こんばんは。
小説の更新関係を2本お知らせします。

まずはメインで連載している、水と循環を巡る近代長編ファンタジー『水環の査察官』第2章 渦巻く宿命の輪、週1回更新しています!

前回からの活動報告からは、3回更新中。
2-17 魔術と魔法の邂逅(2)
2-18 魔術と魔法の邂逅(3)
2-19 魔術と魔法の邂逅(4)

アーシェル奪還戦が佳境となっています。レナリアが頑張り、アーシェルの能力もはっきりしたりと、戦闘オンパレードの中にも伏線散りばめています。この伏線は3章以降で明らかにしていきますが、物語の根底に関わることなので、気に留めて頂ければ幸いです。
もう少しで脱出ですが、まだまだお楽しみいただければと思います。

 * * *

次に先日の日曜日に幕間だけ更新しましたが、明日から本格的に『宝珠細工師の原石 本編2:宝珠を実らす絆の樹』を連載していきます! 基本日曜更新の週1話です。

別名サートル編とも呼ばれる内容。前日談ではどうしようもない自己中心的だった少年が、己の力量を見極めて、進むべき道を決めていく話となっています。
視点自体はエルダ3割、サートル7割くらいですね。二つの枝葉~よりも2人の心情にスポットがあてられていると思います。あとは戦闘シーンも長めですね、サートルがメイン主人公なので。
そして二人の間柄がどこまで進んでいくかも、見ものの話となっています(笑)

既に同人誌版としては出しており、サートルの成長具合がよかった!というお言葉を多数いただいています。
同人誌版をお読みになりたい方は、サイトのオフラインページをご覧くださいませ。

ちなみにスピンオフとして書きはじめたこの話、今回は魔宝樹の鍵のキャラを結構出しています!(笑)
名前だししていないキャラ含めて、全員当てられますかね!? web連載が終わったら、前日談から含めて答え合わせしようと思います。
無意識にちょい出しをしたキャラもいるので、正確な数はすぐに言えないのですが、会話中に含まれた名前、通りすがった人などを合計して、少なくとも5人以上はいるでしょう、10人はいないと思いますが……。
魔宝樹をお読みになられた方は、そういう点も楽しんで頂ければ嬉しいです。

 * * *

最近は秋のイベントで発刊する小説をもそもそ書いていました。
昔書いた小説をジャンル変えて、恋愛要素も強く出して全体的に深みをつけたものです。
水環と並行しながらの準備になりますが、頑張りたいと思います。
ではでは!
スポンサーサイト

こんにちは。 月に1回は活動報告を書きたいなと思っている桐谷です。
 早速ですが、先日短編を1本投稿しましたので、その宣伝をします。 

 『流水の管理者の一歩』 ハイファンタジー/1.5万字程度 
~あらすじ~
  望んでいない職場に異動となってしまった、テレーズ。受け入れられないまま新たな職場に訪れると、ほとんどの人が出払っている時だった。ちょうどその職場に関係する問題を起こした事業所を探している真最中だった。テレーズは先輩のバルドと隣の課のルベグランに連れられて、手がかりを求めて問題の事業所に訪れるが……。  迷い悩む女性が新しい地で奮闘していく、近代を舞台にした水に囲まれた町で繰り広げられる物語。

 お仕事奮闘ものと思いきや、事件解決に奔走する人間たちの話となっています。
魔法がほぼ絡んでいないので、ローファンタジーでもいいかなと思ったのですが、他の作品とリンクしているのでハイファンタジーにしました。 
ちなみに初めに考えたタイトルは「流水の管理者の事件簿」。でもそんなにテレーズが解決の糸口見つけてないな~と思い、却下にしました。
 文字数は1.5万字なので、さくっと読めます。短編で投稿しなかったのは、人によっては長すぎると思ったため、せめてもと思い3分割しています。

 これを書こうと思った契機が、①自分の心の整理、②文フリ短編小説賞2に挑戦してみたいなというものがあります。 
①については、まだまだ右往左往している現実世界の自分ですが、書いている間も推敲している間も、これしかないよな~と言い聞かせています。 
②は1万字少々なら書けそうだということで、応募しています。もしよろしければブクマしたり、ぽちっとしたりと、応援して頂けると大変嬉しいです……!!(応募期間を逆算すると、残り5日程度で時間がないですが!) 

