こんばんは。依然として水面下で激しく創作しています。
さて、3作品の更新の報告をします。

1作目。水と循環を巡る冒険ファンタジー『水環の査察官』第2章 渦巻く宿命の輪ですが、4話まで更新しています。
着実に地味に週1で更新し続けています。レナリアとテウスの絡みも書きたかったので、2章の序盤は楽しくあり、新鮮な感じでした。テウスの過去も書けて、結構満足です。

あと、私は割と最初に戻る、最初の場面を思い出させる等の話が好きで、よく書いています。魔宝樹も最初と最後は3人の共闘戦。今回も始めに戻る的な展開。そこで登場人物たちが何を思うのか……という妄想が好きなのです。
首都に向かって一同は、果たしてどう動くのか。引き続き週1回で更新していきますので、よろしくお願いします。
なお基本土曜更新ですが、4月頭の土日は日曜日に更新させて頂きます。イベントでバタバタしそうなので……。


2作目。少年少女の成長物語『宝珠細工師の原石』本編1伸びゆく二つの枝葉が完結しました!
魔宝樹のスピンオフとして書き出した物語、大きな山を一つ越えました。エルダが何を召喚するかっていう山です。
魔宝樹の登場人物たちは、既に召喚していたので、召喚前の微妙な時期の心情が書けなくてですね……。こちらの作品で書くことができて嬉しいです。
なお、同人誌版では、この後に閑話が続きます。サートル視点のもので、彼が何を考えているかも多少わかるようになっています。興味のある方は、こちらのオフラインページまで。

ちばにみ本編2もあります。別名サートル編。彼が決断していくまでを描いた話となっています。この決断が受け入れてくれるかどうか、心配ですね……。
こちらは同人誌版が先行となり(4/1のイベントで初頒布)、それから少し時間を置いて、夏くらいにweb上でアップしたいと考えています。web読みの方は、少々お待ちくださいませ。


3作目。雨と時が絡みゆく短編恋愛小説『明けぬ夜に動く針』を投稿しました。
こちらは『百人一首アンソロジー さくやこのはな』参加作品です。まだサイトのリンクは張られていませんが、おいおい張られると思います。
百人一首のそれぞれの和歌をお題として、各々が創作をしていく企画です。小説だけでなく、イラストや漫画もあります。皆さんがどう解釈するかも見るのが面白いですね。

私が割り振られたのは、赤染衛門が詠んだ、
【〇五九】やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな です。
ざっくり口語的にいうと、夜に会いに来ると男が言ったので、月が西に沈むまで待っていたのに、結局来なかった。そんなことなら、さっさと寝てしまったのに……! という、男への恨み言をつらつら綴った悲哀が滲み出た和歌です。(きちんとした訳が知りたい方は、こちらまで)
百人一首は恋愛ものが多いとは知っていたけれど、悲恋系か……さてどう料理しようという感じで、あのような短編を書きました。
ネタとしては昔から温めていたものの一つだったので、こういう機会に書けて良かったです。


以上、この1週間は3作品更新しました。
次からは水環だけになるので、もうちょっとのんびりできるでしょう。

他にイベントとアンソロジーのお知らせでもしようと思いましたが、長くなったのでまた次の土曜にでもしたいと思います。ではでは。
スポンサーサイト

こんばんは。お待たせしました。
水と循環を巡る近代冒険ファンタジー<strong>『<a href="http://ncode.syosetu.com/n5722dp/">水環の査察官</a>』第2章 渦巻く宿命の輪</strong>が連載開始しました。

幕間1にてレナリアの過去話をし、多少明らかになってからの第2章です。
さらに様々な思惑が絡みながら2章は展開していきます。
アーシェルを攫った団体とは。レナリアは彼女に対し何を想い、どう進んでいくか。
2章は首都までへの移動と、首都での奪還戦をメインに展開していきたいと思います。
レナリア視点だけでなく、アーシェル視点も多めに入れられたら嬉しいです。

当面は基本週1回で更新してきます。忙しい時期は多少前後するかもしれませんが、予定はそれでいきます。


あと登場人物が増えてきたので、(私のためにも(笑))登場人物一覧も第1部分に割り込み投稿しました。
しおり付けていた方、若干ずれることになりますので、ご了承ください。


 * * *

報告が遅くなりましたが2月11日投稿時点で、小説家になろう投稿開始してから、投稿した総文字数が通算300万字突破しました!

ふと、なろうで作者別の総文字数を見ていたら、300万字突破していまして……逆算したら、それくらいの日に達成したらしいのです(笑)

ただ、実際の文字数は宝珠細工師が新刊用で7万字書き下ろしていたり、水環~も前倒しで10話近くは書いてあるので、実際には10万字くらい手持ちであるので、正確な文字数ではないのですが……。
とりあえず前回の200万字突破と同じくらいの周期で、3年くらいで100万字は書いているようです。

ここまで長年書き続けてこれたのも、創作仲間や読者様たちのおかげです。
本当にありがとうございます!!

400万字はちょっときつそうな感じがしますが、今後もマイペースに執筆していきたいです。
よろしくお願いします!

