昨日、無事にテキレボ6が終了しました。
改めまして、昨日ブースに顔を出してくださった皆様、打ち上げでお話した皆様など、本当にありがとうございました! とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回はなんと大長編全買いという、ドリームが起きまして、午前中からハイテンションになっていました。まさか全買いなんて起きないと思っていたため、2巻以降の搬入数は抑えたので、初っぱなから冷や汗ものでした(笑)
他にも今回はテキレボメンバーズに登録して、代行のチェックなどのお仕事をしていました。
そんな内容も含めて、ささっとレポ書きます。

(※すみません、書き終わってみて、全然ささっとではありませんでした。長文ですが、それでもよければどうぞ~)


続きを読む
スポンサーサイト

こんばんは!
テキレボまで1週間を切り、宣伝もなかなかできなくなっているのですが、とりあえずざざっと頒布物の紹介をします。

今週末、10月28日(土)に東京都立産業貿易センター台東館6階で行われる、第6回 Text-Revolutionsにサークル参加します!
サークルの配置場所は、桐瑞の本棚【F-13】
参加申し込みしてから早5か月、それまでの間に色々とありましたが、気が付けば目の前です……。とりあえず新刊や無配、300字SSも完成したので、新しいものは机に並んでいますよ……。

当日ですが、今回メンバーズでのお仕事をするため一時間ほど不在、お買いもの関係で30分ほど席を空ける予定です。
不在の間は、いつも隣接配置をしているほたさんらに留守番をお願いしますので、お買い物はできますが、私に会いたいという方は時間を調整して来てくれると有難いです。よろしくお願いします。

★不在時間
・メンバーズでのお仕事中 13~14時
・お買いもの 12時台、もしくは14時台に30分程度を予定
※当日、ツイッターで在籍状況はツイートするつもりではいます。


次に頒布物一覧です。
★お品書き(クリック拡大可)
お品書きの詳細等は、webカタログまで。

テキレボ6(お品書き)1000 

私の頒布物は大きくわけて3種類。
新刊の『空を彩る追憶の華』。技術屋の少女と護衛の青年が活躍する話です。
成長物語という点では宝珠細工師と似ていますが、護衛の青年がサートルよりも遥かに強かったり、出会いがなかなか刺激的だったり、青年が過去に色々と抱えていたりと、若干毛色は違うかなと思っています。
表紙は昔から仲良くさせて頂いている、himmel様です。素敵な色遣いに、かっこいい絵の具合など、実際にお手を取ってみて頂けると嬉しいです!!

次に既刊として『宝珠細工師の原石シリーズ』です。
前日談から読んでもらうのが一番嬉しいですが、本編①とかから読んでもらってもとても嬉しいです。単巻完結なので、どれか単品でも読んでも大丈夫な様にはしています。
爽やか青春成長物語なので、たぶん一番読みやすいんじゃないかな~とは思っています、個人的に。

さらに既刊として『魔宝樹の鍵』です。
おなじみの私の代表作である、大長編ファンタジー小説。私の想いがこれでもかと詰まっている小説。100万字超えています。それを6冊で納めた私を褒めてください……(笑)
これについては昔からのんびり頒布し続けていますが、まだ本があるのでもう少し置く予定です。

初見さんは辛いと思われますので、とりあえず抜粋集である無料配布本からどうでしょうか!?
ネタバレややしていますが(マジか)、超重大なネタバレまでは避けているので、それも含めて楽しんでください……。


最後に今回も委託頒布します。
悠々閑々幻想録』という、タチバナナツメさんが主催し、私も参加している、西洋ファンタジー創作小説アンソロジーをお預かりします!関東初頒布!!
普段webで活躍されている人ばかりなので、色々な意味でレアですよ! 表紙も素敵ですしね、とりあえず立ち読み等はいかがでしょうか!?

……そんな感じで、頒布します。
今回は壁際であり、通路よりなので、いつもとはまた違った景色が見れるのかな~と期待しています。
メンバーズもありますし、とにかく楽しみつつ、頑張りたいですね。

ではでは、当日いらっしゃる皆様、どうぞよろしくお願いします!!

お久しぶりです。
9月はリアルが色々とありまして、やっと創作手を付けられる時間が戻ってきました。
10月はイベントもありますので、創作月間にしていきたい……ですね。

さて、本日ですが『宝珠細工師の原石』のweb版が完結しました!

手持ちにある宝珠細工師関連のものはもうないので、これにて完結となります。
同人誌版が先行しているため、更新の仕方なども不定期でしたが、web版で読んで頂いている方もいらっしゃって、アップしてよかった~というのが本音です。
同人誌版もいいですが、気軽に読めるwebもやはり重要だなと思いました。

エルダとサートルがそれぞれ魔宝珠を持ち、何を召喚物とし、どういう道を進むか?という具合で終わっています。それ以上書くと際限がなさそうなので、ここで完結となります。
二人が成長した姿を楽しんで頂ければ幸いです。
最初は、サートル大丈夫か?と思っていましたが、立派になっていただき、書き手としても感無量ですね……。
魔宝樹の鍵は既に色々と達観している人ばかりが出ているので、サートルの幼さから大人に成長する姿まで書けたのは、とても新鮮でした。このような作品を書くきっかけとなった、イベントには感謝ですね!


