短めの恋愛中編小説心のメロディーがこの度完結しました。

まあ全部書き終わってから連載で投稿したから、早く終わったんだけどね……。
推敲はしましたが、それでも結構細かいのはよくします。ですが、よっぽどひどいのが見つからない限りは変更はしません。
詳細は以下の通り。

ジャンル:恋愛(アルファポリスでは青春)
文字数:26046文字(約53分)
あらすじ:ピアノを弾くのが好きな少年と音楽を聴くのが好きな少女が出会ったのは、学校の端にひっそりと佇む小屋――。少年は少女と出会うことにより、埋もれさした自分としっかり向き合い始める。



あらすじのままです。ということで、詳しいあとがきを兼ねながら、ネタばれをしていきます。
あ、ちなみにこの小説はFC2小説の方にも投稿しています。あっちはまだ連載途中ですが。で、これを大賞の方に応募する予定。どうにか書き終わったし、気分転換にやってみようかなって感じで。


前に少し言ったとおり、この小説は7年前、つまり私が中学生の時に書いたもののリメイク版です。当時から相も変わらず長編ファンタジーをぐたーっと書いていた矢先に、突然音楽をテーマにした小説を書きたくなったのです。理由は……、若気の至りですな(笑)
そんなわけで、ノート22ページを一ヶ月ちょっとで書きました。もちろんですが、文章は稚拙すぎて、笑えるし、泣けます。何故こういうラストにしたかは、よくわかりません。たぶんああいうことがまだよく分かっていなかったんだと思う……、今もそこまでわかりませんが。
ちなみに執筆中はショパンのCDをかけっぱなしでした。そんなイメージで執筆しています。

ちょっと内容について触れます。続きを読みたい方はどうぞ。少し長めです。



続きを読む
スポンサーサイト

えーっと、短めの中編小説の方、一応書きあがりましたので、投稿し始めてみました。

心のメロディー

です。

あらすじとしては、

ピアノを弾くのが好きな少年と音楽を聴くのが好きな少女が出会ったのは、学校の端にひっそりと佇む小屋――。少年は少女と出会うことにより、埋もれさした自分としっかり向き合い始める。

という感じです。かなりストレートなあらすじです。

なろうでのジャンルは恋愛、アルファポリスでは青春で登録しています。

すでに自分の中では完結済みです。それを一日置きか、毎日かまだはっきりと決めていませんが、短めの連載をします。
ちなみにあとがきでも書きますが、7年前に紙に書いたもののリメイク版です。さすがにかなり文体は変えましたが、基本軸のストーリーは変えていません。中学生が主人公のほのぼの青春です。ちょっぴり恋愛。自分で言うのもなんですが、可愛いです。結末は7年前の自分が決めました。それは尊重しようと思って、ほとんど内容を変えていない部分もあったり。
まあ、詳しくは完結してから言いますね。

虹カケ以外の連載ものを書いたのは久しぶりだったので、結構集中的に楽しく書けました。書いている最中はショパンのCDを聴きながら書いていました。そんな感じで書いていました。
……えっ、これから虹カケは一気に第6章を書きますので(汗) 徐々にストックが消えていく~。
あら、時間がもうないわ(汗)


ということで、宜しければ読んでいただけば幸いです。
これは基本、更新状況はいちいち言いませんので、あしからず。

また結構前に光太朗さまから、よろしかったらどうぞ~って言われたのでやってみたいと思います、小説内での相性占い!!
どうやって書くか。よし、小説の中に桐谷がダイブ!!


