投稿期間も終わりに近づき、一応文章投稿が終わった時に掲示板は残してきましたが……ここで勝手に一人でまとめ。追記に続きます。

続きを読む

魔宝樹の鍵 第2章 夢と現の間での予言」更新開始しました!

あと2話しかストックがないので、見切り発進なのですが、とりあえず週1更新はできる時にしようかと思い、投稿しました。
9月はあれがあるから、がつがつ更新したいので、おそらく8月の更新は控えめです。でも予定としては中旬に1回だけ、週2更新するかと。お盆だし、余裕がある時期に。

第2章はまだ詳細プロットがほとんど練れていない状態で、とりあえずキャラを転がしている感じです。……これ、かなりやばい状態だよ。
3人の次点くらいに活躍する登場人物もようやく表れ始め、色々と話も動かしてくれるだろうから、大丈夫だろう! ……いや、全然想像しきれていないから、どこに転がるかわからないから、やばいかも。
執筆速度落として、プロット練りしなくてはー。

最近、第4章の超絶クライマックスシーンが脳内に浮かび過ぎて困っているのです。
その場面を書いたら、執筆はお休み期間に入りますが、まあ色々な人の思惑が混ざりすぎて、脳内が面白いことに。
虹色のカケラでいう、第4章の盛り上がり並ですね、物語の転換点。
どうなるんだろう……とにやにやしながら、目先のことを執筆しよう!


 * * *


さてさて、実は夕霧ありあさんから魔宝樹の鍵のファンアートを頂きました!
ありあさんから頂いたのは初めてー♪ そしてファンアートと言う名で頂いたのも初めてー♪
今までは依頼でしたからね……。チキンな私が秘密基地で依頼! ……しかし秘密基地はかつてのにぎわいはなくなっているという……切ないね。

さて、どどーんと紹介♪

ありあさんから魔宝樹の鍵

皆、かっこいいーー!!
主要登場人物の3人です! 右側の少女がリディスで、左側が上からフリート、ロカセナです。
リディス、カッコいいなー♪ 真っ直ぐな曇りのない目がいい感じ。曇る日が来るのかな。
フリートもいいねえ。読者から、ツンデレと言われている彼ですが、いやそんなことはないはず! ただの硬派なお兄ちゃんですよ!
ロカセナもたれ目具合がいいです。フリートと対にすると、似ている部分もありますが、やっぱり正反対の部分もあると言うか。
さり気に葉っぱも舞っているんですよ、おそらく魔宝樹の葉っぱだ!
……この葉っぱ、いつ登場するんだろう……(汗)

ありあさん、お忙しい中、ありがとうございましたーーー!!


……と、イラストもちょこちょこ頂いたり、小説も書きあげたりして、いまさらですが、盆にでも4か月ぶりくらいにサイトをいじってこようかと思います。
・Giftにイラスト追加
・魔宝樹の鍵のリンクを小説ページから繋げる
・雨想水神のサイトverを作る
久々のタグうち、どこまでいけるかな……。

ああ、イラストもらって幸せー♪
これは書けっていうことなんだろうね。
書くよ、書くよ、実験も一息ついたし!
……が! 勉強もしたい季節柄。来年に向けて、少しずつ勉強量を増やしていきたいね。
さーて、和風小説企画も読み進めるぞー♪