予告通り、リアル忙しいフラグが立ったので、しばらく消えます。
3週間くらいかなぁ、中間と英語のポスター発表が終わるので。そのすぐ後に文献ゼミの発表があるけど、それはどうにかなるだろう。

今月中に中間の要旨とスライドを作らなければならなくて、予想より早くぴよっています。
実験も思うように進まないし……。また明日は校正のやり直しからしなければ……。
3歩進んで4歩戻っています。つまりマイナス、ストレスというマイナスが残っています。何だか最近、眠りの質が良くないですね。時間は取っているのに眠いし、たまに寒気はするし、カルシウム足りないのか苛々するし。
うーん、とりあえず食べよう。先輩に言いたいことは言おう。
焦らない、焦らない……と暗示もかけよう。


さて、卒論終わったら、どうしようかなー。
おそらく修論も同じ系統の実験するとなったら、実験が始まれば動けなくなるため、3月中に少しは遊びたいなあ。
たぶんいくつか卒業旅行に行くだろうが……何グループいくのやら。日程合うのか?
個人的には1人で西日本に向かって密かにオフ巡り~とか妄想の1つでありますが、3月って社会人の皆様はお忙しいのが普通ですよね。というか、1人でそんな遠出したことないから、実行まで移せるのか(笑)


ちょっと消えている間に小説も少しは書けたらなーと思っています。
ではでは、どうにか乗り切ってきます~。

スポンサーサイト

色々と細かな更新のお知らせです!

まずは虹色のカケラ(HP版)がようやく第7章まで終了しました!
あとは第8章と終章、そして外伝だけ。や、やっとここまで来たか……!
春から始めて、かなり更新ペースを上げながらざくざくやっていましたが、長かった道のりです。今年中にはHP版の方も完結できそうなので、頑張ります。

あと、前回のブログ記事で載せた、詩をなろうの方にも投稿してみました。
内容は変えていませんので、まあ縦書き派とかならという感じですね。


以上、更新報告でした。


さてさて、三連休、2日間も雨で学祭がつぶれるかと思いましたが、なんと日曜は雨が降らなかったのです! 予報では昼過ぎまで雨マークだったのに。その日を感じて、(旧)体育の日は偉大だと思いました。
旧体育の日は、東京オリンピックの開会式で、気象庁が統計を取って、一番晴れる確率が高い日にしたそうなんですよ。だからよく晴れるのです。
本当に有難かったです。出店は2日間フルで回していたおかげで、余裕で黒字が出て、驚きの売り上げとなりました。ただずっと研究室で製造していたので、外の様子が全く分からなかったのが残念ですが。来年は店番もしたいぜ!

そんな中、3日間も研究室で製造をしまくっていたため、色々な人の一面が見られた気がします。新しく来た留学生の地味な気の使い方のおかげで色々と助かったり、ちょっと気が向かない先輩もわかったり(笑)
あと何と言っても4年生の中での団結力っていうか、絆っていうのが深まったのかなーって思いました。私はもともと彼ら彼女らとそこまで親しい間柄ではなかったのですが、研究室に入って半年で少しずつ溶け込んでいき、この3日間で一気に溶け切ったかなと。
やっぱり1つのものに対して、皆で頑張ると深まるものですよね。
次は来月に中間発表と英語のポスター発表があります。それも4年生皆で励まし合いながら頑張りたいです。


そんな感じで、続きは絆というかキズナミギにまつわる裏話。
ぐたぐた書いたら長くなりました。若干ネタばれもありますので、ご注意を。



続きを読む

実は今日から学園祭です!
研究室で出店しているのですが、雨が降って、ほとんど売れなかったという初日の悲劇(><)
明後日は晴れますが、明日は雨なので気が重いです……。赤字だけはなんとしても阻止しなくては!
明日、そして特に明後日と頑張りますよ!!
……と意気込んでいますが、頑張り過ぎて、空回りかつパニックになり、水ぶくれになる火傷したなんて……間抜けな人(笑)


そんなわけで今日はあいにくの天気で、前日準備も早めに終わったのでPCに触れています。
それでですね、ブログ2周年の時に光太朗さまからリクエストしてもらった、『詩』をアップします!
大変遅くなって済みませんでしたm(_ _)m

詩というより、掌編的な雰囲気で、ある物事に対しての人の内面を表した感じです。
タイトルは『喜怒哀楽』。
なるべく多くの人に共感できてほしいなと思いを込めながら書きました。

よろしければ、ご覧ください。



続きを読む

 気分が落ち込むと自然と姿勢が悪くなる
 視線が下がる
 すぐそこには自分の影と暗い地面

 けれども少しだけ視線を上げてみよう
 微かに光を感じられるかもしれない
 目の前には永遠と続く道が広がっている

 そこに向かって、一歩踏み出そう


 * * *


いよいよ10月に入りました~!
月末のゼミも終わり、英語の要旨も終わり、少し落ち着いて実験できているかと思えば、次は週末にある学園祭。
シフォンケーキ、大量生産してきたいと思います(笑)

さて、いつぞやの光太朗さまからの「詩」というリクエストを忘れていないよ、ということで、ちょこっと挙げておきました。
こ、こんな感じでいいのか!? タイトルは『視線の先』で。

ずっと頭の中にはあったのですが、字面にするまでには時間がかかって(汗)
ふと素敵な景色や思ったことがあると、頭の中ではさらっと構築されるのに、さらっと流れていくという繰り返しで……。
一応、メインとなる詩の流れはできていて、だいたい書けたのですが、少し見直したいと思って、前座として挙げさせていただきました。
ポメラも久々に出動。
そろそろまたこの子と一緒に活動したいなあ。

今週中にまた更新できればと思っています。

そんな感じで前座その②を置いて行きながら……。


 * * *


『変わりゆく景色』

 揺られながらふと外を眺める
 意識して見ると気が付くことがたくさん

 桜で埋め尽くされた春
 青々とした緑で覆われた夏
 赤や黄色などに彩られた秋
 枝だけになってしまった冬

 変わりつつも当たり前のように繰り返される周期
 けれども変わりつつ繰り返される中で同じ所には戻らないものがある

 繰り返すような動きである
 しかしそれは螺旋のように前に進みつつも常に変わっているのだ
 人の心は