どぼーん☆


桐谷   「……さて、誰から行く? もちろんあの2人でしょう。あら、シェーラが何か持ってきたわ」

シェーラ 「あら瑞香、どうしたの?」

桐谷   「いや、君が持っているのは一体何……?」

シェーラ 「……クッキーを焼こうとしたのよ。ほら、今日って……バレンタインデーじゃない」

桐谷   「ほほう! 本命にプレゼントですな! ほほほ、若いですなー!」

シェーラ 「あんたと同じくらいの歳でしょ。しかも本命じゃないし!」

桐谷   「まあいいよ。それで、それはクッキーなんだ。へえ……、焦げすぎじゃない?」

シェーラ 「それは……否定しない」

桐谷   「私、料理は出来ないとはいえ、さすがにここまでひどいクッキーは作ったことないわ……。これを、クロウスにあげるの? ……おや、噂をすればクロウスだ。おーい」

クロウス 「あ、シェーラに瑞香。どうしたんだ、二人で」

桐谷   「ちょっとこれを食べてみて」

シェーラ 「あ、待ちなさいよ!」

クロウス 「え……、焦げているけど……。(むしゃむしゃ)……おお? 見た目ほどまずくないぞ」

シェーラ 「え? お世辞じゃないよね?」

クロウス 「少しビターっぽいのが、またいいかも。嫌いじゃない。もっとくれよ」

シェーラ 「う……ん」

桐谷   「何か、腹立たしくなってきたぞ。公認の仲とはいえ、釈然としないわ。ということで相性占いの、結果よGO-!」

……

2人はベストカップル!
これ以上の組み合わせは考えられないほどの最高の相性です!お互いが相手のことを大切で必要な存在だと強く感じ、人間的にも尊敬しあえる2人です。まわりからも祝福されて、どこから見てもお似合いなカップルです。


桐谷   「はっはっは。お似合いだってよ、君たち! 畜生、畜生! 勝手にいちゃついていろ!」

シェーラ 「何だこの人は。えーっと、他に書いてあるのは……。『いつまでも変わらない気持ちで居られるふたり。いつもお互い自然体で居られます』

クロウス 「どれどれ、ちょっと見せてみろ。『何をやっても二人なら楽しいですが、目的を持って行動し、お互いを高めあうようなお付き合いを』……まあ、目的は持っているよな」

シェーラ 「そうね、その点は否定しない。だけど、お付き合いって……。(赤面)」

クロウス 「……(少し照れている)」

桐谷   「もういいよ、君達……。ということで気分転換に、もう少しいじってみようかー。次はイリスとアルセドで」


……

すれ違いの2人だけど……?
気持ちが一方通行になりがちです。タイミングにずれがあり、お互いの気持が見えにくい二人です。相性は良いといえないカップルですが、あなたの努力次第でなんとかなるでしょう。


シェーラ 「すごい……、いろんな意味でドンピシャ」

クロウス 「始めは一方通行で、最近いい感じだと思っていたら、また一方通行になったしな」

桐谷   「私もこの結果は少しビビっているよ……。努力次第か。これはまあ、私の力量かな?」

シェーラ 「……いい方向にもっていきなさいよ」

桐谷   「……それは現時点では言いきれん! 他にもレイラと○○とかやってみたけど、まあそれは……正直決まってないからパスで(笑)」

シェーラ 「何それ……。教えなさいよ、誰とやったの!? すっごい気になるじゃない、あのレイラさんが好きな人なんて」

桐谷   「それはもちろん、ひ・み・つ♪ さて、もう少し他のバージョンでもやってみようかな。続きは下からどうぞ。じゃあ、シェーラ、クロウス、またね~」

シェーラ 「あ、逃げた! 普段じゃ使わない言葉を発して消えるな、瑞香~!」

クロウス 「……他人のふり、他人のふり」



ということで、世間はバレンタインデーなので、少しバレンタイン的なネタを。
恋愛相性占いから、拝借しました。よろしければ、どうぞ~。
続きは色々な私の小説のキャラの相性占いです~。




続きを読む

お待たせしました。
長編異世界ファンタジー小説 「虹色のカケラ 第6章 追憶の先へ 1、逃亡」 を更新しました!