……最後に、お気づきの方がいるかもしれませんが、水環の査察官のスピンオフ短編です。
未読でもまったく問題ないように書いたのですが、どうですかね……。単独で読んでも問題ないなら、何かを通じてちらっとお伝え頂ければ嬉しいです。  

* * * 

 次にメイン連載の近代冒険ファンタジー『水環の査察官を週1で更新し続けています。 
2-12 密やかなる侵入(2) 
2-13 密やかなる侵入(3) 
2-14 密やかなる侵入(4) 
2-15 囚われの魔女(3) 
2-16 魔術と魔法の邂逅(1) 

本日の更新分は人によってはちょっと苦手かもしれない部分かもしれません……。流血あり、危ない描写あったり……(魔宝樹や虹カケでも、こういうシーンはあったりするから、大丈夫かなと思っている)。女にとって危険な人物登場とだけ言っておきます。 
2-16からはラストまで一直線。色々と伏線ばら撒いていきたいなと思っているので、楽しんで頂ければ嬉しいです!! 
全4章構成の予定なので2章の終わりで、それなりに物語をひっくり返す予定ではいます。ただし魔宝樹ほどではありませんよ(笑)← 引き続き、どうぞよろしくお願いします!!  

* * * 

思いつきで短編を書くのは、今年はもう終わりだと信じて、諸々の原稿進めてきます……。 
それでは!

こんばんは。依然として水面下で激しく創作しています。
さて、3作品の更新の報告をします。

1作目。水と循環を巡る冒険ファンタジー『水環の査察官』第2章 渦巻く宿命の輪ですが、4話まで更新しています。
着実に地味に週1で更新し続けています。レナリアとテウスの絡みも書きたかったので、2章の序盤は楽しくあり、新鮮な感じでした。テウスの過去も書けて、結構満足です。

あと、私は割と最初に戻る、最初の場面を思い出させる等の話が好きで、よく書いています。魔宝樹も最初と最後は3人の共闘戦。今回も始めに戻る的な展開。そこで登場人物たちが何を思うのか……という妄想が好きなのです。
首都に向かって一同は、果たしてどう動くのか。引き続き週1回で更新していきますので、よろしくお願いします。
なお基本土曜更新ですが、4月頭の土日は日曜日に更新させて頂きます。イベントでバタバタしそうなので……。


2作目。少年少女の成長物語『宝珠細工師の原石』本編1伸びゆく二つの枝葉が完結しました!
魔宝樹のスピンオフとして書き出した物語、大きな山を一つ越えました。エルダが何を召喚するかっていう山です。
魔宝樹の登場人物たちは、既に召喚していたので、召喚前の微妙な時期の心情が書けなくてですね……。こちらの作品で書くことができて嬉しいです。
なお、同人誌版では、この後に閑話が続きます。サートル視点のもので、彼が何を考えているかも多少わかるようになっています。興味のある方は、こちらのオフラインページまで。

ちばにみ本編2もあります。別名サートル編。彼が決断していくまでを描いた話となっています。この決断が受け入れてくれるかどうか、心配ですね……。
こちらは同人誌版が先行となり(4/1のイベントで初頒布)、それから少し時間を置いて、夏くらいにweb上でアップしたいと考えています。web読みの方は、少々お待ちくださいませ。


3作目。雨と時が絡みゆく短編恋愛小説『明けぬ夜に動く針』を投稿しました。
こちらは『百人一首アンソロジー さくやこのはな』参加作品です。まだサイトのリンクは張られていませんが、おいおい張られると思います。
百人一首のそれぞれの和歌をお題として、各々が創作をしていく企画です。小説だけでなく、イラストや漫画もあります。皆さんがどう解釈するかも見るのが面白いですね。

私が割り振られたのは、赤染衛門が詠んだ、
【〇五九】やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな です。
ざっくり口語的にいうと、夜に会いに来ると男が言ったので、月が西に沈むまで待っていたのに、結局来なかった。そんなことなら、さっさと寝てしまったのに……! という、男への恨み言をつらつら綴った悲哀が滲み出た和歌です。(きちんとした訳が知りたい方は、こちらまで)
百人一首は恋愛ものが多いとは知っていたけれど、悲恋系か……さてどう料理しようという感じで、あのような短編を書きました。
ネタとしては昔から温めていたものの一つだったので、こういう機会に書けて良かったです。


以上、この1週間は3作品更新しました。
次からは水環だけになるので、もうちょっとのんびりできるでしょう。

他にイベントとアンソロジーのお知らせでもしようと思いましたが、長くなったのでまた次の土曜にでもしたいと思います。ではでは。

こんばんは。お待たせしました。
水と循環を巡る近代冒険ファンタジー<strong>『<a href="http://ncode.syosetu.com/n5722dp/">水環の査察官</a>』第2章 渦巻く宿命の輪</strong>が連載開始しました。

