こんにちは~。
今月のゼミも乗り切り、風邪もようやく治ったようです。鼻水と鼻づまりが酷すぎた……!

さてさて復活ということで、風邪引きすぎて、没になりかかったブログのネタを今回は出したいと思います。



何となくですがね、あることをきっかけにふと思ったことがあるんですよ、――作風というものに。

それは先日、虹色のカケラに感想を頂いた際のことです。とても丁寧に書いて頂きました。あの方に正直読んでくれるとは思っていなかったので、かなり驚きました、それこそ目が飛び出すほどに。
その感想の中に”爽やか”であったと書かれてありました。

爽やか? え、あの小説、途中は血みどろじゃなかったっけ(汗) と、少し不思議に思っていました。
まあ確かに、主要人物は死なない、瀕死の状態も回復させて終えている、結ばれるものは結ばれる――など、全て丸く治まっていることは正しいと思います。けど当初はそういう予定じゃなかったんです。
本当は一人、命を落としてもらおうと思っていました、構想当初は。
「意外な展開にしたい」、「今まで書かなかったことを書きたい」と思い、踏み切ろうとしたのが、”死”というもの。けど結局、直前で踏み止まってやめました。
たぶんその人物に思い入れもあったのもあるけど、当初と死という見方が変わったからだと思う。
まあ死以外にも、作風というのが出ていたのかな。爽やかというか、そんな感じの空気が。


昨春、企画で導きの花束を執筆し、多くの人から感想を頂きましたが、その時にでてきた感想も爽やかがあったり。あの話は入学に心ときめく少女の一歩を書きたかったために、そんな感じになったのは必然と思いますがね。

他の小説を見ても、何だろう……ダークじゃなくて、どっちかというと爽やか系なんだろうなって、思います。
爽やか……いいとは思うんですけど、何だろう、今のところ、ダーク系書いていないという、作風の狭さに気づいたりもします(汗)


そんな中で、ふと思うんですよ、作風っていったいどこから出てくるのか――。
作者の性格や環境などで大いに影響されたり、その時の心理状態、また願望によって変わるのかな……とは何となく推測が付くのですが、何かそれ以上のことがあるのではないかと思うんですよ。
それが何かはよくわかりませんが……。


私がどうしてああいう作風が多いのかは、たぶん根本にある願いからくると思っています。
自分はポジティブではなく、どちらかというとネガティブな方だと思っています。ブログを読んだら、たまーに暗めのことを書いてある通り。
けど、爽やか系で最終的には明るめの内容を書いてしまう――おそらく一種の願望なのでしょうね。
自分自身が思わず鬱々行きやすいのを回避するためでもあったり。


……結局、何が言いたいのかわかりませんが、やっぱり誰でも作風はあると思います。
コメディやシリアス系を書いたりしても、どこか共通すること――作風が存在するでしょう。
それに気づけた時、物書きはまた新たな一歩を踏み出せるのかな……。



その考えはとりあえず置いといて、執筆してきます(汗)
もう4月だ。やばい、平成22年度が始まる……。
今月もブログの更新日、あべこべだな……。

スポンサーサイト

桜が咲き始める今日この頃、世間は卒業式で賑わっています。


私の大学でも今日は卒業式です。涙を流さず、笑顔で、精一杯送り出したいと思っています。
早かった三年。大好きで親しかった先輩方が卒業してしまうのは、切ない気持でいっぱいです。
昨日、大好きで、特にお世話になった先輩方に、手紙をぐたぐた書いていたら、何だかこみ上げる気持ちがありました。そして途中から、泣きながら書いていました。
ああ、もう卒業なんだなと。本当に私たちの元から、去っていってしまうのだなと。


また、浪人していない中学時代の友人と会う機会があり、少し話をしました。
そして感じたことがありまして、私と小学校や中学校、そして高校で時を共にした仲間たちも、卒業し、多くが社会に出ていくのだなと、ひしひしと実感しました。
彼らや彼女らと別れてから、四年、七年、十年――。あまりよく覚えておらず、卒アルを開かなければわからないのが現状ですが、それでもいつもの卒業シーズンとは重みが違う。高校の卒業とかとは違うのです、明らかに。

不景気とか、騒がれている世の中。仕事が大変で、やめてしまう話も聞きます。
だからそんな時期に社会に出るのは、大変なことであると思います。
まだあと三年、学生を続ける予定の私だから、尚更みんなをすごく思うのです。


全国でも多くの人々が、卒業をし、新たな道を歩み始めるでしょう。
高校生から大学生でも、人によっては下宿とかありますから、それは大きな一歩。
学生から社会人なんて、非常に大きな区切り――変化だと思います。

時代が激しく錯綜する中、変化というものはいつでもどこでもやってきます。
自然や風景の変化以外にも、心の変化というものがあるでしょう。
人との出会いによる変化、何かを唐突に感じた時生まれる心情の変化、そして誰かが新たな道を歩み始めたために起こる変化などは、特に祝福するべきことなんですよね。


その変化を切なさや寂しさで埋めてしまうか、それとも晴れ晴れとした気持ちで進むかは、その人次第だと思う。

できれば、晴れ晴れとした気持ちで、先輩や同級生など多くの人々に巣立っていってほしいです。


――さよならは言いません。何だか悲しくなりますから。



ご卒業、そしてご修了おめでとうございます。

皆様の更なるご活躍をお祈りしています。



そして――また元気に会える日まで。

えーっと、まず始めに実は今日でHPの方が1周年でした。
まさか作るとは思っていなかったHPが。
最近はようやくHPらしくなってきたかなと思っています。
1年続けてこれたのも、相互さま、その中でもHP初心者がたくさんいたおかげで、色々と頑張り、励まされました。
フリイラとかそんな気を素敵なものなくて、すみません。
感謝の言葉だけ述べておきます。

ありがとうございます!!