エーアデ国は魔法によって繁栄されたといってもおかしくない。魔法を得る前と得た後では生活が全く違うのだ。
その魔法は今ではあって当然と見なされて、使われている。
そして魔法には源があると風の噂のように昔から聞かていた。
だが魔法の源――、それがあるのかどうかも三百年経った今でもよくわかっていはいない。
そんな中、純血と呼ばれる最も魔法と密接に関わりがある人が今まで知らなかった魔法の源というものについて知ったらどうなる?

魔法の源を知るためにその人達は動き出していた。本格的に動き出したのは今から三年前。
そしてその後を大きく左右する出来事が起こったのも三年前。
だがその三年前よりも少し昔の九年前、三年前と今に深く通じる出会いがあった。



長い超簡略あらすじと思った方、すみません、これ冒頭です(汗)
それだけ今章は気合いを入れているということです。ということで第6章更新開始です。追憶編でおそらくほとんど占めるでしょう。だから、過去にどんなセリフとか内容出したっけっと、かなり昔の内容を読み返しています。
結構今章は執筆に時間がかかるでしょう。けど不思議ですね、こういう風にしようと思ったら、そこら辺に転がっている小さな伏線まで勝手に回収し始めるのだから。上手い展開にできないよっと思ったら、キーボードを走らせていたら自然に書けちゃうとか。きっと風が吹いているのかな……。
できるだけストックを作れるように頑張っています。それと同時にもう一本の中編。そして英語の予習。……ほっ、今学期実験がなくて本当によかったです。

そんな感じで頑張っています。一応週二更新を目標。基本は火&土に更新します……たぶん。

さあ、ラストになりました、100のお題も。小説書きましょうよ……。いや、たまには気分転換も必要ですよね!? 開き直ってしまえ(笑)


小説書きに100のお題   その4



76 今までで一番衝撃的だったことは。
いいことで、自分が第一志望の大学に合格したこと。あと高校の時に部長に選ばれたこと? 今までに上に立つ役職についたことなかったし、他にも適任の人がいると思っていたから……。

77 睡眠時間は何時間くらいですか?
今はまったり生活なので6~7時間以上。切羽詰まると、5~6時間とか。5時間切るのもありますね。

78 夜、眠りにつく前に布団の中で何を考えていますか。
明日何しようか、小説の続きはどうしようか……と考える前に寝ています。最近速攻でお休み。

79 長時間電車に乗る時、車内で何をしていますか。
本を読む。寝る。景色見る。世を憂える。

80 ネタになりそうな実体験を教えてください。
好きな人と一緒の学校に行くために必死に勉強する少女。
おもしろ系なら、合格発表の日、掲示板の貼り出しを見に行くのは落ちた時を考えると辛かったので、家でネット公開するのを待っていた。ふと、突如鳴った電話に出れば、それは消防訓練に行くと言って普段より家を早く出た父からだった。そこから聞こえたのは「合格したぞ!」という言葉。何と、一人で黙って娘より先に合格発表に行っていたのだ! (学校での貼り出しとネットでは2時間の間がある)リアルにその時は腰が抜けました……。

81 どうして小説を書くのですか。
書きたい、伝えたいテーマが言葉があるから。自分の想いをぶちまける場。自分自身、創造している内容を文にすることで今後に残すことができる。現実逃避。1つの理想郷。夢を追い求めたいから。

82 小説を書いていて嬉しい・楽しいときはどんな時ですか。
伏線が回収できて、話に筋が通った時。感想など読者から反応があった時。
あと完結したときの何とも言えない感慨深さ。逆に少し切ないですが。