 * * *


いよいよ年度末となりした。
次のイベントでもあるテキレボ5の開催まで、そして年度が替わるまで約1か月。
リアルもばたばたしてきた季節となりましたが、創作は少しでもいいから継続していきたいですね。

こんばんは。
早速ですが、10月上旬に前日談の連載を終えていた『宝珠細工師の原石』の本編連載を開始しました!

宝珠細工師の原石 ―伸びゆく二つの枝葉―』 ジャンル:ハイファンタジー

~あらすじ~
「自分の想いに対し、偽りのない道を選んで進め――」
 召喚する際に必要な魔宝珠(まほうじゅ)をもらったエルダは、何を召喚するか考えながら、宝珠細工師の店で励んでいた。
 ある日、幼馴染のサートルが自警団員の青年と共に店を訪れる。青年の来店に疑問を抱いた細工師は理由を問いただすと、町に危機が迫っていると言われた。町を護るために動き出す一同、やがてエルダたちの前に町を脅かす存在が立ちはだかる。
 エルダが選択し、進んだ道の先はどこに続いているのか。 
 将来を思い悩んでいる少年少女が、互いに刺激を与えながら進んでいく物語。 


同人誌版を10月のイベントにて頒布したもののweb版です。
閑話は同人誌版のみの掲載となりますが、本編はすべてアップしますので、どんな話なのかなと気になった方で、webで読むのに抵抗がない方はお読みいただければ幸いです。
表紙絵は黒雛桜さまに描いて頂いた、同人誌版の表面です。裏面もありますが、web上にアップする予定は今のところありません。

魔宝樹の鍵の同一世界で繰り広げるお話。魔宝樹よりは時間軸は少し前。
主要登場人物は完全オリジナルですが、サブキャラで見たことがあるキャラが出てきたりもしますよ。

これから日曜日の週1回更新を基本(ただし元旦を除く)で更新していきます。
次のイベントで、この話の続きにあたる本を頒布予定ですので、そちらもお気に留めて頂ければ、嬉しい限りです。
よろしくお願いします。

 * * *

さて、週2回で頑張って更新していた、水と循環を巡る近代ファンタジー『水環の査察官』ですが、少し更新速度を落として、しばらくは週1回、2回を交互に更新していきたいと思います。
ちょっと他の原稿との兼ね合いもあり、このままハイペースで行くと、潰れる未来しか見えないので(苦笑)
どんなにペースを落としても、章替わり以外は週1回で更新していきたいですね。
次の更新は24日(土)です。町も変わり、徐々に1章も佳境に入っていきますが、どうぞよろしくお願いします。

次の活動報告は、おそらく年末のご挨拶になるかと思います。
それまでにたくさん書きとめたり、推敲していきたいです。

先日予告した通り、昨日より大長編ファンタジー小説の新連載を開始しました!

すいかん 
水環の査察官      ジャンル:ファンタジー

=あらすじ=
 この国ではたったひとりだけ水を操る者がいた。その者は俗に魔法使いと呼ばれ、かつては国の重鎮として生きていた。しかし人とは違う能力をもつ者は、やがて周囲から忌み嫌われるようになり、隠れて生きるようになった――。
 時は流れ、世界から魔法という言葉が消えゆく汽車が走る世において、国に仕える水環の査察官の少女レナリアは、追っ手から逃げる心優しき少女と護衛の青年と出会う。レナリアは彼女らの逃走の手助けをするが、事態は思わぬ展開に転がっていくことに……。
 二つの川が交わる時、国の存続に関わる大きな水のうねりへと変貌していく、近世から近代を舞台にした、水と循環を巡る冒険ファンタジー。


5年半ぶりの大長編の連載開始です。サーチ登録も一通りしました。大長編関係はいつもしています……(地道に集客力をアップしたい……)。
魔宝樹の鍵の期間中もそれなりの長さの小説は合間に書いていましたが、20万字は切っていたので、片手間でもどうにかできました。リハビリ小説とかもありましたしね……。

今回はとりあえず40万字は超える予定で更新していきます。最終的に何万字になるかはわかりませんが。(魔宝樹が全6章の60万字予定が、全8章の100万字強になったのがいい例)
今のところは全4章構成、1章あたり10~15万字位で納めたい。そうすればいい感じの厚さの文庫(略
この小説がメインで、他に書く小説(新刊とか色々なアンソロとか)はサブという形で書いていきます。

内容は冒険、恋愛、戦闘はありますが、今回は近世から近代を舞台にしているので、魔宝樹とは雰囲気変わるのかなと思っています。
汽車走らせたいーーという序幕となっています!(笑)
あと水道出したいという想いがあったので、そういう舞台設定にしたり。
四角関係うまく書けるかな、勇ましい女性を今回も書きたい、急展開は何回いれるか、主従関係いれたい、師弟も濃くしていきたい……など、ここ5年間で変化した趣味を取り入れているかと思います(笑)

主人公は、戦闘能力高い女の子。いつも通り、敵をばっさばっさ倒していきますよ! 剣や体術中心なので、虹カケのシェーラみたいな戦闘になるかな? 一人で戦場突っ走っていた経験あるので、結構強いです。
準主人公は追われる少女。体術は駄目ですが、自分の意志はしっかり持っていて、やたら滅多に意見を変えません。大人しめの設定は虹カケのイリスと同じですが、彼女よりも遥かに頑固ですね! 