2年目もマイペースに桐瑞の本棚にたくさん本を入れていきます!


* * *


現在、虹色のカケラ(修正版)1-13まで公開中~。
とりあえず、今週中に1章終わりにします。
来週から2章に入りたいなあ……。

あと、夏の太陽の下へも3話まで公開中。明日、明後日にまた更新したけど……、どうなることやら。


* * *


本当はがつがつ書きたいんです。けど、現在何だか調子が微妙……。
花粉症であったはずなのに、気が付いたら風邪にシフトしていました。
やばい、この感じは久々にやばい(汗)
熱はないんですけど、鼻づまり以外に、頭まで何だか微みょー。ふわふわしちょる。
けど、明日は久々に練習行くって言ってしまったから、頑張りましょうだよ(笑)
原因は疲れでしょうが、疲れがたまっている、初期の風邪のときに、夜中まで執筆したのがいけなかったのかもしれません。
馬鹿だ、本末転倒過ぎる。
そしてその次の日に遊びに行ったのも、あほ過ぎる。

とりあえず、用がない日は家にいます……って、日曜しか丸一日空いていないし……。
……寝るか。うん、まずは寝よう。
あと、ブラウザとにらめっこすると、結構体力消費するのを、昔経験しているので、パソコンも更新、修正以外は開かないようにしよう。
てなわけで、少しパソから離れます……。

本当はもう少し真面目な内容があったのですが、頭回らないので、また今度。
それでは。

最近、ポメラを超使いまくっていました。
執筆をガンガンしていたのです!……と言いたいのですが別の用事で。
レポート課題で、英文を和訳してたんですよ、長めの文章。その訳をポメラで打っていたのです。パソコンだと英文や電子辞書まで目線の距離があるじゃないですか。けど、ポメラではそれがあまりないくて、結構はかどりました。
というわけで、大活躍だったのです。今後も執筆だけでなく他の場面でも大いに活躍することを実感しました。
ちなみに訳し終えた文字数は4000文字近く。どんだけ長いんだ。



そんな中、そしてこれからまた少し忙しくなるという時期に新連載を始めました。
プロットはできていますが、あまりストックできていない状況だけど(汗)


夏の太陽の下へ

~あらすじ~
とある夏の午後、光二と義樹は街角の隅で「喫茶店ソレイユ・デ・レテ」に出会う。そこはとても優しい青年が営んでいる小さな喫茶店であった。そんな彼と、そして彼を慕っている少女たちと共に短くも楽しい夏が始まるが――。
明日へ続く、淡い恋愛を含めた青春小説。


まだ春に入ったばっかりなのに、夏かよ!
そして際どく、中学3年生の夏休みが設定ですかい!

ジャンルは一応恋愛で登録しています。けど例のごとくそんなに恋愛!って感じじゃないです。青春やコメディの具合が大きいですね。
これは前に言っていた、昔書いた原作脚本「Afternoon tea」のリメイク版として書き始めました。でも、プロットとか序盤を練っているうちに、リメイクどころじゃないという膨らみ具合に及んでいます。だから、自分の中では人物の大まかな概要と、これだけは入れたいという場面だけ取り入れる感じで、あとはオリジナル路線を走っています。
本当はもう少しストックできてからにしようと思ったのですが、色々考えて、自分に追いうちかけるために投稿しちゃいました。
今月中に書ききりたいけど……、遅くても4月には書き終わりたいな程度の速度です。

虹色のカケラみたく、超長編の予定ではなく、10万字はいかない程度の中から長編小説なので、もしお時間があれば覗いて頂けると嬉しいです。

シリアスよりコメディ系ですが、やっぱり根本は真面目な内容になっています。おちゃらけな少年もいるけどね。
中学3年生の夏――、私も塾の缶詰でしたよ(汗) まさかあの日々を少しでもネタとして入れるとは思わなかった。おそらく何度か過去の塾のテキストを開いている可能性高そうです(まだ一部は捨ててない(笑))。すでに塾の講習予定を開いているし。どんだけあるんだ、私。
初ポメラ執筆で、時間の合間にちょこちょこ執筆します!



実はまた色々忙しそうなので、1週間ばかり消えます。1度くらい、更新のためになろうの方に浮上はしますが。
また別の文献ゼミの発表がーー(泣) 今度はwordでまとめ。まだましかな……といいたいのですが、選んだ文献が40ページ超えています。論文じゃないよ。
あと今週末のトイック、今までにないくらい勉強していません。6000円が無駄になるのは避けたいけど……ひとまず集中力でも高めるか。

……そんな感じでしばらく、微生物と英語のお勉強してきます。

ではでは!