83 小説を書くうえで苦労することはなんですか。
内容を広げ過ぎて、量が膨大になること。登場人物と感情がシンクロしていまうこと。

84 小説を書く時の状況は?(場所・時間・BGM等)
夕食の後に自分の勉強机でサントラとか聞きながら、まったり書いています。

85 周りの友人や家族などはあなたが小説書きであることを知っていますか。
高校の友人、数人しか知りません。

86 あなたの周りに小説書きはいますか?何人くらい?
いないです、全く。

87 スランプに陥ったことはありますか?どう乗り切りましたか?
実は結構陥ります。そのときは小説から離れて他のことをしたり、ひたすらどうにかしてもいいから書いたり、少し先の話を考えたりして、自分に鞭を入れたり……。
ただ、だいたいスランプに陥るときはリアルの方も辛い時なので、ひたすら寝るのも一つの方法。

88 長時間パソコンと向き合っていると目が疲れませんか?対策はしていますか?
疲れます。適度に休憩を取ったり、寝たり、他のことして休ませます。

89 最近難解な漢字を使用する作家が多いようですが、あなたはどうですか?
私はほとんど難しい漢字は使いませんね。内容自体が重すぎる歴史小説や推理小説でもないので。ただちょっと難しめのが出てきたら、ルビを振っています、ただし結構気まぐれかも。

90 こういう小説は許せない!
最低限の文法が守れていないもの。完結されていない(する気がない)小説。

91 自分の小説に満足していますか。
うーん、それなりに。まだまだ精進しなければいけない所はありますが、ひとまず書き続けているということに、満足しています。

92 他の人のオンライン小説、どれくらい読みますか?
今ブクマして更新を待っている小説が6本ほど。あとは気が向いたら完結済みのものは読んでいます、ちなみにほぼファンタジー。

93 同人誌に参加したことはありますか。
ないです。

94 将来的にプロ作家になりたいですか。
第二の仕事としてなら。小説家一本では……。

95 それはどうしてですか。
他にもやりたいことが心のどこかで確かにあるはずだから。小説は趣味でも書き続けられるので。

96 あなたの自作小説を一つだけ薦めてください。
異世界長編ファンタジー「虹色のカケラ」
大好きな魔法だけでなく、人と人との関わり合いも大変重視している小説。書いていると、自然に言葉が出てくる。私自身も続きをすごく楽しみにしながら執筆している。

97 構想中のネタをこっそり披露してください(言える範囲で)。
言葉をテーマにしたもの。生まれ変わりとか絡んでいく、現代ファンタジー的なもの。ただこれを書くのはしっかり煮詰めてからだと思うので、早くて一年以上先だと思う。いやそのままお蔵入りも考えられる。

98 いつまで小説を書き続けますか。
本当は学生のうちで止めようと思っていた。だけどなろうに登録してこんなにもたくさんの人がいるとわかり、何だか嬉しくなった。だから細々とでもいいから、気が済むまで書き続けようと思う。やっぱり私は文字を綴るのが好きらしいので。

99 読者に一言。
本当に読んで頂いてありがとうございます。1人でも多くの人に何かを伝えられればと思い、精一杯書き続けたいと思います。もしできれば、意思表示として感想とか欲しかったり……。いえ、アクセスだけでも何となくはわかるのですが。正直、連載は孤独との戦い…やはり意思表示が欲しい。

100 あとがき。
適当に流した所から、真面目に書いた所まで様々でした。大変でしたが、小説書きに対して再認識ができました。ありがとうございました。



完!!!




無事に100題答え切れました。はあ、疲れた。さて、執筆の続き……(汗)
その前に家に帰ってご飯か。はあ、今日も疲れたー!

はあはあ、そろそろ疲れてきたぞ……。よしあと半分だ。今日も行きますよ!


小説書きに100の質問   その3



51 「ファンタジー」とは?
著者がファンタジーだと思えばファンタジー。魔法云々ではない。日常では絶対にありえないと思ったら、それはファンタジーでしょう!