男どもは、一人は追われる少女の護衛青年。主のためなら体を張ります。主人公の女に対して、ばっさり言う男。戦闘能力は高いです。魔宝樹のフリートよりも強い……かもしれん……。長髪の設定、結んでいるらしい。
もう一人は整備士の少年。眼鏡かけています。理系男子です。機械には強いです。体術は弱いけど、きっと飛び道具とかで活躍するよ! 頭は周るけど、魔宝樹のルーズニル的なポジションではないです。年齢が18歳の設定なので、たぶん子供っぽい……。

虹色のカケラと魔宝樹の鍵の両方を読んだことがある人はわかると思いますが、たぶん似たようなキャラになりつつも、どこか違うキャラになるんじゃないかと思っています。


連載間隔としては基本週2回更新でいきます。週半ばと週末の2回(水曜と土曜を予定)。
ただしリアルで超忙しくなり、きつくなったら、回数は減らしていきたいと思います。その時はお知らせします。
基本は自転車操業に近い定期更新。他の小説も書きたいので、それも兼てうまく連載していきたいです。

生き急いでいる感がしますが、この大長編はなんとかして1年ちょっとで連載を終わりにし(今までの最高ペース見れば不可能ではない。半年で30~40万字書いた時代もある)、来年の秋にweb連載10年経過として、一区切りをつけたいです。
来年度は環境変わるので、今年度がある程度勝負だと思っていますが……ね。

そんな感じで今年も残り2か月となりました。ぼちぼち頑張っていきます。よろしくお願いします。


★今年中に終えたいこと
・水環の査察官の1章初稿(現在4.5万字。残り7~8万字くらい?)、年内更新分の推敲→更新
・テキレボ5アンソロ推敲→提出
・テキレボ5の新刊初稿(6~7万字くらい)
・某所のアンソロ(2万字)
……15万字くらい。1週間で2万字。1日3000字書けば、終わる……な。頑張ります!

こんばんは。
本日の更新を持ちまして、恋愛冒険ファンタジー小説『時竜と守護者達』の第3章が終了しました。

内容はあまり深く言いませんが、作者から見ると、キースががつがつ動くとこういう展開になるのか……という感想です……(遠い目)
戦闘シーンも入れましたが、難しい……色々と……。前の大長編がそんなに枷がなかった反動もあるかもしれません。
謎が色々と出たりとしますが、4章できちんと伏線は回収しますので、ご安心を。段々とルシアと皆との関係が近付いていると感じて頂ければ、嬉しい限りです。

4章は一応ざっと初稿は済んだので、あとは推敲と投稿のみです。
少しお時間を頂きまして、再来週の土曜日から連載を開始していきたいと思います。
よろしくお願いします。

実は3章を連載中に、ツイッターなどでお世話になっている黒雛桜さまから、時竜と守護者達のイラストを頂きました!
とても素晴らしい絵なのですが、少々見る場所を選ぶかと思うので、後日個人ブログで紹介して、こっちにはそのブログのリンクを繋げたいと思います。
妄想がかきたてられる素敵なイラスト。そういえばこの小説の裏(表?)テーマはそういう内容でしたよね……というところです。
黒雛さんのツイッターにはあがっていますが、大々的なお披露目はもう少々お待ちくださいませ。


 * * *


さて、簡単なお知らせがあります。
年末年始から、春ごろに何か~~とぼやいていましたが、申し込みが完了できたので、おおっぴらにご報告します。

5月5日(木・祝)に東京でおこなわれるコミティア116に参加します!

抽選等にかからなければ、おそらく参加できるでしょう。
魔宝樹の鍵の製本も終わるという記念も込めて参加します。

頒布冊子は、とりあえず魔宝樹の鍵1~5巻と、鋭意執筆&推敲している後日談本は持っていきます。後日談の話だけでは少ないので、番外編書き下ろしています……。webにもある程度は載せる予定です。
あとは無配本として、魔宝樹の冒頭部と巻ごとのあらすじを載せた小冊子を用意したいと考えています。
ここまでは最低ラインで用意したいところ。

あと、全巻購入して頂いた方にに向けて、冊子か何かを用意できれば……。
設定集欲しいとかいう話も聞いていますが、あの文字数の割に設定がそんなにないのがばれてしまう恐れも有り……←
何かこういうの欲しい!などあれば言って下されば嬉しいです。検討材料にさせて頂きます……!

年度の切り替えの時期で、なかなか忙しい時期でのイベント初参加ですが、準備頑張りつつ、当日楽しみたいです……!


なお、自家通販は引き続き受け付けていますので、注文等ありましたら、下部のリンクの先にある注文フォームをご利用ください。よろしくお願いします。
桐瑞の本棚:offlineページ

ではでは、寒い日が続きますので皆さん、お体など崩さぬよう、お気を付け下さいませ。