最後に、宝珠細工師の原石は魔宝樹の鍵のスピンオフとして書いたと言いました。
なので、結構ちょいちょいキャラが出ています。もう少しちょい出ししていそうですが、ざっと見た限りで把握している人々を以下に載せておきます。主要キャラの6人は出したいと思ったのですが、さすがにトルは地理的な問題で無理でしたね。
両作品とも既に読まれた皆様、答え合わせはいかがでしょう?(笑)


【宝珠細工師の原石に登場した、魔宝樹の鍵のキャラ】
●前日談:若き芽の輝き
・若き芽の輝き(1)
 赤い丸い果実を拾ってくれた、紺色の長い髪を下の方で結っている美しい女性→メリッグ
・若き芽の輝き(2)~(4)
 エルダの両親が経営している仕立屋に訪れた男性→(名前出てます。リディスの師匠)ファヴニール

●本編1:伸びゆく二つの枝葉
・第4話召喚と決意(1)~(2)
 エルダ達を助けた女性と男性→(名前出てます)セリオーヌ副隊長、クラル隊長

●本編2:宝珠を実らす絆の樹
・第一話 迷う必要など(2)
 シュリッセル町で出会った金髪の少女→リディス

・第二話 なぜ騎士になるのか(2)
 グリニールの台詞より「クラル君の友達と話しているみたいだった。いやあ久々に楽しかった」→(その直後に名前出ていますが)ルーズニルのことを指しています

・第二話 なぜ騎士になるのか(4)
 グリニールの台詞より「とにかく頭を使え。それができなければお前は一生フリートには勝てない」→青年が密かに対抗心を燃やしている相手がフリートです。
 同じくグリニールの台詞より「三十半ばでも、生き方を変えざるを得なかった男もいる。世の中なんて、そんなものさ」→ファヴニールのことを指しています。

・エピローグ 魔宝珠と二つの樹
 足早に廊下を進んでいくと、途中で数名の人間とすれ違った。一人で黙々と歩いていく学者、穏やかな笑みを浮かべて歩く金髪の女性、そして地図を広げながら話をしている黒髪と銀髪の青年たちなど。
→出た順番で、ルーズニル、ミディスラシール、フリート&ロカセナです。

以上となります。
随時追加しているかもしれません……。

では、今年は創作の秋にしていきたいと思

 相棒の男から休戦だと言われた。 
 うろんげな目で見ると、彼は溜息を吐いていた。 
「この状況で喧嘩している方が馬鹿だ。運命とかたいそうなことを語っている場合じゃない」
 それはもっともで、前方には俺たちを襲うとしている四つ足のモンスターがいた。 
 隊長からの命である町への派遣を言い渡された俺たち。森の中を歩いているとき、ちょっとした言い合いになり、不意な拍子にモンスターの巣に踏み入れてしまったのだ。
 相棒の言葉に従うのは癪だったが、己の身を護るために剣を抜き取った。
「とりあえず片づけるぞ」
 お前は運命は変えられないと言ったが、俺は変えられると信じている。
 それを証明するために、まずはモンスターに対し剣を振り上げた。 


 ------------------------ 


第35回Twitter300字SS参加作品。お題『休』。
テキレボでは参加していましたが、Twitterの企画では初めての参加となります。
特に予備知識がなくても読めるような一説ですし、他の人物を当てはめても読めるようになっていますが、実は『魔宝樹の鍵』の番外編となっています。
彼が主人公だと、少年漫画っぽいような熱い展開になりそうです。(彼らは本編では準主役です)

こんばんは。
小説の更新関係を2本お知らせします。

まずはメインで連載している、水と循環を巡る近代長編ファンタジー『水環の査察官』第2章 渦巻く宿命の輪、週1回更新しています!

前回からの活動報告からは、3回更新中。
2-17 魔術と魔法の邂逅(2)
2-18 魔術と魔法の邂逅(3)
2-19 魔術と魔法の邂逅(4)

アーシェル奪還戦が佳境となっています。レナリアが頑張り、アーシェルの能力もはっきりしたりと、戦闘オンパレードの中にも伏線散りばめています。この伏線は3章以降で明らかにしていきますが、物語の根底に関わることなので、気に留めて頂ければ幸いです。
もう少しで脱出ですが、まだまだお楽しみいただければと思います。

 * * *

次に先日の日曜日に幕間だけ更新しましたが、明日から本格的に『宝珠細工師の原石 本編2:宝珠を実らす絆の樹』を連載していきます! 基本日曜更新の週1話です。

別名サートル編とも呼ばれる内容。前日談ではどうしようもない自己中心的だった少年が、己の力量を見極めて、進むべき道を決めていく話となっています。
視点自体はエルダ3割、サートル7割くらいですね。二つの枝葉~よりも2人の心情にスポットがあてられていると思います。あとは戦闘シーンも長めですね、サートルがメイン主人公なので。
そして二人の間柄がどこまで進んでいくかも、見ものの話となっています(笑)

既に同人誌版としては出しており、サートルの成長具合がよかった!というお言葉を多数いただいています。
同人誌版をお読みになりたい方は、サイトのオフラインページをご覧くださいませ。

ちなみにスピンオフとして書きはじめたこの話、今回は魔宝樹の鍵のキャラを結構出しています!(笑)
名前だししていないキャラ含めて、全員当てられますかね!? web連載が終わったら、前日談から含めて答え合わせしようと思います。
無意識にちょい出しをしたキャラもいるので、正確な数はすぐに言えないのですが、会話中に含まれた名前、通りすがった人などを合計して、少なくとも5人以上はいるでしょう、10人はいないと思いますが……。
魔宝樹をお読みになられた方は、そういう点も楽しんで頂ければ嬉しいです。

 * * *

最近は秋のイベントで発刊する小説をもそもそ書いていました。
昔書いた小説をジャンル変えて、恋愛要素も強く出して全体的に深みをつけたものです。
水環と並行しながらの準備になりますが、頑張りたいと思います。
ではでは!