52 何処かに引越しをするとしたら何処へ引っ越しますか。
程良く自然はあるが、10分歩けばそれなりの大きさの駅があるところ。あと周りの建物が低いとこ。空が広いのが好き。もっと欲を言えば、星が綺麗なところ。

53 旅は好きですか。何処へ行きたいですか。
嫌いじゃいないけど、実行するのはまれ。気分が萎えているときはどっか行きたいかも。

54 登場人物の死についてあなたの所見を。
たとえ小説内でも死は死。小説と言う世界から消えてしまうことを意味している。だから小説とはいえ、むやみに死なしてはいけない。

55 メールや掲示板の書き込みなどで「顔文字」や「(笑)(爆)(死)」の類は使いますか?
使ってますよ、それなりに。一種の現代言葉ですよね。

56 昨今の日本語の乱れについてどう思いますか。
そこそこ意味の分かる言葉で言いましょう。完全な日本語は求めていないので。

57 社会に不満を感じることはありますか?どういう時ですか?
んー、ニュース見ている時や周りで厄介なことが起きた時? 何だか理不尽な世の中だな……って思っています。

58 小さい頃、将来何になろうと思っていましたか。
お花屋さん、声優、そして童話作家や小説家もほんの一瞬だけ。

59 あなたの人生設計を教えてください。
30歳前後で結婚して、2人程子供を産んで、子供を産んだ後もばりばり働き、老後は楽しく飛び回る!?

60 外はどんな天気ですか。風景も含めて少し描写してください。
上を見上げれば一面真っ暗。徐々に視線を下せば見えてくるのは人工的な光。どこを見ても煌めく星は見えない。微かに月が出ているだけ。

61 読書感想文は得意でしたか。
苦手です。読書感想文とは中学生で縁を切りました。

62 国語は好きですか?好きだった学科を教えてください。
嫌いと言うか、苦手な教科ナンバー1。センター模試とか本当に点数取れなくて……。そんな人が小説書いているなんて……、書くことと読み解くことは違いますよね?
好きな教科は数学。数式見て、ごりごり解くのは好き。

63 学校は好きですか。
まあ好きですよ。いい環境だし、いい人達ばかりだし。

64 運動は得意ですか。
文科系の人よりは出来ると思う。ラケット球技なら、そこそこ出来る方だと思いたい。

65 鉛筆の持ち方、正しく持ってますか?
たぶん大丈夫なはず(汗)箸の持ち方は酷いですが。

66 実生活で「あぁ自分は小説書きだな……」と実感することはありますか?どういう時ですか。
気が付いていると妄想し、ノートの隅っこにメモをしてるとき。だから読み返すとたまによくわからないセリフが目に飛び込んでくる。

67 新聞はどこまでちゃんと読んでますか。
最近読んでいません、すみません……。読んでも三面記事と科学欄ぐらいです。

68 購読している雑誌は。
ないです。漫画雑誌の立ち読みならしますよ。

69 本は本屋で買いますか?古本屋?図書館派?
本屋派。古本は……シリーズで揃えたくて、金がないときだけ手を付ける。最近は図書館にも借りに行くが、いい本が借りられていて……。予約する気はないみたいな。

70 詩・短歌・絵など、小説以外で創作をしていますか。
超落書きで絵を。描いて、消すの繰り返し。

71 恋人はいますか。
います。小説の世界は永遠に私の恋人です!!!

72 何をしているときが一番楽しいですか。
小説書いている時。他愛ないおしゃべり。寝ている時(楽しいと感じれるか?)

73 あなたの人生の支えはなんですか。
すごく折れそうだが折れない、どこかにあるであろう自分の信念……があるのかな……(遠い目)

74 懸賞小説に応募したことありますか?その結果は?
これって公募のことですね。ないです! って言いたいところですが、よく考えたらあった気が。
昔読書感想文が嫌だから、掌編小説を出せる所を発見して、宿題の一貫として出した気がします。もちろん何もご連絡はありませんでした。

75 日記は書いていますか?
書いています。手帳に書いてあるので、下手をすると読まれています(汗)



続く!!!