幕間1にてレナリアの過去話をし、多少明らかになってからの第2章です。
さらに様々な思惑が絡みながら2章は展開していきます。
アーシェルを攫った団体とは。レナリアは彼女に対し何を想い、どう進んでいくか。
2章は首都までへの移動と、首都での奪還戦をメインに展開していきたいと思います。
レナリア視点だけでなく、アーシェル視点も多めに入れられたら嬉しいです。

当面は基本週1回で更新してきます。忙しい時期は多少前後するかもしれませんが、予定はそれでいきます。


あと登場人物が増えてきたので、(私のためにも(笑))登場人物一覧も第1部分に割り込み投稿しました。
しおり付けていた方、若干ずれることになりますので、ご了承ください。


 * * *

報告が遅くなりましたが2月11日投稿時点で、小説家になろう投稿開始してから、投稿した総文字数が通算300万字突破しました!

ふと、なろうで作者別の総文字数を見ていたら、300万字突破していまして……逆算したら、それくらいの日に達成したらしいのです(笑)

ただ、実際の文字数は宝珠細工師が新刊用で7万字書き下ろしていたり、水環~も前倒しで10話近くは書いてあるので、実際には10万字くらい手持ちであるので、正確な文字数ではないのですが……。
とりあえず前回の200万字突破と同じくらいの周期で、3年くらいで100万字は書いているようです。

ここまで長年書き続けてこれたのも、創作仲間や読者様たちのおかげです。
本当にありがとうございます!!

400万字はちょっときつそうな感じがしますが、今後もマイペースに執筆していきたいです。
よろしくお願いします!

 * * *


いよいよ年度末となりした。
次のイベントでもあるテキレボ5の開催まで、そして年度が替わるまで約1か月。
リアルもばたばたしてきた季節となりましたが、創作は少しでもいいから継続していきたいですね。

こんばんは。
早速ですが、10月上旬に前日談の連載を終えていた『宝珠細工師の原石』の本編連載を開始しました!

宝珠細工師の原石 ―伸びゆく二つの枝葉―』 ジャンル:ハイファンタジー

~あらすじ~
「自分の想いに対し、偽りのない道を選んで進め――」
 召喚する際に必要な魔宝珠(まほうじゅ)をもらったエルダは、何を召喚するか考えながら、宝珠細工師の店で励んでいた。
 ある日、幼馴染のサートルが自警団員の青年と共に店を訪れる。青年の来店に疑問を抱いた細工師は理由を問いただすと、町に危機が迫っていると言われた。町を護るために動き出す一同、やがてエルダたちの前に町を脅かす存在が立ちはだかる。
 エルダが選択し、進んだ道の先はどこに続いているのか。 
 将来を思い悩んでいる少年少女が、互いに刺激を与えながら進んでいく物語。 


同人誌版を10月のイベントにて頒布したもののweb版です。
閑話は同人誌版のみの掲載となりますが、本編はすべてアップしますので、どんな話なのかなと気になった方で、webで読むのに抵抗がない方はお読みいただければ幸いです。
表紙絵は黒雛桜さまに描いて頂いた、同人誌版の表面です。裏面もありますが、web上にアップする予定は今のところありません。

魔宝樹の鍵の同一世界で繰り広げるお話。魔宝樹よりは時間軸は少し前。
主要登場人物は完全オリジナルですが、サブキャラで見たことがあるキャラが出てきたりもしますよ。

これから日曜日の週1回更新を基本(ただし元旦を除く)で更新していきます。
次のイベントで、この話の続きにあたる本を頒布予定ですので、そちらもお気に留めて頂ければ、嬉しい限りです。
よろしくお願いします。

 * * *

さて、週2回で頑張って更新していた、水と循環を巡る近代ファンタジー『水環の査察官』ですが、少し更新速度を落として、しばらくは週1回、2回を交互に更新していきたいと思います。
ちょっと他の原稿との兼ね合いもあり、このままハイペースで行くと、潰れる未来しか見えないので(苦笑)
どんなにペースを落としても、章替わり以外は週1回で更新していきたいですね。
次の更新は24日(土)です。町も変わり、徐々に1章も佳境に入っていきますが、どうぞよろしくお願いします。

次の活動報告は、おそらく年末のご挨拶になるかと思います。
それまでにたくさん書きとめたり、推敲していきたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。