自宅待機を存分に使って、執筆をしていました。
1万字の短編を2本ほど執筆しましたので投稿報告を。

まずは、「小説家になろう」有志による、東北関東大震災被災地への応援小説企画。
被災地の皆さんが笑顔になれる小説を書く、という概要であるSmile Japan.参加作品です。
企画については、期限はないようですので、興味があれば参加を考えてみてもいいかもしれません。

独奏からの二重奏  ジャンル:恋愛  文字数:1万字程度

*あらすじ*
大学のギターサークルに所属している望は、一つ上の先輩である島沢光希さんに、よく指導してもらっていた。しかし彼が卒業研究によってしばらくサークルから距離を空けることで、近すぎて隠れていた想いに気づき始めることになる。
やがて迎えた島沢さんにとっての最後の卒業コンサート、そして望の想いの結末は――。
◇◆「Smile Japan」参加作品◆◇


久々? 初めて? 超直球、べたな恋愛小説を書きました!(笑)
どうしてこれを書いたのか、というか書きたかったのか、私もわかりません!
自宅待機をし過ぎて、あまりに人が恋しくなったからということにしておきましょう。
予想を裏切らない小説で、にやにやしたい方はよろしければどうぞ。


そしてもう1本。たぶんここまで自己満足な内容もないだろう、という小説。

旅立ちを導く色紙  ジャンル:学園  文字数:1万字程度

あらすじ
大学の卒業式を迎えた杉森晴香は、大勢の人に祝われながら、慌ただしい日を過ごしていた。そんな中で思い浮かぶ自分の四年間。一番没頭した部活と四年間を経て導かれた、自身の気持ちの果ては――。


色々なところで小出しに言っていますが、杉森晴香――春・花小説企画の参加作、導きの花束の主人公です。まさかの再登場。いや当初から考えていないわけではなかったけど……。
そして活動報告でもちょこっと言いましたが、杉森晴香の物語は、桐谷瑞香の物語でもあります。
もちろんこの話はフィクション! だって卒業式が地震の影響で中止なので、袴着て、学長の有難い話を聞いてetcなんて、できないんですから。

某大学よ、強めの地震来たら危ないって、どれだけボロすぎるんだよ! って突っ込みませんよ、声に出しては。
そして大学会館の復旧が未定だから、入学式も未定とか。マジかい。このままぐたぐたな状態で院生になれって言うのかい。

……という葛藤もありつつ、どうすれば一区切り付けることができるかと考えた結果、小説内で入学式を迎えた晴香ちゃんに、私の代わりに卒業式に出てもらうことにしたのでした。そうすれば少しは式を体験してみたいにできるかなって。

…………すごい、ここまで自己満足な小説も初めて書いた。これ、式を挙行していたら、ノンフィクションいけるんじゃないの? という勢いですが、何度も言いますがこれはフィクションです!
この作品も爽やか読了間違いなしですので、よろしければどうぞ!



さて、色々とブログでもよく部活ネタを挙げますが、部活は私にとって非常に思い入れ深いものです。ですが、地震の影響で追いコンが中止を含めた延期になっており、すごく切ない状態でもあります。
大学生でいられるのもあと1週間なんだけど。……せめて色紙くらいくれないかな? 何もしないのも、かなりひどい仕打ちだと思ってしまうんだけど(泣)

……とりあえず、大学に行って卒業証書をもらってきます。
そして友達と会って、ぱーっとランチして、たくさん喋ってきます!

ええい、追いコンがやろうが、なかろうが、4月から新たなスタートを切るぞ!
スポンサーサイト

まだまだ慌ただしい日々が続きますが、小説が完結しましたので、ご報告を。

  (携帯版はこちらから)


 ジャンル:ファンタジー  文字数:10万字程度

=あらすじ=
想いを言葉にして歌いましょう――。響香が所属している合唱部は、合唱コンクールに向けて、日々練習に費やしていた。ある夜、彼女は誰かに追いかけられ、その場は難を逃れたが、それ以後不可解な事件に巻き込まれ始める。やがて白と黒に接触したとき、彼女は自身が持つ力について知ることになり……。
言葉と想いが混じり合う、長編現代ファンタジー。



全部で20話、10万字にギリギリいかないくらいの量。推敲したら、10万字突破するかもね。
今回の小説は合唱部に入っている高校生少女が事件に突然得てしまった力によって、事件に巻き込まれていくストーリー。結構、話ごとに動いていますが、読み返しても地味だな……と思ってしまうのはなぜだろうか。
現代ファンタジーとしていますが、ちょっと不思議なことが起きるくらいです。

久々にほのぼのではなく、シリアスよりの話でしたねー。響香が指針を決めるまでは、もうこちらも息が詰まる状態で……。
2010年はほのぼの現代を主として執筆していましたが、2011年は異世界ファンタジーを書き始めるつもりなので、その前に現代ファンタジーで一歩を踏もうと思ったのです。

今回も三人称ながらも、響香視点オンリーでいったのでいろいろ難しかった。響香がいないところでも十分動いているのに!

まあ、いつも通り、わかりやすく、最後は丸くまとめていますので、よろしければどうぞ。

卒論とダブルで書き切った、ある意味では思い出深い作品となりました。
ちなみに、響応者というのは造語です。
響応とは、響きが声に応じるように、人の言動に応じること、その人という意味にしております。



以下、ネタバレありの追記……。


続きを読む

テレビを見て、気分を落としてしまう日々が続いています。
けどそんな中でも、被災者が救出される映像を見ると、少しだけほっとするものです。
また多くの救出作業に頑張っている人や国の支援、また原発等に対処している人を見ると、本当にすごいと思うし、感動する。

少しでも多くの人が、一刻も早く救出されることを願います。
そして、頑張ってください!!

私もできる範囲で何かをやります。





続きを読む

台湾から無事に帰国してから数日が経ちました。
台湾レポをがっつりとも考えましたが、写真が膨大過ぎて、処理できないので、小出しに気にったところだけ、さらっと書きます。

楽しかったですよー!
日本語も少し通じたし、美味しいものも食べたし、お土産をたくさん買ったし。
まあ地下鉄が混んでいたのと、乗り換えが遠かったのが少し辛かったかな。
それと辛すぎる食べ物が少しあり、それだけは口に合いませんでした。

言葉は少なめにさらっと流します。短め台湾レポの始まり~~。


続きを読む

言葉の響応者 第4話 明日へ続くアナリーゼ(3)」更新しました~。

前向きな感じで次話に続きます。
次から第5話。長めですが、これとエピローグで終わりになります。
よし、頑張って、推敲して、更新するぞ!



昨晩に続き、オフ会……いやもはや神戸観光レポの続きです。

書き終わって感じたことは、完全なる観光で、すみません……。

そんな感じで、後編始まり、始まり。



続きを読む