今回は割とあっさり書けました。けど疲れます……。さて次でラストですよ~。

お題はこちらから借りました→http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8814/



今日はラッキーなことに全休になったので執筆の方を頑張っていました。虹色のカケラがまたちょっと暗めの展開で、そこをどうやって言葉で打破するかで行き詰ったり……。それで、実は密かに書き始めている昔の小説のリメイク版を書いていたのですが、なんだかすごくほのぼのして、こっちがにやけてきてしまいました(笑) これは一通り書き終わったら連載していく予定です。短編から中編ぐらいの量になるでしょう。遅くても2月下旬には投稿したいな……。

さあ、今日も行ってみよう、100の質問! 頑張るよ、……執筆も(汗)
……が、すでに疲れています、ちょっと部活のとある行事の情報係をしていて、メール打ちまくっていたら疲れた……。執筆はきついかも……。でもお題はやります。



小説家書きに100の質問   その2



26 短編と長編、どちらが多いですか。
長編です。長くまったり書くのが好き。気がついたら予想を遥かに超える文字量になることもしばしば。
これからは短編にも取り組みたいな。

27 どのくらいのペースで小説を書いていますか。
週に5000文字くらいでしたが、最近は時間もあるので週に5000×2文字以上は書いています。

28 ストーリーと登場人物、どちらを先に決めるか。
ストーリー。伝えたいことやテーマが基本的に先行。それに追い掛ける感じで、主人公、準主人公を決めています。

29 ストーリーはどういう時に思いつきますか。
勉強に煮詰まったときや何となく歩いているとき。あとは通学途中でぼけーっと考え事しているときとか。

30 ストーリーはどの程度決めてから書き出しますか。
始めの章、重要な転換点、そして大まかな終わりを考えてから。ちなみに虹色のカケラはたぶん細かなところ以外はプロット通り。

31 人物の名前はどのように決めますか。
音重視。なるべく一つの小説内で似たようなのが出ないようにしている。
あとは脇役キャラで思いつかなかったら、辞書引いたり、地図帳引いたりして考えています。

32 資料をどのくらい集めてから書き出しますか。
実はほとんど資料集めていない……です(大汗)

33 小説を書くときにあなたが気をつけていることは。
テンポや雰囲気。誤字脱字はもちろんです。

34 小説を書く能力は、どのように磨きますか。
……暇なときに空想すること? はストーリーを磨くことか。
本読んだりして、語句や展開を考えたり、あとはひたすら書く!

35 ネタが無いときはどうしますか。
他のことして、出てくるまで待ちます。それか他の小説を読んで空想力を高めるとか。

36 あなたが小説を書く上で影響を受けたものはありますか。
ストーリー展開ならゲームや漫画。書き方ならもちろん小説。テーマなどは日常に触れた言葉とかですかね。

37 他の人の書いた小説を読むとき、ついつい注目してしまうのはどういうところですか。
語句や展開。あとは登場人物の素敵さ。

38 これから書きたいテーマは。
言葉、もしくは声。一応頭の中で薄ら内容はできていますが、文にするのはどれくらい後だろうか……。
あと既在のことを打破する感じのテーマ。
まあ、書くかどうかは未定だけど。

39 感想はどのように得ていますか。
なろうは投稿サイトですから……。

40 批評されても良いですか。
されても良いかな? ただあまり辛すぎると、数日はへしょげてそうです。

41 あなたの未来予想図、22世紀の世界はどうなっていると思いますか?
かなり前向きに考えれば、世界を本当に自由に行き来でき、宇宙旅行もスムーズに。ただ現実的に考えると、人口増加による食糧難は起こるかと。また資源不足により、石油による代替エネルギーがないと、かなり厳しい現実が待っているんじゃないでしょうか? 
言いたくないけど、このままでは真っ暗な気がする。

