気が付けば、2009年も終わりです。
12月に入ってからはものすごく一瞬で過ぎた気がします。

それは置いといて、2009年を軽―く振り返ってみます。


いやあリアルは……、部活頑張った。卓球しまくった、去年以上に。
4年の先輩から託された4月末から秋先まで、無我夢中だった気がする。せっかく団体戦でるのだから、少しでも頑張らなきゃと思って、走ったなあ。結局、成績にはほぼ反映されなかったけど(相手のエースと当たる確率高すぎ)、確かに上手くなった気がする。先日の納会でその先輩に「上手くなったね!」って言われて、嬉しかったな……。あとは成績に出すだけだ!

勉強はさすがに専門系が濃くなってきたので、去年よりは頑張ったかな。興味もある内容が多いし。
とある教科なんて、かなり興味があったのもあるけど、ほぼ一睡もしていないなんて快挙だ!(いつも寝過ぎですみません……) 全般的にはレポートや授業数が少なかったのもあり、割とのんびりめでした。


そして小説の方ですが、元旦に立てた目標を見てみると、たぶんほぼ達成できた気がします。
虹色のカケラを予定通り9月に完結でき、その上外伝まで書いたのは目標以上のこと。
他の小説も、リメイクは1作しかできませんでしたが、イラスト小説企画も一回参加でき、何より春・花小説企画という、大きな企画に参加したことは、結構頑張った方だと思います。リンクもこそこそ増えたし。
しかし、オンラインに走りすぎないだけは、達成できませんでした……。小説書くのに、パソコンを立ち上げ、そして気が付いたらネットへ……(泣)

通算文字数は、たぶん30万字はいったと思います。虹色のカケラが第5章の途中からなので。たくさん書いた1年でした。夏休みは執筆と卓球しかしていない、もう後にも先にもないような過ごし方をしていました。
そしてイラストなどの頂きものをたくさん頂き、完結後の感想など、非常に嬉しかったです。


細かに振り返るとこんな感じですね。


最後に大まかに全てをひっくるめて、振り返って。

昨年の大晦日の記事で、
来年は私にとって大きな1年になる予感がしています。オンラインであれ、リアルであれ。
と書いていました。
これはあながち嘘じゃない気がします。表面的に見たら、結構だらだら過ごした面もありますが、やっぱり大学に入ってからでは1番成長した年だったかもしれません。

部活で役職を頂き、時折責任者の立場にもなった。
研究室を決めるために、チキンを振り切って、訪問しまくった。
卓球に対する考えを改めて、強くなりたいと切に思った。
虹色のカケラを完結しなければ、きっと前には進めない、何も始まらない――。

などなど、例年とは違うことがたくさんありました。
……なんて、ここにはいいことしか書いていないので、すごく頑張って見えるだけで、実際はどうだか(笑)
いえね……、やっぱりポジティブに生きなきゃだめなんですよね! お先真っ暗な世の中でも、心は向上心を持って。それに笑顔は人の心に癒しをもたらすんだから!


……話逸れた所で、今年はここら辺で。
来年の目標は来年に。


今年は本当にありがとうございました。
来年もマイペースに頑張りますので、どうかよろしくお願いします。

では、良いお年を!!




最後に文樹妃さまへの拍手返信を追記へ。



続きを読む
スポンサーサイト

本日の更新をもちまして、長編異世界ファンタジー小説「虹色のカケラ 外伝 明日へ伸びる橋」を完結しました。


     (PC版。携帯版はこちらから


ジャンル:ファンタジー     文字数:672,269文字

=あらすじ=
四つの島で成り立っているエーアデ国ではほとんどの人が魔法を使える。しかし、より力を得るために強い魔力を求める者がいた。そんな中剣士クロウスと風使いシェーラはある出来事から出会う。この出会いが、今まで謎に包まれていた魔法の存在が明らかになることに……。魔法の源を巡り様々な人の想いが交錯するファンタジー。




全12話の外伝で、字数としましては65000字程、第5章程度の長さとなりました。

シェーラとクロウスの関係を更に深め、ルクランシェやスタッツの過去を明らかにし、ルクランシェとレイラの関係を強固なものにし、イリスとアルセドはおまけ的な扱いになりました。
簡略化して紹介すると、ルクランシェとスタッツの因縁の相手が、シェーラ達を巻き込んで、ひと騒動するのを防ごうとする攻防が繰り広げられています。

当初はこんなに戦闘ばっかにしなく、まったりと穏やかにしようと思ったのですが、シェーラが捕まるシーンを入れたりしたら、そっちに転がりました……。途中まで明確なテーマがなかったので、いまいちキーボードを叩く速度が遅くなりましたが、半分くらい過ぎた所で唐突に思いつき、それ一直線で書きあげました。
12話は色々とまとめ的に書きました。最後のシーンはもちろんあの場面ですよ、えへへ。


ちょっと長くなりそうなので、追記へ続きます。



続きを読む

気が付くとすぐに消えそうです。
忙しくないです、全然。そのせいかネタがなさすぎるのです。

研究室もまだ始まらないみたいだし、このまま三学期をだらだら過ごすのは良くないな~と思っています。
就活や公務員試験の勉強をしている人に申し訳ないというか。
マイナーな資格でも取るか、TOIECを本気で勉強するか、執筆頑張るか、どこか旅に出るか、バイトでもしてみようか……。2番目のが一番現実的ですね。そろそろスコア出したい季節になってきた(汗)
今度、他に院に行く友達にも聞いてみよう。


まあ、ネタもなかったのでバトンを拾ってきました。
そしてテレビタイムまで外伝の続きを執筆。何故、外伝でこんなにも頭を使わなければならないのか。無駄に内容ややこしくし過ぎ。うーん、推理小説好きがこんなところで出てくるなんて……。




続きを読む