42 ますます発達する科学。人間のクローンについてあなたの考えは。
人間自身のクローンは倫理的に見てもあまりいい見方はない。ただ臓器とかのクローンなら、幼い子供や死ぬには早すぎる大人のためにも使ってもいいのではないかな……。難しい所です。

43 超能力やUFOを信じますか?
どっちかと言うと信じない派です。超能力ならトリックはないかと疑ってしまうので。
まあ宇宙は広いですからね、もしかしたらあるかもしれませんね。

44 世界の終末はどのように訪れると思いますか。
核戦争の勃発。環境問題の悪化により徐々に。
……何か、暗くない? ここら辺の質問。

45 世界平和は実現しますか。
これも正直な話、難しいと思う。こんなに人がいて、文化も違ってみんなが同じ考えを出来るわけじゃない。意見の相違が必ずある。それが口だけで収まるなら実現できるかもしれないが……。実現をするには相当な年月を要すると思う。

46 最近の凶悪犯罪についてどう思いますか。
どうして他人にまき散らすのかな。自分のことは自分の中で処理して、他人に迷惑をかけないでください。

47 政治家に物申す!
いつまでもぐたぐた無駄に長くよくわからない国会を開くんじゃなくて、実のある内容をやってくれ!
温暖化はどうなるんだ。このままじゃ、絶対に京都議定書で決定されたことは達成できないぞ!

48 宗教についてどう思いますか 。
人には育ちの環境によってさまざまです。だから宗教がある所とない所があって当然。他人に害を振りまかないのなら、信仰してもいいと思う。

49 一日は二十四時間ですが、ほんとは何時間くらい欲しいですか?
勉強する時間に3時間、小説をもっと書く時間に3時間、他の遊びで3時間、睡眠に3時間で、あと12時間は欲しいかな……。せめてあと3時間!

50 現代に生まれてきて満足ですか。現代以外ならいつ頃生まれたかった?(過去・未来どちらでも)
まあ、それなりに満足。男女平等だし、大きな戦争もないし。過去も未来も何だか怖いです。



続く!!!



長っ!! 何だか、後半の一部、凄く暗い内容でしたね。結構マジで答えた部分もあったり。……もう少しポジティブに考えようよ(汗)

お題はこちらからお借りしています。↓↓↓
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8814/

ええっと、突然ですが桐谷に何かが取り付いたようです。
今月は小説書き書き月間にするぞ! っという、脳内指令が出ました。たぶん中旬の部活の行事辺り以外は消える予定ないので、書けということでしょうか。そうですね、暇なうちに書いときましょうね! 4月からの忙しさがよくわからないですし……、スットクたくさん作れればいいなっと思っています。
というわけで、昔流行ったであろう、100の質問をしてみたいと思います。昔流行りましたよね!? こういうの。100ですから……さすがに一気にやる気にはなりません。勝手に4分割させて頂きます。

では、行くか。行きます!!


小説書きに100の質問    その1


1 まえがき(あなたの意欲をどうぞ)。
ええっと、頑張って質問に答えます!

2 あなたのペンネームを教えてください。
桐谷瑞香(きりたにみずか)です。ちなみにブログは桐瑞草(とうずいそう)。読み方違うのでご注意を。

3 小説の中の人物として○○○○(←あなたのペンネーム)を描写してください(自己紹介)。
真っ直ぐな黒髪を肩辺りで切りそろえている。長くなり、運動するときはその髪を一本に結いあげる。普通はしっかり者の人だが、たまにあたふたとするときも。要するにおっちょこちょい。

4 あなたの職業は?
学生です。大学生。

5 あなたのバイト遍歴を教えてください(あれば)。
通学と部活に追われて時間がないので、定期的なバイトはしていません。せいぜい模擬試験の監督とお正月の郵便局ぐらい。

6 小説書き歴は。
一応、人さまに言っているのは10年近く。ただ途中で超のんびり書いていた時期や、小説から自分を切り離した時期もあったり。まったり期間も入れてなら、7年ちょっと。本腰で書いているのは、ここ1年半くらい。

7 小説書き以外の趣味を教えてください。
本読んだり、漫画読んだり。パソコンをぐたぐたいじっていたり。あととある球技。一応運動部です。

8 好きな小説のジャンルは。
ファンタジーです。特に異世界(+恋愛)。あと本の方なら推理小説もよく読む。

9 好きな作家は
有名どころだと、赤川次郎、恩田陸、宮部みゆき。ラノベだと渡瀬草一郎。

10 尊敬する作家は。
上記と同じです。

11 好きな小説は。
書籍になっているものだけを書きます。
上記に述べた作家の小説は基本的に好きですが、敢えて作家の中で1作品ずつ言うのなら、
杉原爽香シリーズ、夜のピクニック、ブレイブストーリー、空の鐘の響く惑星で
ですね。
あとハリー・ポッターは中々好きです。

12 好きな映画は。
ジブリ系……はだいたい。中でも風の谷のナウシカやもののけ姫辺り。

13 好きな漫画・アニメは。
封神演技、スパイラルシリーズ、鋼の錬金術師、BAMBOO BLADE、P2! ……などが本棚に並んでいます。昔は少女漫画も好きでしたが……。

14 好きなドラマは。
あんまりないですね。特に最近は見ていない……。たぶん一番印象が強いのは金田一少年の事件簿(堂本剛バージョン)。毎週わくわくしながら見ていました。

15 良く聞く音楽は。
もっぱらゲームのサントラ。ときたまクラシック。今時の曲はなぜか5年前くらいで記憶が止まっていたり(汗)

16 心に残る名台詞と、その出典は?
ええっと、いろんな言葉が頭の片隅に残っていて……選べないというか、よくわからない。
そうだな……、今思い出したのと言えば、「決断と言うのはいくつかの選択肢があって、その中から選ぶことを意味している」という感じの内容。院生の部活の先輩が言ったことで何故か印象が強かった。実は虹色のカケラに通じていたり、通じていなかったり……。

17 月に何冊くらい本を読む?
読む時は1週間に1、2冊読むのですが、最近は本の方はさっぱり。よくて月1、2冊。
オンラインノベルを含めると、たぶん週1ぐらいの分量は読んでいるかな。

18 小説以外ではどういう本をよく読みますか。
学校の教科書や参考書。環境問題関係。

19 読書速度は速い方ですか遅いですか。
小説なら速い方だと思う。新書とかは座りながら読むと夢の中に飛び立ちます(汗)

20 あなたは自分を活字中毒だと思いますか。
思いますね。最近、本読んでいなくて空想ワールドが狭まっている気がして、友達とかに本貸して~! って、叫んでいますから。

21 執筆に使用しているソフトは。
ワードとか。一太郎でも買うかな……、あれ金あったけ(泣)

22 初めて書いた小説のタイトル・内容。
初めて人さまに見せたタイトルを書きます。
タイトルは「TIME CROSS TRAVEL」 
内容は異世界ファンタジー&ほんのり恋愛。過去に未来へと飛びまわるタイムトリップ系の話、魔法もガンガンあり。

23 小説のタイトルはどうやってつけていますか。
その小説の重要なものを出したり、ストレートに書いたり、ちょっと裏の意味を付けながら書いたり……。気分によります。

24 あなたが書く小説のジャンルは。
長編はファンタジーオンリー。短編~中編は恋愛やちょっぴりコメディーなど。

25 一人称と三人称、どちらで書くことが多いですか。
三人称のやや一人称より。完全な三人称ではありません。



次に続く!!


……4分の1終了ーー! ええ、まだ4分の1!? 
ということで、まだまだ続きます。今回は昔答えたバトンの内容が多かったですな……。

ちなみに、ここから質問はお借りしています↓↓
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/8814/